クリエイターエコノミーの記事一覧

クリエイターエコノミーの立て付け例~クリエイターエコノミーの直接課金ビジネスは立て付けが9割

クリエイターエコノミー(ネットでの稼ぎ方)には、プラットフォームからの広告収入・企業からの依頼を受けて情報発信する企業案件収益・ファンから直接買ってもらう直接課金、とあり、それぞれ持続性は収益性などが異なり、クリエイターは相性のよい収益化方法で稼ぐことが多いです。今回は、直接課金の立て付けについてご紹介します。

続きを見る

複数のSNSに投稿するとき参考にしたい人気TikTokerとは。それぞれのSNSにあった投稿にアレンジし収益化を目指す、伸びしろは海外で人気のあのサービスか?

1回の撮影で複数のSNSに投稿している人は多いのではないでしょうか。ワンインプットマルチソース。今や、SNSごとにユーザー層がことなるため、複数のSNSにアプローチしませんと、新規がなかなか増えないですよね。そんなとき、複数のSNSに投稿しつつも、それぞれでフォロワーを増やしているお手本のようなアカウントを見つけましたので、紹介します。

続きを見る

消費者庁が新見解!クリエイター寄りの解釈に変更へ。どんな業者から買うのかを明らかにする出品者情報の軽減でストーカー被害を防げるか。その影響とクリエイターが備えること。

2021年10月1日に、クリエイターエコノミー協会が、消費者庁や経産省と協議した、特商法表記の新解釈を発表しました。クリエイターは条件を満たせば、個人情報をさらすリスクを減らせるとのこと。その詳細と影響を深堀りしてみます。

続きを見る

人気お笑いコンビ・カウカウの曲がインドネシアでブレイク。TikTokでヒットした曲が大手銀行のCMに起用されました。フォロワーはすでに120万です。

お笑いコンビのカウカウは、TikTokでも多くのフォロワーを獲得している人気芸人です。その2人がTikTokで歌っています曲が、海外のインドネシアで人気をはくしています。そして、今回、現地の大手銀行のCMソングに採用されたとのこと。

続きを見る

マップクリエイターがバーチャル空間建築の企業案件で稼ぐクリエイターエコノミー事例。あつ森、マイクラなどゲーム内で建築家として稼ぐ生き方があります。

世界中にはサンドボックスゲームとよばれる、ゲームを作るゲームがあります。マインクラフトや任天堂の人気タイトルあつまれ動物の森などです。フォートナイトという人気ゲームでもマップを作るモードがあり、そのマップをつくり稼ぐクリエイターの事例をご紹介します。

続きを見る

eスポーツ選手でなくてもユーチューバーでなくてもフォートナイトで稼げるクリエイターサポートって何?世界のトップゲーム企業が確立しているクリエイターエコノミー

フォートナイトというゲームをご存知でしょうか。全世界3億5000万人とも言われる人気ゲームです。そのフォートナイトをプレイして稼ぐクリエイターがいます。e-Sports選手でなくとも、ユーチューバーでなくとも、稼げるクリエイターサポートについて紹介します。

続きを見る

GAFAなど海外ビッグテックの苦悩。日本のクリエイターやインフルエンサーが備えるべきこと。高まる批判や圧力にさらされるInstagramなどGAFA大手IT巨大企業

Instagramが多くのティーンエイジャーに有害であると批判をあびています。そのことで、キッズ向けアプリの開発が一時中止になるなど、海外ビッグテックに今何がおきているのでしょうか。そして、クリエイターやインフルエンサーはどう備えておくべきでしょうか。

続きを見る

【速報!】TikTokとBASEが提携を発表。すでに実装されているShopify連携のような広告関連だとは思いますがあえて「提携」としたところに、今後に注目が集まります。

バイトダンスが、TikTokとBASEの提携を発表しました。海外ですでに実装されているShopify連携のような広告関連だとは思いますが「あえて提携」としたところが、今後に注目です。

続きを見る

クリエイターエコノミーをワンストップでアドバイスできるようになるために、まずはカオスマップを作った。これぜんぶ無料のサービスというのは感慨深い。

クリエイターエコノミーでは、プラットフォームでの広告収益、企業案件などインフルエンサー活動、ライブの投げ銭やグッズ販売などの直接課金、などの経済圏をクリエイター自らがマネジメントする世界です。今回、ワンストップでそれらをアドバイスするサービスを考えるべくカオスマップを作りましたので、共有します。

続きを見る

Voicyトップ配信者がstand.fmでチャンネル開設。Voicy一般開放への模索か。stand.fmが該当チャンネルに収益化を付与するかに注目。

Voicyのトップ配信者が、別プラットフォームで新チャンネルを開設しました。トップ配信者といっても、Voicyに出資参画もしている人物ですので、新事業へのリサーチという側面があるのかもしれません。その一手を考察してみました。

続きを見る

Facebookの認証バッジを申請して取得する方法と基準と注意したこと。今まで以上になりすましや言動に気をつけないとです。

Facebookで認証バッジをいただきました。Facebookから直接メッセージがきたので最初びっくりしましたが、著名人としてFacebook認定されたということは、今まで以上に、なりすましや言動に気をつけようと思いました。

続きを見る

Spotify傘下のAnchorが国内人気ポッドキャストで収益化スタート。海外と同じ広告セクション方式なのか、正式リリースはいつなのか、気になりますね。

海外のスタートアップ、テック、VCの最新ニュースを発信する人気ポッドキャスト番組「Off Topic」がAnchor公式の収益化に対応したことが、2021年9月15日の配信で明らかになりました。

続きを見る

宅配ボックスで戸建て大型のおすすめ6選メーカー【2021年】国内メーカー 防滴 屋外設置かんたんで、大きい宅配ボックス設置なら国や自治体から補助金が出るケースもあるって。

戸建てならば大型の宅配ボックスを設置しますと、宅配便の受け取りがとても楽になります。まだまだ続きそうなコロナ渦ですので、お取り寄せに便利に宅配ボックスを活用したいですね。大型で自宅に設置できる、おすすめの宅配ボックスをまとめました。

続きを見る

Substackみたいなサブスクできるコミュニティを作れる【2021年版】サブスクのサービス17選クリエイターエコノミーで手にしたい収益化

月額課金のサブスクモデルを構築したいという人が増えています。クリエイターエコノミーにおいては、スポットで商品を売るだけでなく、毎月安定した収益があると経営が安定します。国内でも継続課金に対応したプラットフォームが増えてきましたので、まとめます。

続きを見る

作品に語らせることはほんとうに大事。Twitterで1.6万もの拡散で「なかのひと」の目にとまったクリエイターエコノミー事例

クリエイターエコノミーでは、どんなプラットフォームを使うのかや、収益化の手法にスポットがあたりがちですが、創作活動という点では、作品こそ雄弁なはず。1つの作品からまたたくまにドリームになったクリエイターエコノミー事例をご紹介します。

続きを見る

中島健太「完売画家」レビュー。個人で創作物をつくり販売するすべての人におすすめ。著者の苦労も戦略も失敗もその工夫のすべてが、嫌味なく語られるやさしい1冊

画家の中島健太さんの書籍「完売画家」を読みました。日本で画家という職業を拡張する姿勢や生き方が、ダイレクトに伝わってくる本です。職業としての画家のリアルを伝えてくれ、個人でものを売るということをしている人には示唆のある内容でした。

続きを見る

クリエイターエコノミーの新たな収益化ツール「Rares」海外ではリンクインバイオ内で収益を生み出すのがトレンドがきている

海外でまた新たなクリエイターエコノミーを推進するツールが話題です。インフルエンサーがつくったRaresというアプリは、加工前のレアデータをファンが課金やパスワード入力などでゲットできるクリエイターエコノミーを提供します。

続きを見る

今のYouTubeで0再生しかされないのは、ヒーローコンテンツがインプレッションしなくなったから

かつてのユーチューブでは人気テーマを扱うだけで、YouTubeアプリのトップに露出することができました。しかし、今はそうした手法は通用しなくなっています。YouTubeで鉄板の3H戦略も今のアルゴリズムにあったアップデートが必要になっています。

続きを見る

新世代ユーチューバー本おすすめ12冊。あなたは何人知ってる?次世代に圧倒的人気をほこるグループから人気実況者まで

コムドットなど最新人気ユーチューバーのおすすめ本を紹介します。ユーチューブではチャンネル登録者数が増えて、カリスマ的な存在になれば、書籍化などファングッズからのマネタイズものぞめます。クリエイターエコノミーの収益化選択肢は広がっています。

続きを見る

どこからはじめたらいいかわからないという人は必見。まずは全体を俯瞰しておすすめのクリエイターエコノミーのメディアキット18選から学ぼう。

クリエイターエコノミーで儲けようとしていくとき、InstagramやTwitterなど、さまざまなメディアツールが必要ですよね。今回は、あるカリスマが開いたカフェの事例をもとに、クリエイターエコノミーで使われるメディアキットをご紹介します。

続きを見る

音声配信プラットフォームの真の競合はVTuberじゃないの?音声以外にもたくさんある競合プラットフォームを考えてみた。

毎年のように音声配信くるくるという記事を見ているような気がしますが、日本では米国のようになかなか社会現象ほどにはブレイクしていませんよね、音声配信。じつはすでにパイを食われていると思うアプリに気が付きましたので、まとめます。

続きを見る

クリエイターエコノミーで大事なのはデータリテラシーなんだって。数字に踊らされないプラットフォーム選びが成否を分けるよね。重視すべきは点は・・・。

クリエイターエコノミーで稼ぐとき、プラットフォームとクリエイターは運命共同体のようなものです。ですから、どのプラットフォームで作品を発表するか活動するかは死活問題ともいえます。数字にだまされずプラットフォームを選ぶにはどうしたらよいのでしょうか。

続きを見る

嵐やHKT48、内田理央、セイキンも!企業や有名人でリンクツリーを活用している事例11選。リンクツリーなら無料プランでも有料ビデオメッセージを販売できるCameoみたいなボタンも設置できる

リンクツリーをつかえばSNSを簡単にまとめて1つのURLにできます。有名声優の上坂すみれさんや大手メディアのWWD JAPANなど、多くの著名人アカウントが次々開設されています。またリンクツリーは、資金も49億円を調達するなど、安定感がとにかくすごいです。

続きを見る

表現とアイデアの境界線に関する判決が確定。

金魚のオブジェクトをめぐる裁判に決着がつきました。備忘録的に自分用にまとめます。

続きを見る

海外で有名人にメッセージをお願いできるサービスCameoに登録されている日本人

有名人があなたの依頼のメッセージを、動画でショートメッセージで言ってもらえるサービスCameo。海外ではとても流行っているようで、クリエイターエコノミーの一つの形として注目を集めています。日本人もすでに何人か登録がされていて、依頼すればメッセージをもらえます。

続きを見る

デジタルデータを手軽に販売できるelu。クリエイターエコノミーの新たな販売チャネルとして注目されていくか

デジタルデータを手軽に販売できるプラットフォームがあります。elu というサービスで、画像、音声、動画などをアップロードして、手軽に販売することができます。招待制ですが、SNS上に招待コードはたくさん投稿されていますので、すぐに出品することができます。

続きを見る

YouTube、動画ジャーナリストに包括的サポートを提供~日本人は3人選出

YouTubeが、動画ニュース制作者の支援に向けた取り組みを開始しました。Googleニュースイニシアチブ においてYouTubeジャーナリストへ拡大したという印象です。

続きを見る

TikTokライブが有料ライブとも言えるチケット制TikTok LIVEを実装へ

TikTokが2021年8月6日、TikTok Gated LIVEをローンチ。チケット制のTikTok LIVEが実施できる新機能で、事前に発行したシリアルコードを有料販売やキャンペーン活用などできるとのこと。

続きを見る

PAGE TOP ↑