Twitter上ですぐに音声配信を再生できる3つの無料サービス


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


スプリーカーとリッスンノート

Twitterのタイムライン上ですぐに、自分の音声配信を再生できるようにしたい。ネットで探しますといくつかのサービスは見つかります。

ポッドキャストで音声配信をしている人であれば、やはり海外はポッドキャストが主流ですので、関連サービスも豊富にあります。見つけるとすぐに見つかりましたのでシェアします。

本記事の執筆は、ポッドキャスト歴1年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年10月9日時点でのものです。ご注意ください。

音声配信をTwitterのTL上で再生させる

自分の音声配信をTwitterで、拡散させる配信者は多いと思います。
Twitter上で音声再生

そのとき、一度リンクをクリックして、ウェブ版のそうした音声配信サイトがブラウザで開きます。そして、再生ボタンをタップする。

当たり前のような導線ですが、じつは思いのほか面倒でもありますよね。可能ならば、TwitterのTL(タイムライン)上で、そのまま再生されてほしい。

Twitterで投稿される動画はそのまま再生されますし、GIFアニメなどは自動で動きます。YouTubeであっても、TL上で動画再生されます。

多くの音声配信メディアでは、リンク方式で自社サイトへ誘導させることが多いのですが、わずかにTwitterのTL上で再生をしてくれるサービスがあります。

今回は、そのTL上で再生出来るプレイヤーを実装している音声配信サービスをご紹介します。

TwitterのTL上での再生プレイヤー

SPREKER

無料版と有料版がありますが、無料版でもポッドキャストを20配信くらいまではアーカイブしてくれます。わたしは、無料版で上限が来たら都度削除しています。
スプリーカー

>>Spreaker – The simple way to create and distribute your podcast
サイトで詳しく見る

自分のポッドキャストを登録し、ユーザー登録後、Twitter連携しますと、自動的に自分のポッドキャストが配信されます。リスナーはそのTLを見ればすぐに再生されるので便利です。

OGPをクリックしますと、ツイート上にプレイヤーが表示されすぐに再生がはじまります。Twitterで音声を聴きたい人には、もっとも少ないステップで利用できる媒体です。

LISTEN NOTES

自分のポッドキャストを登録しシェアすれば、エピソードを2クリックで、TwitterのTL上で再生できるようになります。
リッスンノート

ポッドキャスト検索大手のLISTEN NOTES。ユーザー登録をしますと、プレイリストが作れるようになります。自分のお気に入りのエピソードをポッドキャスト番組を超えて、リスト化できますので使いこなすととても便利です。

そのプレリリストを、Twitterでシェアしたとき、TwitterのTL上で再生されるプレイヤーとなります。とても優秀ですね。自分のお気に入りプレリリストをシェアしたい人にはとても便利です。

>>Dropbox Paperについて話してるアシカガCAST – Podcast Playlist
サイトで詳しく見る

Twitterのタイムラインで、OGPのサムネイルをクリックしますと、プレイリストが表示され、その再生ボタンをクリックしますと、タイムライン上でそのプレイリストが再生されます。

プラットフォームとしては、ポッドキャストであれば、LISTEN NOTES にユーザー登録すれば自分自身のポッドキャストをLISTEN NOTES に配信することができます。

海外では、プレイリスターというエピソードのめとめ職人のようなインフルエンサーもいるようですので、日本でもそうした人が出てくるかもしれません。

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

SoundCloud

クラウド音声ブームの立役者として、音楽業界で存在感のあるSoundCloud。OGPを一度タップしますと、再生ボタンが表示されます。そのうえで、再生ボタンをタップしますと、TwitterのTL上で再生がされます。
サウンドクラウド

>>【#219】ナオキマンさんを調べたら2020年1月に凄いバズが!都市伝説系ユーチューバーさんを徹底分析 by カグア飯?? | Free Listening on SoundCloud
サイトで詳しく見る

サウンドクラウドは、黎明期からあったサービスということや、音源をいかに届けるかということに特化していますので、ユーザーフレンドリーな再生環境は、もっとも充実しています。

シェアした時のOGPが選べれば最高なのですが、それでも期待させるほどに、他社を圧倒する充実ぶりです。

Twitter公式の方法

iOSでもまだ一部のようですが、以前よりは開放が進んでいますので、フェードアウトすることはなさそうです。こちらは公式なので安心感がありますね。

>>音声をツイートする方法
サイトで詳しく見る

また、2020年10月9日現在であれば、動画が自動再生ですので、やはり音声を動画化するのがベストな気はします。ただ、動画は140秒という制約があります。

>>Twitter上の動画が自動再生になります
サイトで詳しく見る

この記事がもし少しでも参考になったよ、ということであれば投げ銭していただけますと、モチベーションに繋がりますので、どうぞよろしくお願い致します。

このブログに100円投げ銭する

【完全ガイドシリーズ282】人気ラジオ番組完全ガイド (100%ムックシリーズ)

【完全ガイドシリーズ282】人気ラジオ番組完全ガイド
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

関連情報リンク

音声配信メディアごとにいろいろな特性があります。電子書籍サイトのように、共存していくものと思います。

>>音声を43アプリに配信して2~9月までのアナリティクスを見てみた
該当ページを詳しく見る

電気ノイズを発生させるものが多ければ多いほど、ノイズは発生します。また、スマホ録音の場合は、アプデの影響もありますので。

>>iPhoneで高音質の外部マイクは外部マイクを使わないのがベストな理由
該当ページを詳しく見る

公式さんが言ってました。ライブについては、Spoonやツイキャスなどライブ配信サイトが突出していますので、追随する形になりますが果たして。

>>Radiotalkのライブで公式がおすすめする成功のコツ
該当ページを詳しく見る

まとめ

  • Twitter上で再生させるには対応したサービスで配信する必要がある
  • Spotifyなど大手でも対応していないのが現状
  • 無料で継続的に使えるという点ではListen Notes 一択だがクリックが2回必要

Twitterユーザーと、音声配信を聴いてくれるリスナーとは、完全に一致するわけではありません。また、私もスプリーカーで見る限りは、それほど多く再生されるわけでもありません。

ですが、少しでも露出させたい、機会を増やしたい、という人であればすぐに始められることをおすすめします。Listen Notesは無料で制限も今のところありませんので、おすすめです。

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「音声配信をTwitter上で再生」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑