*

Tobii視線追跡アイトラッカーが便利!動画でレビュー

公開日: : 最終更新日:2018/09/29 サイト制作 , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

アイトラッカー
ウェブページのどのあたりをユーザーは見ているのか。それがわかる視線追跡・アイトラッカーを導入しました。

こんにちは、Webアナリストのカグア!です。ページ内分析ってGoogleアナリティクスでも難しいですよね。視線追跡はそんなページ内アナリティクスに示唆を与えてくれるデバイスです。

導入したのは「SteelSeries Sentry Gaming Eye Tracker 視線測定機 69041」。USBですぐに使えて、簡単そして、近未来的なデバイスでした。

関連記事
>>ソーシャルログインなんて必要ない
>>キャプチャしておいたAmazonのUI変更をまとめたよ
>>仮説を立てるのが上手な人の3つの共通点

SteelSeries Sentryとは

ゲーミングデバイス専門メーカー

Steel Series(スティールシリーズ)は、デンマークに本社のあるゲーミングデバイス専門の企業です。
>>SteelSeriesについて|SteelSeries|SteelSeries

ゲーミングキーボードやゲーミングマウスなど、世界中に多くのファンを持つ高品質なデバイスを作っています。

視線追跡デバイス・セントリー

今回レビューしますのは、もともとゲーマー向けに開発された視線追跡デバイス「SteelSeries Sentry Gaming Eye Tracker(以下セントリー)」です。

SteelSeries Sentry Gaming Eye Tracker 視線測定機 69041

SteelSeries Sentry Gaming Eye Tracker 視線測定機 69041
Amazonで詳しく見る

これをモニタの下に付けてゲームをプレイしますと、ユーザーの視線の動きを可視化してくれるというものです。凄腕のゲーマーが、ゲーム中にどこを見ているのかが分かります。上級者の視線を追跡することで、実力アップに役立てるというアイテムです。

アイトラッカーはTobii製

じつは、SteelSeries Sentryは、開発はSteelSeriesではなく、トビー・テクノロジー社です。
>>アイトラッカー製品一覧|トビー・テクノロジー

多くのアイトラッカーを開発し、世に送り出している信頼のメーカーです。さらに凄いのは、アイトラッキングシステムを組み込んだ、ゲーミングノートPCまでリリースされているから驚き。視線測定にかける熱い思いが伝わってきます。

MSI ゲーミングPC ノートパソコン GT72VR 6RE Dominator Pro Tobii GT72VR-6RE-019JP 17.3インチ

MSI ゲーミングPC ノートパソコン GT72VR 6RE Dominator Pro Tobii GT72VR-6RE-019JP 17.3インチ
Amazonで詳しく見る

こちらは、最新グラボである、GTX1070を搭載しVRレディながら、アイトラッキングまで出来てしまう最強ゲーミングノートPC。GTX1080モデルまで用意されているほどで、キーボードはもちろん、SteelSeries製。欲しい・・。

実際のアイトラッカーの画像

必須スペックは、Core™ i5 以上、Windows7以上、メモリ8GB以上、USB3.0必須。

センサーバーです。結構大きいですが、最大対応画面サイズは24インチまでとのこと。横32cm、重さ90gです。
CIMG8153

本体とUSB3.0ケーブルとディスプレイに着脱できる鉄板が付属します。普段は鉄板を両面テープで貼っておいて計測したいときだけ、センサーバーを付けるという使い方ができます。
CIMG8158

USBはマイクロではなくミニUSBタイプと、通常のUSB3.0。USB2.0では動作しないので注意。
CIMG8151

動作するとこんな感じ。13インチノートパソコンです。
CIMG8134

視線計測Tobiiアイトラッカーの使い方

ドライバのダウンロード

ドライバではなく、Steelseriesの統合ツールであるSteelSeries Engine 3 を組み込むと利用できるようになります。
>>SteelSeries Engine 3 software | SteelSeries
アイトラッカー0

公式サポートページから「SteelSeries Engine 3」をダウンロード。インストールもとくにわかりづらいところはなく、すぐに終わります。
アイトラッカー1

SteelSeries Engine 3 はタスクトレイに常駐します。
アイトラッカー2

アップデート&Tobii EyeX のインストール

SteelSeries Engine 3 を起動しますと、アップデートが要求されますので、指示にしたがってアップデートします。
アイトラッカー3

ここでもとくに引っかかることはありませんでした。アラートをクリックしますと、アイトラッカーを使うためのソフト EyeX をインストールしているようです。

アイトラッカー5

インストールが完了しますと、視線計測をできるアプリが常駐します。マウスですぐにオンオフを切り替えられます。
アイトラッカー6

「Gaze Trace」を選びますと視線を追跡しはじめます。アプリ関係なくデスクトップ上にその軌跡が表示されます。「Intro」を選びますと、後述の視線ビーム惑星撃破ゲーム(勝手に命名w)が遊べます。

ユーザーごとのキャリブレーション

ドライバーセットアップ後、USBを装填。センサーが3つ光ります。かっこいい。
CIMG8134

センサーが眼球を認識しはじめます。最適な位置になるように、自分、もしくはセンサーバーを移動させます。「Press a key to continue」と表示されるまで調整しましょう。
CIMG8135

何かキーを押してキャリブレーションを開始します。この画面以降、画面にピンク色のドットが破裂していきますので、破裂するものを視線だけで追っていってください。
CIMG8131

ポイントは、首や顔は動かさず眼球だけで追跡します。ですので、どうしても白目と黒目がはっきりしている人のほうが認識はしやすいです。目が細かったり、小さかったり、黒目が大きかったりしますと、認識されにくいようです。
CIMG8143

最後に、裸眼なのかコンタクトなのかメガネなのかを選び、プロファイル名をつければ保存できます。これで、視線追跡をするときにも最適なキャリブレーションで計測ができます。
CIMG8137

その後、EyeXを起動させますと、ユーザーごとのプロファイルで計測できるようになります。切り替えもメニュー内からできますので便利です。
アイトラッカー14

実際のアイトラッキングの動画レビュー

惑星爆破ゲームを視線で操作する

アイトラッカーをつかった惑星撃破ゲームのプレイ動画です。

EyeXにもともと入っています「Intro」を起動しますと、惑星撃破ゲームが起動します。なんと、視線を左右に動かすだけで、画面が左右にスワイプされます。
アイトラッカー11

惑星に視線を合わせ続けます。するとビームが発射され、惑星が撃破できます。
アイトラッカー12

ゲームを終了させるときは、視線を右に移動しつづけ「EXIT」を表示。そのまま「EXIT」を凝視しますと、数秒後にアプリが終了します。
アイトラッカー13

なんとも近未来的なインターフェースで、ちょっと感動します。小学生の子供も、ハマってました。マウスには一切触れていません。凄い。
CIMG8147

ページ閲覧中の視線の動きを計測する

実際にウェブサイトを見ているときの様子を、視線追跡してみましたが、良い感じです。ページ上でアメーバ状にウニョウニョ動いているのがリアルタイムの視線の動きです。

わたしのナレーションがタドタドしいですが、慣れてくればちょっとしたモニタリングというか簡易ユーザーテストにも使えるのかもしれません。

なお、この視線追跡動画ですが、当ブログでもおなじみのAverMEDIAのキャプチャデバイスを使っています。

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875 | AVERMEDIA | 外付TVチューナー

AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875 ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C87
Amazonで詳しく見る

キャプチャデバイス、マイク、マイクアンプ、ポップブロッカーなど一連の録画アイテムはまとめてこちら。
>>カグア!おすすめの録画アイテム群はこちら。
Amazonでまとめて見る

Sentry Game Analyzerで分析できるかも

本記事では扱わなかったのですが、Tobiiには「Sentry Game Analyzer」という分析ツールもあるようです。SteelSeries Engine 3 からインストールすることで、視線の動きを集計・可視化してくれる補助ツールのようです。
>>プレイヤーの目の動きを可視化できる「Sentry」レビュー。「視線追跡デバイス」はゲーマーに何をもたらすのか – 4Gamer.net

いつかこちらも試してみたいですね。

興味をもたれた人は、YouTubeでもたくさん動画がアップされていますので、検索されると良いかと思います。いやほんと楽しい。
>>tobii eyex – YouTube

関連情報リンク

Tobii EyeX 関連ニュース

海外の公式通販サイト。今まさにセール中だそうです。
>>Sentry Eye Tracker|SteelSeries

マウスコンピュータのゲーミングブランドG-Tuneでも特設ブースでプロモーションしたことも。
>>アイトラッキングシステム Tobii EyeX(トビーアイエックス)|G-Tune -ハイエンド ゲームPC ブランド-

デル・コンピュータのエイリアンウェアでも、Tobii EyeX オプションモデルが出るそうです。
>>Dell、筐体を刷新したGeForce GTX 10シリーズ搭載ゲーミングノート – PC Watch

Acerも、なんとノートパソコンで曲面ディスプレイのゲーミングPCに、Tobii EyeXオプションがあるそうです。
>>Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC | マイナビニュース

自動車の運転などでも利用が進む、Tobii Eye Tracking Pro。
>>視線丸裸、アイトラッキング Tobii Pro グラス2 体験動画。アサシン クリード目で操作可 – Engadget Japanese

有名ゲームでも、アイトラッキングを入力デバイスとしてキャッチアップ。
>>[GDC 2016]「ディビジョン」はなぜアイトラッキングシステムに対応したのか。さまざまな利点が語られたレクチャーの模様をレポート – 4Gamer.net

F1レーサーのアイトラッキングは超絶神業眼球運動です。
>>F1レーサーの視線の動きをアイトラッキングカメラで調べるとその超人ぶりがよく分かる – GIGAZINE

アイトラッキングとVRはとても相性が良いです。
>>【インタビュー】台湾MSIの次の一手は“アイトラッキング”と“VR ReadyのリビングPC” – GAME Watch

トビー・テクノロジーのプレゼン。
>>視線の動きが物語る“消費者の本音”–トビー・テクノロジーのアイトラッキング – CNET Japan

もともとはゲームコントローラーとして開発してたとのこと。
>>Tobiiのアイトラッキングで実際ゲームをプレイしてみた(動画あり)|ギズモード・ジャパン

Tobii EyeX 対応のゲーム

公式サイトで紹介されていますフリーのゾンビシューティングゲームです。ページ下部のメルマガ登録で無料ダウンロードできます。視線追尾して見ている方向が少し変えられます。
>>Play Dead Motion with your eyes

こちらもゾンビシューティングですが、こちらは視線でゾンビに照準を合わせられます。そこでスペースキーで打ちます。無料。
>>DEAD EYE LAND | Global Game Jam®

こちらは音ゲー。こちらも無料。
>>DEAD EYE LAND | Global Game Jam®

こちらは有料ゲーム。アステロイドを破壊します。
>>Tobii and the game Eye Astroids

まとめ

SteelSeries のアイトラッキングデバイスですが、とても応用範囲の広く可能性のあるデバイスであることがわかりました。

次世代ヒューマンインタフェース開発最前線 : 椎尾一郎(お茶の水女子大)ほか:本

次世代ヒューマンインタフェース開発最前線
Amazonで詳しく見る

集計や分析においてどうしても定量的に扱えないなど、課題はありますが、それでも視線計測が新しいアプローチであることを、実感できるデバイスでした。

アイトラッキングはもっと身近になる技術なのだと感じました。おすすめですよ。

SteelSeries Sentry Gaming Eye Tracker 視線測定機 69041

SteelSeries Sentry Gaming Eye Tracker 視線測定機 69041
Amazonで詳しく見る

「視線が熱い。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑