【追記:GA3もGA4もどっちもOK!】XfolioでGoogleアナリティクスを連携させるときGA4でなく以前のトラッキングIDを貼り付ける方法

クリエイター支援プラットフォームのXfolioでは、Googleアナリティクスをつかったサイト分析ができます。ただ、現在Googleアナリティクスでは、GA4とよばれる最新のテクノロジーをつかったトラッキングコードの配布が標準となっていて、Xfolioに貼り付けられるトラッキングIDはわかりにくいところにありますので、ご紹介します。

追記:2022年2月25日 公式から返信がきました。GA3もGA4もどちらのバージョンのトラッキングコードも設定が可能だそうです。ありがとうございます!ほんと公式対応早い!

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

現在GoogleアナリティクスではGA4がデフォルト発行

Googleアナリティクスをつかうためには、ウェブサイトにトラッキングコードとよばれる短いプログラムを貼り付けなければなりません。

Xfolioでは、そのコードをはりつけなくてもよいのですが、かわりに、トラッキングIDとよばれる番号(UA-XXXXX-1 といったつづり)を貼り付けることで、アクセス解析を実現します。

ただ、現状では最新版のGA4とよばれるトラッキングコードが発行されてしまい、そのままではXfolioとGoogleアナリティクス連携をすることができません。 GA3もGA4、どちらも貼り付けOKだそうです。なので、どちらでもOKなのですが、ユニバーサルアナリティクスをはりつけたい人は、以下のようにしましょう。

Googleアナリティクス

ユニバーサルアナリティクスを選択する

Googleアナリティクスのトラッキングコードを新規作成(新規プロパティ)するとき、「詳細オプションを表示」とします。

Googleアナリティクス

そうしますと、かつてのトラッキングコード=XfolioでつかえるプロパティID、発行ができるモードが選べるようになります。

この画面で、ユニバーサルアナリティクスを選べばOKです。

Googleアナリティクス

最後の画面でトラッキングコードが表示されますので、そのUA-XXXXX-X をコピーします。

Googleアナリティクス

XfolioとGoogleアナリティクスを連携させる

Xfolioのクリエイター管理画面の設定から、アクセス解析ページを開き、Googleアナリティクスの連携を選びます。

そこで、さきほどコピーしたUA-XXXXX-X をはりつければOKです。

XfolioとGoogleアナリティクスの連携

Googleアナリティクスのリアルタイム検索で確認し、Xfolioのページが計測されていればOKです。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスのリアルタイム>コンテンツなどから確認するとよいでしょう。

デフォルトでもXfolio製アクセス解析はできる

もちろん、Googleアナリティクスを連携しなくとも、かなりのアクセス解析ができるようになっていますので、安心です。

Xfolioアクセス解析

しかもデータ反映がはやく、ほぼ数分後に反映していてびっくりしました。なにげに、サイト全体のレスポンスもほんとはやくてぬるっぬるっしてるUIが気持ちいいですよね。

こういうところも、クリエイターファーストで、サーバーにむちゃくちゃお金かけてるな、という気がして嬉しいですね。

コミティアに出展する公式さん

こういうところがクリエイターファーストで、いいですねえ。

運営さん、これからもがんばってください!