ショート動画の記事一覧

TikTokの成功事例紹介記事を読むとき注意する2つのこと。TikTokの本質をみきわめずショート動画に過度な期待をする人は、きっと予算をソッコーで溶かすだけなので注意してください。

TikTokの成功事例を紹介する記事が増えてきたように思います。YouTubeが寡占状態となり、TikTok売れなどビジネスへの影響が注目され、そうした記事に注目が集まっているのでしょう。しかし、そうした記事には、実際にTikTokをやっていない、実情をあまり知らないのかな、そう思わざるをえない記事も多く見られるようになったため、イチTikTokerとしてちょっと今のTikTokをお伝えしたいと思い、まとめます。

続きを見る

InstagramリールはPCから投稿できません。クリエイターツールにいつか実装されたとしても、おそらく楽曲利用などはPCからだと使えないと思います。

Instagramでは、動画投稿がフィードに内包されたり、リールになったりと、いま再編が進んでいますよね。かつてのIGTVはなくなり、Instagram側も今後はリールに集約させたいようなアップデートがつづいていますが、それでも2022年1月時点でPCからInstagramリールへを指定して投稿はできません。

続きを見る

Facebookもリールを米国で実装。7つの特徴と企業がおさえておくべきポイント。クリエイター基金の対象にもなっていてクリエイター囲い込み競争が激化しそうです。

Facebookリールが、米国でローンチしました。一見するとInstagramリールと変わらないような見た目ですが、Facebookらしい機能も実装しており、はやく日本でも使えるようになるといいですね。

続きを見る

やらないのはもったいない。Instagramならではのリールの投稿の3つのコツ。TikTokerだから気づくInstagramリールの優位性と活用するコツ

Instagramにあったリールの使い方には3つのコツがあります。Instagramでリールの使い方がいまひとつわからない、という人は多いのではないでしょうか。TikTokで世界的なバズを経験したわたしから見たとき、Instagramのリールの使いこなしには3つのポイントがあるのではと考えています。

続きを見る

TikTokでABBAの公式楽曲で動画をつくる時の注意点、他のショート動画でのABBA楽曲の状況も調べたら、機能面ではすでにTikTokを越えていた

TikTokにABBA公式アカウントが開設されました。有名人のアカウント開設は珍しくありませんが、ABBAは世界的に有名なアーチストで、さらに彼らの楽曲も利用可能になった、というところがニュースのようです。

続きを見る

海外で有名人にメッセージをお願いできるサービスCameoに登録されている日本人

有名人があなたの依頼のメッセージを、動画でショートメッセージで言ってもらえるサービスCameo。海外ではとても流行っているようで、クリエイターエコノミーの一つの形として注目を集めています。日本人もすでに何人か登録がされていて、依頼すればメッセージをもらえます。

続きを見る

TikTokから爆売れのコレは一体なに?コンビニでも売り切れ続出のあのおかし他

TikTokから話題になり、海外で爆発的に売れているおもちゃがあります。「古き良き時代」を思い出せるとのことで、何がうけるかは本当にわかりません。

続きを見る

YouTubeのショート動画で収益化はYPP非登録者も対象です

YouTubeのショート動画で収益化をする第一歩として、YouTubeがクリエイター基金(YouTubeショートファンド)を開始し、日本でも正式に告知ページができていました。受け取り方法や資格などをまとめます。

続きを見る

アーチストはTikTokからの収益の還元が可能に

アーチストはつくられた動画数に応じて、TikTokから収益を還元されることが、TuneCore Japanが明らかにしました。ショート動画は、ファンもアーチストも嬉しい局面へと進みました。

続きを見る

YouTubeショートのサムネイルは自動とカスタムサムネイルの2つ

YouTubeショートにもサムネイルは設定できます。ただし、YouTubeショート表示枠と通常枠を細かく設定できないところが難しい。

続きを見る

YouTubeショートの収益化は通常枠ならある

YouTubeショートは現在収益化ができませんが、通常枠であれば、広告は表示されます。

続きを見る

TikTokアップデート:楽曲検索結果で時間と利用数の表示に対応

TikTokの楽曲検索がアップデートされました。いつのタイミングなのかわからないのですが、これで曲を探しやすくなりました。

続きを見る

YouTube Shortsの使い方と日本での現状の具体的事例

YouTubeショーツを試してみました。残念ながら曲が使えないなど、TikTokやInstagramリールには及びませんが、圧倒的なトラフィックは魅力的に見えます。

続きを見る

TikTokインサイトの見方:完全版~分析から活用まで

TikTokではかなり細かくアナリティクス(インサイト)が見られます。CSVダウンロードもできますので、企業のアーカイブとしても活用できるのでおすすめです。TikTokインサイトの見方を解説します。

続きを見る

TikTokで公式に使える動画シーン別おすすめの21曲

TikTokでは違法アップロードされた曲を知らずに使ってしまうリスクがあります。原曲が登録されているのであれば、元の音源を使うほうがよいです。

続きを見る

TikTokマーケティングツールと重要記事3選

TikTokをはじめました。プラットフォームとしてはよくできていて、今後はじまるInstagramやYouTubeの同様サービスも寄せ付けない強さを感じます。攻略すべくツールを探しました。

続きを見る

PAGE TOP ↑