ソニーやグッチからの企業案件はどうやったら受注できるのか?答え「公式から声がかる」

国内外で有名企業がメタバースクリエイターに企業案件を発注するケースが増えています。ソニーやグッチなどが、人気ゲーム内でその企業のプロモーションになるようなメタバースを作成し、世界中のゲーマーに遊んでもらうことでしのぎをけずっています。マップクリエイターはどのようにしてそうした企業案件を獲得しているのでしょうか、考察します。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

メタバースクリエイターが企業から人気

マイクラ、フォートナイト、ロブロックスなど、すでに多くのゲームでは、クリエイターが自由にマップをつくれる機能が人気です。昨今、そうした動きに企業が注目し、クリエイターにメタバース制作を依頼することが世界中で増えています。

ソニーは、日本のフォートナイトマップクリエイターのヤノスさんに、渋谷の街にスパイダーマンとヴェノムをイメージしたゲームを企業案件として発注しています。

ソニー

>>『フォートナイト』に映画『スパイダーマン』&『ヴェノム』の世界観を表現したマップをソニーが制作し、4月9日に大会を開催。マーベルファンが見どころを紹介

世界的ブランドのグッチは、人気ゲーム・ロブロックスで、グッチガーデンなるマップを公開し、人気を博しています。

>>Roblox(ロブロックス)上でグッチ ガーデン体験を発表 – Roblox Blog

世界中でメタバース制作が盛り上がるなか、クリエイターも日々、自分の作品作りにはげみ、クォリティが年々あがっています。

しかしそうした忙しさのなかで、クリエイターはどのようにして、こうした大手企業と出会い、企業案件にむすびついているのでしょうか。

そこには、公式がおおきく関わっているケースが多いとされています。

企業案件は公式から声がかかる

前述の2つのケースでは、クリエイターはふだんから、公式のおすすめマップで紹介されています。公式から、おすみつきをえているほどのトップクリエイターといえます。

企業がゲームメーカーに、こうしたプロモーションをしたい、と打診があったとき、やはり安心でき、実績のあるクリエイターに依頼したいということがあります。

また、一定の投稿感覚でハイクォリティなマップを投稿しているという実績は、公式からも安心感のあるものとうつるでしょう。

つまり、公式が広告代理店のような働きをしているのです。これは、ゲームメーカーにかぎらず、多くのプラットフォームもそうしたビジネスを、現在では展開することが一般的となっています。代表的なところですと、TikTokがそうです。

逆にいえば、そうしたクリエイター自ら営業をしても、ナショナルブランドの企業案件はさすがに受託は難しいと思います。ナショナルブランドは多くの社内決済や関係者への折衝が必要になりますので、どんなにすばらしいクリエイターでも一個人では限界があると思います。

プラットフォームが企業案件の代理店に

こうしたケースは今後も増えていくと見られます。クリエイターは、企業案件が欲しい場合は、いかにして公式に見初められるかということを、頭の片隅において活動するとよいかと思います。

トップユーチューバーのHIKAKINさんは、ブレイクしたスーパーマリオの動画のあとに、公式からオファーがきたそうです。

アップロードの24時間後に20万アクセス、1週間後に100万アクセスを記録しその後、YouTube側からYouTubeパートナーのオファーが来る

>>「ヒカキンが目標」痛いユーチューバーの末路 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

音声配信のポッドキャストでは、世界大手のSpotifyが、ポッドキャストアワードを協賛し、そこで受賞した制作チームに声をかけて、Spotifyオリジナルの番組を配信してもらう、ということをしています。

>>JAPAN PODCAST AWARDS ジャパンポッドキャストアワード

このように、企業案件をもらうには、公式から声をかけてもらうことがもっとも確実であり、確率が高いことが知られています。ユーチューバーであれば、事務所に所属しないと、と思うひとも多いかもしれませんが、じつは、公式から声をかけてもらうことが、コスパがよいです(事務所所属は手数料がひかれるため)。

こうした企業案件は、プラットフォームにしてみれば、オリジナルコンテンツにもなるわけで、ユーザーの囲い込みにもつながりメリットがあるといえます。

そうした背景から、今後もプラットフォームが、優秀なクリエイターを直接くどいて、企業案件をふるということは、増えていくと見られますので、クリエイターは積極的に、公式の企画にのっかり、作品を継続的に投稿するとよいでしょう。

制作のクォリティと安定投稿という実績が、信頼残高をつみあげることになります。

一生お金に困らない人生をつくる―信頼残高の増やし方 | 菅井 敏之

一生お金に困らない人生をつくる―信頼残高の増やし方
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る