収益化の記事一覧

Spotify傘下のAnchorが国内人気ポッドキャストで収益化スタート。海外と同じ広告セクション方式なのか、正式リリースはいつなのか、気になりますね。

海外のスタートアップ、テック、VCの最新ニュースを発信する人気ポッドキャスト番組「Off Topic」がAnchor公式の収益化に対応したことが、2021年9月15日の配信で明らかになりました。

続きを見る

どこからはじめたらいいかわからないという人は必見。まずは全体を俯瞰しておすすめのクリエイターエコノミーのメディアキット18選から学ぼう。

クリエイターエコノミーで儲けようとしていくとき、InstagramやTwitterなど、さまざまなメディアツールが必要ですよね。今回は、あるカリスマが開いたカフェの事例をもとに、クリエイターエコノミーで使われるメディアキットをご紹介します。

続きを見る

海外で有名人にメッセージをお願いできるサービスCameoに登録されている日本人

有名人があなたの依頼のメッセージを、動画でショートメッセージで言ってもらえるサービスCameo。海外ではとても流行っているようで、クリエイターエコノミーの一つの形として注目を集めています。日本人もすでに何人か登録がされていて、依頼すればメッセージをもらえます。

続きを見る

TikTokに自分の歌を使ってもらえる!音源配信プラットフォーム3選。楽曲配信の流れはクリエイターエコノミーを加速させる、その背景と未来は

YouTubeやTikTok、Apple MusicにAmazon、Spotify・・・。多くの音楽プラットフォームに楽曲を配信することは、もはや夢ではありません。国内でも世界中のプラットフォームに自分がつくった楽曲を配信できるサービスが広がっています。登録料無料のサービスも出てきています。日本語で利用できる楽曲配信プラットフォームをご紹介します。

続きを見る

TikTok公式に直接収益化できる3つの方法。1再生あたりの驚きの単価と案件ポータル等

TikTokではマネタイズが難しいとされてきましたが、マッシャブルによりますと、3つの方法がすでにあるとのことです。記事元にはじっさいのマネタイズされた画面キャプチャが載っていて、ついにTikTokもドリームが生まれる予感がしてきました。

続きを見る

YouTubeのショート動画で収益化はYPP非登録者も対象です

YouTubeのショート動画で収益化をする第一歩として、YouTubeがクリエイター基金(YouTubeショートファンド)を開始し、日本でも正式に告知ページができていました。受け取り方法や資格などをまとめます。

続きを見る

TikTokライブが有料ライブとも言えるチケット制TikTok LIVEを実装へ

TikTokが2021年8月6日、TikTok Gated LIVEをローンチ。チケット制のTikTok LIVEが実施できる新機能で、事前に発行したシリアルコードを有料販売やキャンペーン活用などできるとのこと。

続きを見る

TikTokでマネタイズできるサイト3選 最新海外事例

マネタイズが難しいTikTok。海外ではすでに、いくつかの方法でTikTokスターが収益化に成功しています。TikTokでマネタイズする方法をご紹介します。

続きを見る

アーチストはTikTokからの収益の還元が可能に

アーチストはつくられた動画数に応じて、TikTokから収益を還元されることが、TuneCore Japanが明らかにしました。ショート動画は、ファンもアーチストも嬉しい局面へと進みました。

続きを見る

Twitter収益化の条件・公式情報まとめ

Twitter収益化プログラムが発表されました。Twitterスペースでの収益化の条件、スーパーフォロワーの収益化の条件、それぞれ異なります。

続きを見る

YouTubeショートの収益化は通常枠ならある

YouTubeショートは現在収益化ができませんが、通常枠であれば、広告は表示されます。

続きを見る

PAGE TOP ↑