YouTubeショートのサムネイルは自動とカスタムサムネイルの2つ

公開日: : YouTube , , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

YouTubeショート

YouTubeショートでは、カスタムサムネイルは使えません。ただ、それでも関連動画で表示されるときには、横長の通常のカスタムサムネイルが表示できます。

本記事の執筆は、ゲーム実況歴4年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2021年6月10日時点でのものです。ご注意ください。

YouTube Shortsのサムネイル

YouTube Shortsの専門チャンネルと、メインチャンネルで不定期にショート動画を投稿するのと、2つ試しています。

どちらも結論としては、こうです。

サムネイルYouTubeショート

YouTube Shorts枠ではサムネイル設定はできない

YouTubeアプリのトップに出てくるYouTubeショートの枠がありますよね。あそこでは、縦長のサムネイルはYouTubeが自動で設定したものしか出せません。

縦長のカスタムサムネイルを設定しても、それがYouTube Shorts枠に使われることはありません。※2021年6月10日時点

関連動画や検索結果など通常枠ではカスタムサムネイルが出せる

YouTubeショートを投稿し、通常の編集画面で、カスタムサムネイルを投稿しますと、通常枠では、そのサムネイルが表示されます。

YouTube Shortsかどうかは関係ない感じですね。ですので、通常サムネイルだと思って再生すると、左右が黒く見切れたYouTubeショート動画が流れる、ということがよくあります。

>>安っ!アマゾンで半額以下になっている食品タイムセール

セール特設ページを見る

YouTubeショート枠のサムネイルを優先する弊害

TikTokでは、横長動画を投稿しても、ちゃんと縦長のサムネイルを、好きなタイミングの画像で選べます。ただ、それを優先しますと、YouTube検索やYouTubeトップのおすすめ枠などで、縦長のサムネイル(左右が黒く見切れている)になってしまい、クリック率が下がるのです。

しかし、今度は逆に、YouTube Shortsに横長サムネイルを設定しますと、YouTubeショート枠で、そのサムネイルは表示されず、自動で決められた縦長サムネイルになってしまうのです。横長と縦長を個別にサムネイル設定ができないのです。

縦長サムネイルを3つの中から選んだとしても、検索結果の表示や関連での表示のときに、クリック率が下がってしまうのです。

こうしたちょっとしたところが、YouTubeショートは残念なところです。現状ですと、クリック率にあまり関係のない有名配信者に有利な仕組みになっちゃっています。

 

まとめ

  • YouTubeショートでは横長サムネイルを設定できる
  • YouTubeショート枠と通常枠で出るサムネイルが異なる
  • YouTubeショート枠で表示されるサムネイルを優先させると通常枠でクリック率が下がる

2021年6月時点では、じつに悩ましい仕様になっています。とりあえず、わたしは通常枠優先で、横長のサムネイルを設定しちゃってます。

・・・と、こんな感じに、ブログを日々更新しています。もし記事がすこしでもお役立ちしましたら、投げ銭していただけますとモチベーションの維持になりますので、ぜひよろしくお願いします。

このブログに100円投げ銭する

「YouTubeショートのサムネイル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑