VT4でマイク2種類テスト!オーディオインターフェース化の試み

公開日: : 最終更新日:2019/11/15 動画 , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


RSS購読のURLが変わりました。
新しいFEED購読方法を見る

VT-4レビュー

Rolandから発売されていますボイストランスフォーマーのVT-4。人気のある機種で海外のAmazonから通常価格(関税は少しありますが)+送料程度でゲットできましたので、ブログにレビューします。

こんにちは、ユーチューバーのカグア!(@kagua_biz)です。

本記事ではVT-4をオーディオインターフェースとして使うときの注意や気づきを共有します。なお情報は2019年5月23日時点でのものです。

>>人気の「VT-4」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

関連記事
>>サウンドカードおすすめ10機種2018 FPSゲーミングUSB他
>>PS4の光デジタル対応スピーカー3機種とヘッドホンが神
>>ユーチューバーの安い録音セットならUR12とMPM-1000が高音質

VT-4の使い方や初期設定は簡単

VT-4は、USBケーブルで接続すれば、自動でドライバをインストールしてくれますので、使い方はとても簡単です。ただし、接続はUSB2.0です、USB3.0や3.1ではありません。USB端子で青くなっているのは、USB 3.0ですので注意しましょう。
USBは2.0にVT-4はさす

スタート>設定>サウンド からも入力(録音)については、WETを選びますとエフェクト付きのマイク入力を選択してくれます。
VT-4ドライバ

  • MIX(外部ライン出力)
  • DRY(USB経由でエフェクト無し音声)
  • MIX(USB経由でエフェクト有り音声)

自動的に入るドライバーはこんな感じでシンプルなものです。とくに細かな設定はこちらではほとんど無いです。USBからの入力で音質はとてもクリア。

コンデンサーマイクは背面にXLRケーブルのキャノン端子があります。ファントム電源のスイッチは前面にあります。
ファンタム電源

詳しい画像はこちら。MIDIインターフェースや、USBからではなく電池電源に切り替えるなどのスイッチもあります。
VT-4の入出力

マイク入力はプラグインパワー対応のマイクイン・ミニジャックもありますし、ヘッドホン端子もありますので、電池駆動させてこうした簡易屋外マイクシステムみたいな使い方もできてしまいます。
VT4を屋外で使う

ではさっそく、2種類のマイクをRoland VT-4 に接続して録音してみます。

VT-4に2種類のマイクでレビュー

ECM-PC60をプラグインパワー端子でテスト

わたしがいつもゲーム実況動画で使っていますソニーのマイクECM-PC60です。前面のプラグインパワー端子にさせばすぐに使えます。
ECM-PC60をVT-4に接続

小さいですが問題なく使えます。ただ、マイクの特製なのかやはりホワイトノイズが聴こえてきます。これは、オーディオテクニカのマイクアンプAT-MA2 につないで録音しているときは、聴こえなかったホワイトノイズです。
ECM-PC60をVT-4で使う

これはちょっと予想外でした。とりあえずECM-PC60は、AT-MA2のみで使おうかな・・・。

コンデンサーマイクMPM-1000をXLR端子でテスト

次に、マランツのコンデンサーマイクロホンMPM-1000を背面のキャノン端子に接続してみます。

前面のファンタム電源をONにすればしっかり撮れます。ホワイトノイズはほとんど無いです。すばらしい。
ファントム電源

USBオーディオインターフェースらしいクリアな音質で満足です。

オーディオインターフェースとして使う

ちなみに以下は、オーディオインターフェースであるスタインバーグのUR12と、コンデンサーマイクのMPM-1000を使って収録した波形です。

フリーソフトのAudacityを使って録音していますが、なぜか、UR12で録音しますと、自動的にリミッターがかかってしまっています。マイク音量が小さくなってしまうという指摘はYouTubeの、ある動画でも言及されてましたね、なんなのでしょうかね。
UR12 音 マイク 小さい

いっぽうVT-4を使った場合。さすがにPEAKランプがつきっぱなしのGAIN(入力)ですと、上限リミットかかって潰れてしまいますが、それでも不自然な感じがしません。
MPM-1000とVT4を使って録音

たまにPEAK点灯するくらいですと、細やかな良い感じの波形になっています。前述のUR12での録音波形とはかなり異なりますね、不思議。

VT-4をコンデンサーマイクのMPM1000で録音しますと、声がつぶれていない状態でも、かすかな吐息レベルの細やかな息遣いもしっかり録音できているように感じます。声を出していない部分もほぼ無音状態で録音されていて、良い感じです。

1万円未満のコンデンサーマイクでここまで性能を引き出してくれるVT-4は、これでさらにボイストランスフォーマーもできると考えますと、オーディオインターフェースとしても使い出がありそう。

まあ、UR12とVT-4ですと、値段が倍くらい違いますので、比較はあまり意味がありませんが、それでも私はこっちのほうが好みですね。

VT-4 を使ってこれから楽しい動画をたくさん撮っていこうと思います。オーディオインターフェースとして利用されようと思われているかたの、マイクの使い勝手など、ご参考になれば幸いです。

Roland ローランド/VT-4 Voice Transformer ボイストランスフォーマー AIRA | エフェクター・プロセッサー | Amazon.co.jpホーム

Roland ローランド/VT-4 Voice Transformer ボイストランスフォーマー AIRA

Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

関連情報リンク

ローランド公式サイト。
>>Roland – VT-4 | Voice Transformer

VT-4といえば、ボイストランスフォーマー。
>>Roland VT-4で男性編集部員の声を女の子っぽく変換してみた – YouTube

詳しいレビューです。
>>魔王マグロナの「VT-4」徹底レビュー!本日解禁の新機能に見た“本領発揮”とは? | MoguLive – 「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

女声を出すにも多少は相性があるっぽい。
>>VT-4と「適合」について|ukyo_rst|pixivFANBOX

電池駆動もするのでカラオケ楽しい!
>>巻羊さんのツイート: “VT-4カラオケマンしたけど全然おじさんがまろびでなくてすごい… “

YouTubeにはたくさんレビュー動画があります。
>>VT-4 レビュー – YouTube
>>MPM-1000 レビュー – YouTube
>>UR12 レビュー – YouTube
>>ECM-PC60 レビュー – YouTube

まとめ

背面にファンタム電源のXLRケーブルがさせますのでもしやと思ったら、VT-4はやっぱりオーディオインターフェースとしても便利でした。

これからもうちょっと使いこなして、ボイスチェンジなどもYouTube動画のネタにしていければとは思います。

でも、オーディオインターフェースやマイクって、沼になりがちなのでほんと怖いです。あれ買えばもっとよくなるかな、といったような。

「VT-4」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑