ユーチューブ作家になりたい人におすすめの本

LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


カタをつかった小説の書き方

プロ参入が増え、チームでの映像制作がふつうになっているYouTube。そこではシナリオライターもニーズが高いです。もちろん、個人ユーチューバーでも、より見応えのあるストーリーへのニーズは高まることでしょう。

そんなストーリーを作りたい人におすすめの、人気小説家が書いた小説指南本が見つかりましたので、レビューします。

本記事の執筆は、ゲーム実況歴4年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2021年5月31日時点でのものです。ご注意ください。

ユーチューブ作家のニーズの高まり

YouTube案件

クラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシングでは、YouTube作家のニーズがつねにあります。「YouTube シナリオ」で検索しますと、つねに数百件ものお仕事依頼が見つかります。

ユーチューブでは、総再生時間がインプレッションや収益に大きく影響します。そういう点では、より見てもらえるストーリー作りが求められています。

ご注意:本書は、ユーチューバー向けに書かれた本ではありません。小説を書きたい人にむけて書かれた本です。ですが、自分のユーチューブ動画のストーリーを、より魅力的にしたい、本書はそんな方におすすめの本です。

小説の書き方を「具体的に」トレーニングしたい人におすすめの本です。

やっぱり王道がおもしろい カタを使った物語の生み出しカタ | わかつきひかる

やっぱり王道がおもしろい カタを使った物語の生み出しカタ
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

著者紹介~わかつきひかるさん

著者のわかつきひかるさんは、幻冬舎アウトロー大賞特別賞やナポレオン大賞受賞など多くの賞を受賞されているベテラン作家です。また、人気テレビ番組「世にも奇妙な物語」にも採用されたこともある人気作家です。

その実績は、すでに20年を超えるベテランで、主宰する小説教室からも、多くの新人作家が賞を受賞しています。

>>小説家わかつきひかるのブログ – 楽天ブログ
サイトで詳しく見る

そんな人気小説家の書く小説の書き方の本で、おすすめなのが本書です。本書の最大の特徴は、なんといってもわかりやすさと具体性です。小説教室を主宰していることからも、教え方がとてもうまく、そして実際のチュートリアルがとても緻密で、具体的です。

元教師のわたしも、その教え方と教材の取り上げ方は、ほんとうにお上手だと思いました。作品作りが上手でも、教え方がうまいとは限りません。しかし、ごくまれに、こうした両方の才能をもつ方がいらっしゃるのですよね、それがわかつきひかるさんです。

ですので、小説の書き方を「具体的に」学びたい、という人であれば、買って損はまずありません。おすすめします。

>>安っ!アマゾンで半額以下になっている食品タイムセール

セール特設ページを見る

「カタを使った物語の生み出しカタ」レビュー

換骨奪胎の技法をていねいに紹介

換骨奪胎

ユーチューブの企画やシナリオを考えようとしたとき、ネタに困ったことはありませんか? 本書での小説の書き方は、換骨奪胎という技法を中心に解説されていきます。辞書から「故人の詩文や表現や発想などを基にしながら、これに創意を加えて、自分独自の作品とすること」と紹介しつつも・・・、

換骨奪胎は、あなたの頭の中からお話を引っ張り出すテクニックです。

と背中を押してくれます。換骨奪胎は、単なるパクリではなく、物語の骨子やアイデアをベースにして自分の言葉で書こう、とするものだと教えてくれます。最初に1つ章立てて、パクリと換骨奪胎との違いを、具体的事例や図版を交えながら、解説してくれます。

換骨奪胎

また、小説の書き方の基本的な構成やテクニックなども紹介してくれ、そのうえで後半の実際の小説の書き方のトレーニングに入ります。

トレーニング編で実際にイメージできる

換骨奪胎

トレーニング編では、換骨奪胎のテクニックや著者が紹介するテンプレートをもちいて、実際の物語をベースに、いろいろな作品が創出される様子を紹介しています。

  • ロミオとジュリエット
  • ターミネーター
  • 曽根崎心中
  • 野菊の墓
  • ニセコイ(漫画)
  • 勧進帳
  • キングダム(漫画)
  • とある飛空士への追憶
  • 闘技場の戦姫
  • マクベス
  • 風と共に去りぬ
  • 影武者
  • 夢を与える
  • スピード(映画)
  • 特捜戦隊デカレンジャー

このように豊富な事例をもとに、さまざまな骨子の応用を紹介してくれます。そのなかでも、スピード、マクベス、勧進帳、ロミオとジュリエットの4作品を実際に、換骨奪胎した、作例を紹介しています。

これがほんとうにわかりやすい。

自分が実際に、その場で小説を書いているかのようです。そして、これなら書ける、と思えるのです。さすが、小説教室の講師をやれている先生だからこそと思います。

この痛快な流れを、ぜひ体験してみてください。

具体的なアドバイスの別書もおすすめ

文章を仕事にするなら、まずはポルノ小説を書きなさい | わかつきひかる, 森夜ユカ

文章を仕事にするなら、まずはポルノ小説を書きなさい
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

こちらはポルノ小説作家になろう、とありますが、内容は「職業」としての作家のなりかた本です。具体的に、どういう出版社に売り込むか、どういう賞を狙うのか、どれくらいのボリュームで、どういうテーマで書けば売れるのか、など作者の経験を、あますことなく具体的に紹介してくれています。

いろいろな、なろう本を読みましたが、ここまで具体的でわかりやすい内容ははじめてです。これも、著者が作家として20年以上も最前線で活躍されていればこそのものです。それを具体的にここまで書くか、と驚きとともに、さわやかな風につつまれます。

ポルノ小説というところがひっかかる人は、他にも小説家のしごと解説本は書かれていますので、それらを読まれるのもよいと思います。レビューなどを読みましても、「安定のわかつき先生」というように、多くのファンに愛されているレビューばかりで、著者の人柄のよさがうかがえます。

エンディングについても知りたくなる

小説家やシナリオを書きたい人にとって、買って損の本であることは間違いありません。小説を書いたことのない私は、ゆいいつ読みたかった内容があります。それがエンディングです。

小説やシナリオではエンディングをどうするかも重要なテーマです。本書を読みますと、エンディングは王道にしましょうというメッセージは読み取れるので、内容としては過不足ないです。

いっぽうでここまでよくできた内容なので、エンディングもバッドエンディングやこういう伏線のときには、こういう終わり方がセットみたいな定番、といったいろいろなパターンのエンディンも知りたくなってしまいました。

また、それについては、良書が出ることを期待します。ただ、それを差し引いても、本書は小説を書きたいという人に、具体的な指針やテクニックを教えてくれる稀有な存在である価値は変わりません。

小説家になりたいという人だけでなく、企画やシナリオを勉強したいユーチューバーにもおすすめです。

やっぱり王道がおもしろい カタを使った物語の生み出しカタ | わかつきひかる

やっぱり王道がおもしろい カタを使った物語の生み出しカタ
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

まとめ

  • 換骨奪胎は初心者が小説を書くときにとても便利
  • 小説をかくテクニックが具体的に学べる良書
  • わかつきさんのファンでなくとも読みやすく丁寧な解説

・・・と、こんな感じに、ブログを日々更新しています。もし記事がすこしでもお役立ちしましたら、投げ銭していただけますとモチベーションの維持になりますので、ぜひよろしくお願いします。

このブログに100円投げ銭する

「小説の書き方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑