*

GTM事例:WordPressの記事タグをGoogleアナリティクスで集計


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】在庫一掃セール開催中!
メンズ・レディースを見る

GoogleアナリティクスでWordPressのタグ集計
WordPressの記事のタグ集計をGoogleアナリティクスで行いました。Googleタグマネージャを使いますと簡単に出来ます。

こんにちは、GTM大好きカグア!です。

今回、WordPressの記事につけられるタグを、Googleタグマネージャを使って、Googleアナリティクスのイベントトラッキングで集計できましたので、ノウハウを共有します。コンテンツマーケティングやSEOにも役立てられるのかと思います。

関連記事
>>WordPress記事の複数タグをGoogleアナリティクスのeコマースで集計
>>WordPress記事のタグをGoogleアナリティクスで分析する方法
>>Googleアナリティクス「ページの価値」の意味と活用方法

WordPressのタグ集計とは

WordPressでは記事に、カテゴリーとは別にタグという付加情報を付けられます。
タグで分類

たとえば、素材カテゴリーにある「新着桜画像素材10選」という記事に、「桜」「植物」「素材」「ピンク」「花」といったようなタグを付け、ファインダビリティやUXを向上させる効果が期待できます。

Googleアナリティクスでタグを集計

Googleアナリティクスでは、データは1対1の形で格納されることが多い仕様となっています(図右)。
Googleアナリティクスのデータ構造

しかし、記事タグについては、記事にタグが複数付与されることが多いはずです。つまり、あるURLにアクセスしたら、複数の情報を送信しないといけないことになります。コンテンツグループの機能は1対1のデータ送信です。また、かつて試しましたeコマースもちょっと運用しづらいものでした(前述関連記事参照)。

そこで、今回、Googleアナリティクス公式コミュニティで山田さんが紹介されていましたイベントトラッキングによる手法を試みてみました。

山田さんに感謝です。ありがとうございます。

Googleタグマネージャで実装

WordPressのheader.phpに実装

WordPressのheader.php に以下のコードを実装します。場所は、GTMのコンテナタグの前です。後ろに入れる場合は、pushしてください。

<script>
<?php if(is_single()): ?>
<?php $posttags = get_the_tags();
if ($posttags) {
$count = 1;
echo "dataLayer = [{\n";
 foreach($posttags as $tag) { 
    echo "'tag".$count."': '".$tag->name."',\n"; 
    $count++;
 }
echo "'tagsuu': '".($count-1)."'\n"; 
echo "}];";
}
?>
<?php endif ?>
</script>

これを実装できますと、ヘッダー部分に、datalayer で、タグが何個あっても出力してくれます。
タグを出力
タグ数は別に無くても良いのですが、いちおう出すだけ出しておきました。

さて、次はそのdatalayer 変数をGoogleタグマネージャでキャッチしましょう。

GTMでdatalayer変数を設定

GTMで、「datalayer変数」を新規作成し、WordPressから出力される最大個数の変数の数だけ作ります。今回、私は5個としました。
データレイヤー変数

このあたりはまだ工夫の余地がありそうです。最大個数が何個でも対応できると良いですよね。

なお私はページタイトルを取得して、それをラベルに入れました。そのための変数はこちら。
あといちおうタイトルも取得

Googleアナリティクスのタグを設定

Googleアナリティクス(ユニバーサル アナリティクス)のタグを新規作成します。タイプは「イベントトラッキング」です。
ユニバーサルアナリティクス

前述しましたように、ポイントは「1対多」ですので、ページビューごとにイベント発生させます。そのため、最大タグ数だけイベントトラッキングタグを作成します。ここが「もともとGoogleアナリティクスは1対1のデータ送信」というところです。

1ページにつき1回のオプションを選んでおくことがポイントです。不必要なビーコン送信が減らせますので、Googleアナリティクスの1セッション中500ヒットまでという上限に配慮できます。

あと、ページタイトルの変数を作っていない場合は、{{Page Path}} など、もともとGTMで用意されている変数でも良いと思います。

トリガーの設定と条件式

トリガーのタグの最大個数分作成します。面倒ですが、1対多なので、1ページにつきタグの個数だけ発火させて、イベントを送信する必要があります。
トリガーの設定

トリガーとしては、「undefined」に完全一致しなければ送信する、とすればOK。そうしますと、空のdatalayer の場合は、発火しないように制御できます。

ちなみに、「indefined」というのは、JavaScriptで「何もない(何も定義されていない)」という意味で、ようはタグという変数が用意されていても、その中に何も入ってないよ(キャッチするために送信されてないよ)という場合には、発火しないようにするという使い方をしています。

なお、発火のタイミングは、DOM READY よりも遅い「ページの読み込み」にいちおうしています。ロストするようであれば、DOM Ready くらいにしても良いかと思います。

タグ集計のGTM実装のまとめ

まとめますと、以下のように整理できます。
WordPressとGTMの関係

WordPressで、タグを出力するdatalayerを書き、それをキャッチするdatalayer変数、その中身の有無で発火をコントロールできるトリガー、そしてGAタグをその個数分だけ、という感じです。

要領がわかれば実装はだいたい1時間、という感じです。

それでは、早速、コンテンツのタグ集計の事例をご紹介します。

コンテンツごとのタグ集計の事例

Googleアナリティクスで、行動>イベント>上位のイベント「イベントアクション」 を選びます。
バッチリ集計できてました

まあ本来はアクションではないのかもしれませんが、わたしはリアルタイムで見たい気持ちが強いので、アクションに入れちゃってます。ラベルには記事名を入れています。URLでもいいとは思いますが、タイトルのほうがすぐにわかるためそうしています。リスクとしては、Googleアナリティクスで送信するのはURLの形なので、もしかするとIEなどの場合、タイトルが長くと切れてしまう可能性がある、という点ですね。

以外なタグが上位に集計されていましたので、ちょっと発見でした。ただ、このあたりは運用で変わりますので、あくまで参考程度かなとは思います。

コンテンツSEOにも役立つかも

URLごとにも調べてみました。セカンダリディメンションで記事タイトルを表示させますと、異なる集計結果になります。
若干順位も変わる

複数の記事で利用されているタグ、アクセスの集中している記事のタグなど、違いが出そうですね。トラフィックの多いページで使われていて、かついろいろな記事で利用されている場合に上位に来るわけですね。

人気のあるタグを見つけて、WordPressの場合ですと、~/tag/タグ名 のURLを、SNSでつぶやくと拡散するかもしれませんね。集客のさまざま仮説検証に役立てられそうです。

このタグ違わなくね?に気づける

たとえば、記事が多いと、記事のタグ付けの適正に気づけない場合も場合もあるかもしれません。
とくにリアルタイムで気づける

そんなとき、リアルタイムでタグと記事を見られる本手法は、タグの適正化に役立つかもしれません。

集客と収益性のバランス

あとは、行動>イベント>上位のイベント「eコマース」 で見ると、ecサイトは興味深いかも。
このキーワードは収益性高い

たとえば、このタグは集客力はあるけれど、収益性は低いかもとか。そういうタグに関連するものは、たとえば合わせ買い商品として大幅値引きするとか。

さて、いかがだったでしょうか。

イベントに入れることのデメリットもあるかもしれませんが、タグ集計、面白いですねー。山田さん、ありがとうございます。

関連情報リンク

実践 Google タグマネージャ入門 増補版 | 畑岡 大作(アユダンテ株式会社)

実践 Google タグマネージャ入門 増補版 | 畑岡 大作(アユダンテ株式会社) |本 | 通販 | Amazon
Amazonで詳しく見る

山田さんのブログ。Qiitaもあります。
>>SEM Technology
>>1987yama3 – Qiita

QiitaのGoogleタグマネージャタグ。
>>GoogleTagManagerに関する36件の投稿 – Qiita

Googleアナリティクス公式コミュニティ。国内では、まだGoogleタグマネージャ単独のコミュニティはありません。
>>Googleアナリティクスのトピック – Google 広告主コミュニティ

記事のタグはget_the_tags() でokです。
>>WordPress 記事のタグ情報を取得する方法まとめ

まとめ

タグの運用はサイトによって異なるかと思います。素材集サイトですと、100個近いタグを入れているところもありますし、instagramでは最大30個です。

前述の方法ですと、おそらく10個くらいまでならいけると思いますので(要検証)、記事にタグは10個までつけること、などメディア運営に役立てていただければ幸いです。

お疲れ様です!

「タグ運用。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑