iPhoneやiPadをapt-X LLに対応させる方法

公開日: : 最終更新日:2021/07/04 ゲーミングデバイス, スマホ・タブレット , , , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


iPhoneでapt-X LL

iPhone(iPad)とapt-X LLトランスミッターをつなげて、apt-X LLイヤホンでゲームを楽しめます。音ズレがなく、快適ですよ。Androidはこちら

本記事の執筆は、ゲーム実況歴4年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2021年6月17日時点でのものです。ご注意ください。

iPhoneをapt-X LLに対応させる

iPhoneでapt-X LL

iPhoneは、2021年6月時点で最新機種のiPhone 12でもapt-X LLは対応していません。ですので、USBカメラアダプターをライトニング端子にさして、そこに、apt-X LLトランスミッターをさして使います。

また、聴くときには、AirPodsではなく、apt-X LLに対応したイヤホンで聴きますと、遅延のない音声がちゃんと聞こえます。送信側と受信側、両方がapt-X LLに対応させることで、iPhoneで遅延のない音を聴くことができます。

なお、2021年6月時点では、最新バージョンの配信のないフォートナイトですが、クリエイティブとチュートリアルはプレイできます。試したところ、ジャンプや銃撃など、まったく遅延なくプレイできて、快適でした。iPhoneでapt-X LL対応させると、ほんと快適です。

iPhoneでapt-X LL

iPhoneに、Bluetoothのゲームコントローラーを接続していても、apt-X LLであれば遅延しません。快適そのものです。銃撃音とコントローラーのボタン押下がずれることなく、とても快適です。

iPhoneでapt-X LLを対応させる機器

iPhoneやiPadに、カメラアダプタのUSBアダプタをつけますと、USBタイプのapt-X LLトランスミッター(送信機)を認識してくれます。

Apple Lightning – USB 3カメラアダプタ

iPhoneにapt-X LLトランスミッターをつなぐ
Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

iPhoneのライトニング端子に、USB機器を接続するアダプタです。かならず純正品をつかいましょう。apt-X LLトランスミッターなどが、純正品でないと動作しない可能性があります。

ラディウス Bluetoothオーディオトランスミッター USB type-C ドングル レッド RK-BT100CR

RK-BT100

Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

apt-X LLという低遅延の伝送技術がつかえる送信機です。いろいろなメーカーから発売されています。

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 10.0mmドライバー [BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能、多彩な機能をワイヤレスで楽しめる] マイク付き Musicians Reference RH1000シリーズ ホワイト LBT-RH1000XWH

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 10.0mmドライバー [BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能、多彩な機能をワイヤレスで楽しめる] マイク付き Musicians Reference RH1000シリーズ ホワイト LBT-RH1000XWH
Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

iPhoneでapt-X LLの低遅延を聴くには、apt-X LLに対応したイヤホンやヘッドフォンが必要です。残念ながら AirPodsは対応していませんので、注意しましょう。

国内メーカーですと、エレコムから5000円未満で販売されている、apt-X LL対応のワイヤレスイヤホンがおすすめです。

もちろん、他にもapt-X LLイヤホンやヘッドホンはありますがそのときは、apt-Xではなく、apt-X LL を選ぶよう注意してください。apt-X とapt-X LL ではぜんぜん違います。apt-X で低遅延と書かれていても、ゲームでは、素人でもわかるズレがあります。

こちらの図のように、apt-X とapt-X LLでも、倍の差があります。iPhoneが標準対応しているAACなどでは、3倍もの速度差があります。注意してください。

apt-X LL

iPhoneとapt-X LL接続するとLEDが緑に点灯

さて、前述のapt-X LLトランスミッターをつかって、iPhoneをapt-X LL対応させてみます。

公式マニュアルにあるように、iPhoneと接続しペアリングします。apt-X LL接続できますと、ラディウスRK-BT100CRでは、LEDが「緑」に点灯します。他の伝送形式ですと、緑になりませんので、注意しましょう。

iPhoneでapt-X LL

ペアリングをしますと・・・、

iPhoneでapt-X LL

ちゃんと、LEDが緑に点灯しました。無事、iPhoneとapt-X LL接続できたようです。

iPhoneでapt-X LL

追加アプリのインストールなどは不要で、自動で認識してくれます。便利。

>>安っ!アマゾンで半額以下になっている食品タイムセール

セール特設ページを見る

iPad でもapt-X LL接続できる

もちろん、iPadでも、ライトニングUSBカメラアダプターと、apt-X LLトランスミッターがあれば、自動で認識して、apt-X LL接続してくれます。

iPhoneでapt-X LL

iPadに、リズムゲームをダウンロードしてプレイしてみました。音とタップがずれることなく問題なく、apt-X LLなので、快適にプレイできました。

iPhoneでapt-X LL

iPhoneやiPadで、遅延のないapt-X LL接続に対応させるために、アダプタをつかって、apt-X LLトランスミッターと、apt-X LL対応イヤホン/ヘッドフォンを使いましょう。

まとめ

  • iPhoneやiPadでもUSBアダプタをつかえばapt-X LL対応できる
  • apt-X LL対応のトランスミッターとイヤホン/ヘッドホンが必要
  • apt-X LLなら遅延のないゲームや映像が楽しめる

・・・と、こんな感じに、ブログを日々更新しています。もし記事がすこしでもお役立ちしましたら、投げ銭していただけますとモチベーションの維持になりますので、ぜひよろしくお願いします。

このブログに100円投げ銭する

「iPhoneでapt-X LL」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑