XfolioのTシャツは国内メーカー製だぞぉー!XfolioのオリジナルTシャツを買ってグッズ販売の王道ってこれだよなと感じた。

最初はなんか高っ!と思ったXfolioのオリジナルTシャツ。公式ならもう少し勉強してよーとか思ったのですが、届いてみたらまさかのベトナム製ながら渋谷区の国内メーカー製でハイクォリティな品質のTシャツでした。そうそう、オリジナルグッズってこういうのだよな、と思ったのでシェア。

追記:2022年3月2日 公開時には「国産」と書いていましたが、ベトナム製でした。お詫びして訂正します。申し訳ありませんでした。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

Xfolio・公式ショップとは

Xfolioとは、凸版印刷グループの電子書籍サイトBookLiveが運営する、クリエイター支援の統合プラットフォームです。作品のポートフォリオがぬるぬるのUXできれいに掲載できるだけでなく、販売やコミュニティ、アクセス解析などワンストップで提供される最強クリエイター支援プラットフォームです。

Xfolio(クロスフォリオ) – クリエイターのための統合プラットフォーム
https://xfolio.jp/

そんなXfolioが、公式アカウントをプラットフォーム内で展開していて、現在もっとも多くのフォロワーを集めているというチート状態なのですが、デモ用という意味合いが強いのでしょうけども、オリジナルグッズを販売していましたので、早速買ってみましたよ、と。

>>公式shop – クロスフォリオ事務局 公式ポートフォリオ

Xfolio公式ショップ

4900円!高っ!

ちなみに、Xfolioのオリジナルグッズは、自前配送できますが、公式だけあって、わたしにはTシャツはゆうぱっくで来ました。安心感あっていいですね。

届いたTシャツはまさかの国産品

XfolioのオリジナルTシャツはこんなかんじのちゃんとした箱で届きます。ここはさすが大手という安心感。

XfolioオリジナルTシャツ

そして、このオリジナルTシャツですが、まさかの国産品国内メーカーの製品です(ベトナム製)!

XfolioオリジナルTシャツ

渋谷でトムスで検索したところこちらの会社がヒットしました。めっちゃしっかりしたところじゃないですか。さすがXfolio。

>>加工サービス|トムス株式会社

なので、各所の縫製がとても丁寧。たとえばこんなところも二重縫製でしっかりしてます。

XfolioオリジナルTシャツ

わたしは、身長171cm、69kgの中肉中背ですがサイズLを買いました。それでも首周りがしっかりしまっていて、ダレた感じはなく最高です。

XfolioオリジナルTシャツ

ごめんなさい、ぜんぜん高くなかったです。

国産品のしっかりしたちゃんとしたTシャツで、適正価格でした。

なんでレビュー欄がないんじゃぁー!

そこで思ったわけですよ。レビュー投稿ができないんですよ、Xfolio。今後実装されるのか、最近流行りのメンタルセーフティであえて実装していないのかは不明ですが、ショップ設定のなかに、レビューをオンオフする項目はありません。

Xfolio

Xfolioは2022年2月に立ち上がったばかりのサイトですので、今後に期待したいですが、レビューがないのはまだしも、せめてオンオフできるようにしてほしいなーとは思いました。

レビューがない商品って買いづらいですよね。もちろん、逆もあって、レビューがゼロ件の商品も買いづらい、というのもあるわけで、そこは真意のほどを公式アカウントがどんどん発信してほしいなぁと思います。誤解なく思いが伝わってほしいので。

なので、Xfolioさんにはぜひ早急にそうした公式ラジオやポッドキャストをはじめてほしいなあと思うところです。公式Twitterもいいのですけど、音声のほうがさくっと伝えられて、ファンとの距離も短くなるのですよね。

ぜひ検討してみてください。

あと、商品個別アフィリエイトにも対応してください!ぜひ。

 

マーケ四方山話・エンドピークの法則

さて、世間ではこうした、思ってなかったけど意外と良かった的なものやこと、多いですよね。それを体験すると、ものすごく評価あがることありませんか。いわゆる「ヤンキーがじつは無茶苦茶いい人」「ヤンキーが雨のなか捨て猫をひろうといい人に見える効果」とか。

そんななか、マーケティング界隈ではエンドピークの法則という手法があります。

>>ピーク・エンドの法則とは――意味と例、ビジネスシーンで相手に良い印象を与えるには – 『日本の人事部』

商品の最終接点(エンド)を、最高(ピーク)にするように設計すると、顧客満足度があがりリピートが期待できますよ、というもの。なので、ネットショッピング体験のエンドって、商品が届くときですよね、そのときを最高にする、たとえば梱包が思った以上によかったりおまけがついていたりとか。そして今回は、想像以上の品質だったことがそれにあたるのかと思ったわけですが、まさにエンドピーク効果。イチコロになりましたよ、やるなXfolio。

>>函館のホテルは「朝食ビュッフェ」でコロナ禍に勝つ | 鳥海高太朗の旅行経済学 | 鳥海高太朗 | 毎日新聞「経済プレミア」

そんなエンドピークの法則をつかってがっちりなビジネスをしていることで有名な事例は、ラビスタ函館ベイなどのホテルグループ。なんど、朝食に海鮮丼などのビュッフェをこれでもか!というくらいの大盤振る舞いのサービスをして、お客様を虜にしています。宿泊のエンドをピークにすることで、大成功しています。

なので、クリエイターさんも、梱包をしっかりしてサプライズをお届けすると、きっとSNSでも嬉しい拡散が起こると思いますので、参考にしてみてください。

電通現役戦略プランナーの ヒットをつくる「調べ方」の教科書 あなたの商品がもっと売れるマーケティングリサーチ術 | 阿佐見 綾香

電通現役戦略プランナーの ヒットをつくる「調べ方」の教科書 あなたの商品がもっと売れるマーケティングリサーチ術

Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る