SNSの文脈に合わせた投稿をしよう

SNSの文脈に合わせよう

SNSの機能はどんどん近づいていますが、それらを利用している人が近づいているわけではありません。むしろその違いがだんだんわかりにくくなってきてるかもしれません。コンテンツをマルチポストしている人も多いと思いますが、それぞれの文脈にあった投稿をすることがフォロワーを増やすコツです。

誤飲の恐れがあるものはSNSに投稿しないようにしましょう。対象年齢以外に有害なものはアルゴリズム上排除されにくいはずです。

SNSに投稿しちゃいけない

水でふくらむボールの誤飲が問題になっています。もつ人によっては生命の危険があるものは、安易にSNSにあげることはさけなければなりません。とくに、若い世代がおおくみているSNSほど、そうしたリスクはたかまる可能性がありますので、親もしっかり監視しないといけません。

変わるSNSの推しアルゴリズム、2022年は動画がすべてのSNSで主戦場に~InstagramとTikTok、Twitter Blueなど最新アルゴリズムから見るSNS最新トレンド

Instagramが動画

Instagramが推すアルゴリズムに変化がみられます。Instagramはもう多くの利用者をかかえツール利用なども広がり、寡占状態にあります。しかし、いくつかのアカウントを見ますと、上昇トレンドをえがいているケースも少なくありません。その背景にはやはりショート動画の影響がありました。

TikTokの成功事例紹介記事を読むとき注意する2つのこと。TikTokの本質をみきわめずショート動画に過度な期待をする人は、きっと予算をソッコーで溶かすだけなので注意してください。

TikTok 成功事例 記事

TikTokの成功事例を紹介する記事が増えてきたように思います。YouTubeが寡占状態となり、TikTok売れなどビジネスへの影響が注目され、そうした記事に注目が集まっているのでしょう。しかし、そうした記事には、実際にTikTokをやっていない、実情をあまり知らないのかな、そう思わざるをえない記事も多く見られるようになったため、イチTikTokerとしてちょっと今のTikTokをお伝えしたいと思い、まとめます。

TikTokのビジネス利用が増えてきました。トップTikTokerはより収益機会が増え、トップ以外はより差別化や専門性をもとめられるようになるかもしれません。企業側の気持ちを理解するのにおすすめのビジネスTikTok本の3冊を御紹介します。

TikTok本

企業が直接TikTokに投稿したり、TikTokと直接マーケティングを展開したりする事例が増えています。トップインフルエンサーには追い風ですが、トップ以外のインフルエンサーは、より差別化を意識しませんと、収益に影響は出てくるかもしれません。今、TikTokに何が起きているのか、ビジネスTikTok本のおすすめを読めば、案件をふる側の気持ちがわかるはずです。

TikTokでライブのコラボリクエストできないワケと強制的にコラボ配信する方法

TikTokライブでコラボができないケースがあります。基本コラボは、相互フォローをしているか、TikTokからおすすめされたアカウントしかできないようになっています。アカウントによっては、コラボ対決を選ぶとできる場合もあります。

TikTokのギフトにある宝箱は、TikTokライブでリスナーの滞在時間を増やす新機能です。宝箱を開けるためにリスナーさんが長く聴いてくれるようになります。

TikTokライブの宝箱

TikTokライブに新機能です。ライブのギフトにある宝箱は、ファンが推しにギフトをすると、同じTikTokライブを見に来ているリスナーでコインをわけあえることができます。それが滞在しないと開けないため、TikTokライブの滞留につながり、推しのためになるという画期的なギフトです。

TikTokにLIVEサブスクリプションが追加、YouTubeメンバーシップのようなサブスク導入か。今後TikTokがライブ機能拡充への動きが加速しそうです。

TikTok LIVE SUBSCRIPTION

TikTokに、LIVEサブスクリプションのメニューが2021年11月下旬頃に、いつのまにか実装していました。TikTokでは、こうしたメニュー実装が先に行われることが多いので、今後YouTubeメンバーシップのような、サブスクが実装されると思われます。

複数のSNSに投稿するとき参考にしたい人気TikTokerとは。それぞれのSNSにあった投稿にアレンジし収益化を目指す、伸びしろは海外で人気のあのサービスか?

マルチポスト

1回の撮影で複数のSNSに投稿している人は多いのではないでしょうか。ワンインプットマルチソース。今や、SNSごとにユーザー層がことなるため、複数のSNSにアプローチしませんと、新規がなかなか増えないですよね。そんなとき、複数のSNSに投稿しつつも、それぞれでフォロワーを増やしているお手本のようなアカウントを見つけましたので、紹介します。

TikTokのコインをクレカなしでもLINE Payなら買えます。さらにスマホで買うより安い!お得に買えるので、TikToker推し活におすすめです。

TikTokコイン

クレカがもてない世代でも、LINE PAYはコンビニATMなどでチャージできる便利なスマホ決済です。TikTokコインを買うときに、LINEペイをつかって、パソコンから買うと、アップルやグーグルを通さないので、3割もお得に買えます。120円が84円です、大きくないですかー!

海外ティックトックセレブの収益化の構造とフォロワーをどのように増やしていったのか事例考察。4か月で100万人以上のフォロワーを獲得したディランレメイさんとは。 #稼ぎ方

ディランさん

米国ミシガン州でケーキデコレーターをしていたディランさんは、フードTikTok界隈のセレブです。有名アイス店でアイスをつくる動画を投稿したところ、またたくまにヒットし、TikTokセレブへの道を歩みます。現在では、会社をやめアイスクリームインフルエンサーとして活動し、全米をかけまわっています。その収益構造やフォロワー獲得の秘訣や人気になった経緯などを解説します。

TikTokでライブでなく動画に投げ銭ができるコメントギフト機能が実装中!YouTubeのSuper Thanks のように、動画に気持ちを贈れるギフト機能が広がりを見せつつあります。

TikTokのギフト機能は動画に対して投げ銭

TikTokが海外の一部のアカウントからのようですが、動画に投げ銭ができるギフト機能を実装しはじめています。ライブの投げ銭のように、贈ること自体はできますので、日本でもYouTubeのSuper Thanks のように、動画にギフトを贈る方法が実装する日は近そうです。

人気お笑いコンビ・カウカウの曲がインドネシアでブレイク。TikTokでヒットした曲が大手銀行のCMに起用されました。フォロワーはすでに120万です。

カウカウ

お笑いコンビのカウカウは、TikTokでも多くのフォロワーを獲得している人気芸人です。その2人がTikTokで歌っています曲が、海外のインドネシアで人気をはくしています。そして、今回、現地の大手銀行のCMソングに採用されたとのこと。

【速報!】TikTokとBASEが提携を発表。すでに実装されているShopify連携のような広告関連だとは思いますがあえて「提携」としたところに、今後に注目が集まります。

TikTokとBASEが連携を発表

バイトダンスが、TikTokとBASEの提携を発表しました。海外ですでに実装されているShopify連携のような広告関連だとは思いますが「あえて提携」としたところが、今後に注目です。

海外のTikTok動画で広がっているスクールバンダリズムとは。TikTokも無秩序行為のハッシュタグを無効化するも、悪意の源泉である再生回数は増加の一途

スクールバンダリズム

スクールバンダリズム。海外のTikTokで、学校の備品を破壊したり盗難したりするTikTok動画が社会問題になっているそうです。TikTokはハッシュタグを無効化するも、全米で広がりを見せ警察が出動するところまでも。スクールバンダリズムに関する記事をまとめました。

ARやVR、クリエイターマーケットなど、これからTikTokにくる9つの最新テックや機能実装 2021年下半期まとめ

TikTokLogo

TikTokは最新技術への投資や、新機能の実装を矢継ぎ早に発表しています。ARやVR、クリエイターマーケットAPI整備など、これからTikTokにくる最新テックや新機能をまとめました。まさにかつてInstagramがたどったような怒涛の機能追加に注目が集まります。

TikTokでABBAの公式楽曲で動画をつくる時の注意点、他のショート動画でのABBA楽曲の状況も調べたら、機能面ではすでにTikTokを越えていた

アバ

TikTokにABBA公式アカウントが開設されました。有名人のアカウント開設は珍しくありませんが、ABBAは世界的に有名なアーチストで、さらに彼らの楽曲も利用可能になった、というところがニュースのようです。