スマホをapt-X LL に対応させる方法

公開日: : 最終更新日:2021/07/04 ゲーミングデバイス, スマホ・タブレット , , , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


スマホでapt-X LL

スマホでapt-X LLを対応させると超快適です。スマホゲームをしても、まったく遅延があります。やはりapt-X LLは最強コーデックですね。その方法を解説します。iPhoneやiPadはこちら

本記事の執筆は、ゲーム実況歴4年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2021年6月17日時点でのものです。ご注意ください。

スマホにapt-X LLを対応させる

apt-X LL

現在スマホで、apt-X LLに対応している機種は残念ながらありません。音楽程度ですと、低遅延はそれほど気にしなくていいからです。

apt-X LLの低遅延がスマホで生きるには、動画視聴やゲーム、とくに音ゲーなどです。スマホで低遅延と言われているapt-X LLではなく「無印apt-X」でも、その音ズレは気になるほど。

apt-X LL以外で、低遅延とかかれているイヤホンなどでも、たいていはapt-Xか、独自のコーデックです。ですが、2021年6月時点で、apt-X LLほどのスマホで低遅延を実現している無線技術はありません。

上図にありますように、スマホでapt-X LLを実現させますと、iPhoneで実装されていますAACというコーデックの3倍ほどの高速転送スピードをほこります。残念ながらiPhoneほどのハイスペックスマホでも、apt-X LLは実装されていないのが現状です。

そこで、次のapt-X LLアダプタをつけて、スマホでapt-X LL送信を実現します。

ラディウス Bluetoothオーディオトランスミッター USB type-C ドングル レッド RK-BT100CR

RK-BT100

Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

こちらのapt-X LL対応トランスミッターは、USBのTYPE-Cなので、Pixel4など、USB TYPE-Cのスマホであれば、さしてすぐにapt-X LLを使えます。apt-X LL対応のイヤホンやヘッドホンがあれば、すぐに、遅延のない映像&ゲーミングライフに没入できます。

実際にスマホをapt-X LLに対応させてみる

スマホにapt-X LLを対応させてみる

上記のapt-X LLトランスミッターをさっそく、Pixel 4a のUSB TYPE-Cに差し込んでみます。すると、すぐにUSBデバイスと認識します。

スマホにapt-X LL トランスミッターをさす

とくに何もせずに、サウンドデバイスとしても認識されているようです。実際トップ画像のように、apt-X LL対応のイヤホンとBluetoothペアリングしたところ、すぐに音がなりました。

iPhoneの場合は、カメラアダプタでUSBタイプのapt-X LLトランスミッターをつけることで対応します(iPadとRK-BT100Aでapt-X LL接続確認済み)。

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 10.0mmドライバー [BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能、多彩な機能をワイヤレスで楽しめる] マイク付き Musicians Reference RH1000シリーズ ホワイト LBT-RH1000XWH

エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス 10.0mmドライバー [BASSブースト機能、シェアリング機能、自撮り機能、多彩な機能をワイヤレスで楽しめる] マイク付き Musicians Reference RH1000シリーズ ホワイト LBT-RH1000XWH
Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

国内メーカーのエレコムから、5000円未満で販売されている、apt-X LL対応のワイヤレスイヤホンです。他にもapt-X LLイヤホンやヘッドホンはありますが、apt-Xではなく、apt-X LL を選ぶよう注意してください。

こちらのapt-X LLイヤホンは、低価格ながら、低音がしっかり聞こえ、ゲームなどの環境音を聴くにはとてもおすすめで、タイトなサウンドが好きなかたにはとてもコスパのよい、おすすめのapt-X LL 低遅延 ワイヤレスイヤホンです。

スマホapt-X LLの低遅延でゲームは快適

スマホにapt-X LLトランスミッター

スマホに、apt-X LL トランスミッターをさして、apt-X LLイヤホンをペアリングして、スマホにBluetoothゲームコントローラーを接続して、フォートナイトをプレイしました。

音ズレなく、快適です。

スマホでフォートナイトでapt-X LL低遅延

こちらの記事によりますと、Pixel 4a は、スマホのベンチマーク的にはミドルレンジのスペックで、けっしてハイスペックスマホではありません。

それでも、フォートナイトという3Dの重いゲームをプレイして、音ズレなく、撃破できるくらいに快適にプレイできているのは、apt-X LL の低遅延のなせるワザだと思います。

音ズレはほんのわずかでも違和感を感じるものなので、apt-Xなのか、apt-X LL なのかは、とても大きな違いがあります。フォートナイトでいえば、ジャンプの音と実際の映像のジャンプがずれるということが、素人の私でもわかるくらいのズレです。

それくらい、apt-X LLの低遅延は強力なのです。スマホで低遅延の環境をめざしたいのであれば、apt-X LL一択です。

>>安っ!アマゾンで半額以下になっている食品タイムセール

セール特設ページを見る

まとめ

  • スマホでapt-X LL対応させるにはapt-X LLトランスミッタをさせばOK
  • RK-BT100CRは特別な設定なしでPixel 4aですぐにapt-X LL対応した
  • スマホゲームをapt-X LLでプレイすると音ズレがなくて楽しい

・・・と、こんな感じに、ブログを日々更新しています。もし記事がすこしでもお役立ちしましたら、投げ銭していただけますとモチベーションの維持になりますので、ぜひよろしくお願いします。

このブログに100円投げ銭する

「スマホでapt-X LL」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑