TikTokの成功事例紹介記事を読むとき注意する2つのこと。TikTokの本質をみきわめずショート動画に過度な期待をする人は、きっと予算をソッコーで溶かすだけなので注意してください。

TikTok 成功事例 記事

TikTokの成功事例を紹介する記事が増えてきたように思います。YouTubeが寡占状態となり、TikTok売れなどビジネスへの影響が注目され、そうした記事に注目が集まっているのでしょう。しかし、そうした記事には、実際にTikTokをやっていない、実情をあまり知らないのかな、そう思わざるをえない記事も多く見られるようになったため、イチTikTokerとしてちょっと今のTikTokをお伝えしたいと思い、まとめます。

InstagramリールはPCから投稿できません。クリエイターツールにいつか実装されたとしても、おそらく楽曲利用などはPCからだと使えないと思います。

InstagramリールPCから投稿できない

Instagramでは、動画投稿がフィードに内包されたり、リールになったりと、いま再編が進んでいますよね。かつてのIGTVはなくなり、Instagram側も今後はリールに集約させたいようなアップデートがつづいていますが、それでも2022年1月時点でPCからInstagramリールへを指定して投稿はできません。

Facebookもリールを米国で実装。7つの特徴と企業がおさえておくべきポイント。クリエイター基金の対象にもなっていてクリエイター囲い込み競争が激化しそうです。

Facebookリール

Facebookリールが、米国でローンチしました。一見するとInstagramリールと変わらないような見た目ですが、Facebookらしい機能も実装しており、はやく日本でも使えるようになるといいですね。

やらないのはもったいない。Instagramならではのリールの投稿の3つのコツ。TikTokerだから気づくInstagramリールの優位性と活用するコツ

InstagramリールがTikTokよりも優れている点

Instagramにあったリールの使い方には3つのコツがあります。Instagramでリールの使い方がいまひとつわからない、という人は多いのではないでしょうか。TikTokで世界的なバズを経験したわたしから見たとき、Instagramのリールの使いこなしには3つのポイントがあるのではと考えています。

TikTokでABBAの公式楽曲で動画をつくる時の注意点、他のショート動画でのABBA楽曲の状況も調べたら、機能面ではすでにTikTokを越えていた

アバ

TikTokにABBA公式アカウントが開設されました。有名人のアカウント開設は珍しくありませんが、ABBAは世界的に有名なアーチストで、さらに彼らの楽曲も利用可能になった、というところがニュースのようです。

海外で有名人にメッセージをお願いできるサービスCameoに登録されている日本人

カメオ

有名人があなたの依頼のメッセージを、動画でショートメッセージで言ってもらえるサービスCameo。海外ではとても流行っているようで、クリエイターエコノミーの一つの形として注目を集めています。日本人もすでに何人か登録がされていて、依頼すればメッセージをもらえます。

YouTubeのショート動画で収益化はYPP非登録者も対象です

YouTubeショート動画マネタイズ

YouTubeのショート動画で収益化をする第一歩として、YouTubeがクリエイター基金(YouTubeショートファンド)を開始し、日本でも正式に告知ページができていました。受け取り方法や資格などをまとめます。