*

【画像】WordBench東京でライトニングトークしたきたら覚醒した


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

CIMG7336
WordPress、便利ですよね。WordPress好きが集まるイベント、WordBench Tokyo でプレゼンをしてきました!

こんにちは、WordPress大好きカグア!です。WordPressのイベントではたいていライトニングトークと言って、そのときのテーマに即していれば誰でも発表できる機会が与えられています。

普段WordPressで使っている機能などをプレゼン(ライトニングトーク)してきましたので、ご紹介します。

>>人気の「WordPress」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

関連記事
>>METAタグKEYWORDS について今更だけど調べてみた
>>WordPressのAMPプラグインが更新!秒速でAMP化
>>WordPress記事の複数タグをGoogleアナリティクスのeコマースで集計

WordBench東京とは

WordBench(ワードベンチ)は、WordPressのコミュニティです。日本各地に地域のコミュニティがあり、その1つがWordBench東京です。
>>WordBench

有志のメンバーが、毎回テーマを決めて勉強会やイベントを開催しています。WordBench東京では、かつてREST API についての会も行われました。

今回わたしがライトニングトークをした会はこちら。なんでも気軽に話せる、ということで普段のブログライティングについて解説してきました。
>>WordBench東京7月勉強会「WordPress について話そう」 – WordBench東京 | Doorkeeper

ライトニングトークで使った資料

プレゼンした内容は、だいたいこんな感じ。プレゼンをするときには、だいたいスライド1枚30秒くらいに考えて作ると、私の口調ですとだいたい時間内に収まります。

  1. 自己紹介
  2. 助かっていること1~タイトル関連
  3. 助かっていること2~ソーシャル関連
  4. 困っていること
  5. おすすめプラグイン3本

プレゼン中に覚醒しました

CIMG7339

冒頭で「WordPressに助かっています!」という下りのところで、ジャケットを脱ぎ(ここで歓声が上がる)、超サイヤ人の被り物を取り出します。

覚醒しました。

WordPressを使うと、こんなにブログライティングが捗るよ!ということを全身でアピールした、というメッセージです。ライトニングトークで伝えられることは、何もスライドやトークだけじゃないのですよね。

ノンバーバル(非言語)な伝達方法
も知っていますと、プレゼンの幅が広がって役立ちますのでおすすめですよ。

>>人気の「プレゼン」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

TEDトーク 世界最高のプレゼン術 : ジェレミー・ドノバン, 中西 真雄美

TEDトーク 世界最高のプレゼン術 : ジェレミー・ドノバン, 中西 真雄美 : 本 : Amazon
Amazonで詳しく見る

おすすめプラグイン

ライトニングトーク中に紹介したWordPressおすすめプラグインはこちらです。

AddQuicktag

記事投稿画面のエディターに自分独自のボタンを追加できる。テンプレートを入れて役立ててます。
>>AddQuicktag — WordPress Plugins

Speech Bubble

LINE画面風の吹き出しを簡単に作れます。記事をソフトにするのに重宝しています。
>>Speech Bubble — WordPress Plugins

wp-flickr-press

このプラグインを使いますと、画像挿入で必要な6クリックが3クリックにまで減らせます。
>>wp-flickr-press — WordPress Plugins

ライトニングトークのコツ

今回、ライトニングトークに向けて、いろいろと仕込みました。まあ、コツというよりは、わたしが心がけていることなのですが、共感できるところがありましたら幸いです。

プレゼンをされる全ての人におすすめなスピーカーズバイブルは、CSS Niteさんで公開されています。ぜひご一読ください。
>>出演される方へ – CSS Nite

ざっくりと言いますと、プレゼン空間全体、内容、聞いた後のことを考える、という感じです。

  • プレゼンを全体で考える
  • プレゼンの内容に注意する
  • プレゼン後の視聴感に配慮する

絵作りをする

かつてCSS Niteでベストキャラクター賞を頂きました。来ている人たちを楽しませたい!オンラインのウェビナーなどもある昨今において、わざわざ足を運んでくださっている方に、少しでも楽しんでもらいたいという気持ちがあります。
>>CSS Niteベスト・セッション2013

今回、ライトニングトークに向けて購入したアイテムはこちら。どちらも、関連商品の中では安価で、誰もが知っているキャラクター、ということで選びました。おすすめ。

(ドラゴンボールゼット)DRAGON BALL Z ドラゴンボールZなりきりTシャツ 孫悟空 | Tシャツ・カットソー 通販

ドラゴンボール
Amazonで詳しく見る

スーパー戦士キャップ 【パーティーグッズ】 | コスプレ・仮装 通販

超サイヤ人
Amazonで詳しく見る

今やイベントレポートはSNSなどでの拡散において定番となりました。そんなとき、やはり「絵」を気にするというのは、アリかと。

時間オーバーしない

プレゼンは時間との戦いです。大きな会場であれば、しっかりとタイムキーパーがいて、進行を進めてくれます。それでも、もともとの原稿で時間内に収まるものを作ることが重要です。わたしが気をつけていることは以下です。

  • 1枚だいたい30秒くらい
  • 文字は大きく、スライドの下の方には書かない(書くくらいならばスライドを分ける)
  • スライドの端で切れることも恐れず大胆にレイアウト
  • 聴き手が聴きたいことを入れる
  • 事例、お役立ち情報、グラフ、キャッチフレーズ、ビフォーアフターなど定番テンプレは必ず入れる
  • ユーモアを忘れない

そもそも、スライド1枚の中に情報量をたくさん入れたら、それだけで聴き手は解釈するのに時間がかかります。1スライド1キャッチコピー1図くらいで丁度良いと思います。ですから、グラフの場合はシンプルに出来ない場合は1枚1分くらいでは考えます。グラフは結構トークに時間かかるので、気をつけないとです。

いずれにせよ、スライドをカンペにしないです。スライドはあくまで、トークの補助的素材。テレビ番組の字幕やカットインする図、くらいの要領で作るようにして、わかりやすさや伝わりやすさに気をつけています。

ユーモアはまあ、滑るときのほうが多いのですけどねw。

ハッピーエンドで終わる

Marie B&W
Photo:license by 127229679@N05

なんか抽象的で申し訳ないのですが、必ず最後にこうなるように、時間配分や内容に気をつけています。まとめ、といってもいいかもしれません。物語ですと、たとえばエピローグにあたります。物語の結末のその後、みたいな。

エピローグを聴くと、なんだか安心感がありますよね。あー、その結果こうなったんだ、みたいな。まあ、なんでもかんでもハッピーエンドが良いわけではないとは思いますが、プレゼンでも、最後にちゃんとそういうまとめをすると、まとまりが出るのですよね。で、わたしはそれがなるべく夢や希望があるように終わりたい、みたいな。

プレゼンでハッピーエンドに。心構え的なことなのですけど、最後のセクションなので、なるべく時間がおさないように気をつけています。

懇親会が楽しい

CIMG7342

WordPressに限ったことではないですが、やっぱりイベント後の懇親会が楽しいんですよね。リラックスして気兼ねない意見交換をするというか。

WordBench東京でも、イベント後の懇親会が必ずあります。懇親会でしか聴けない情報とかがほんと貴重なんですよね。WordPressを使うときに気をつける、ちょっとした考え方とか塩梅というか、気付きがたいていありますね。

WordPressに関わる皆さんは、ぜひ来られてみてはいかがでしょうか。おすすめですよ。
>>WordBench東京 | Doorkeeper

関連情報リンク

WordPressの生みの親であるオートマティック社の方も来られます。
>>WordPressの生みの親マット・マレンウェッグ氏インタビュー – INTERNET Watch Watch

AmazonのAWSのコミュニティであるJAWSもほんと盛んですよね。
>>ASCII.jp:地方勉強会の成功パターンを考え続けるJAWS-UG大分の平野さん|日本のITを変える「AWS侍」に聞く

コワーキングスペースでの開催もよく見かけますよね。
>>神戸・元町にシェアオフィス-アートやデザイン・ITなどのクリエーティブな拠点に – 神戸経済新聞

あのLIGも登壇している!
>>「WordBench東京」でライトニングトークしてきました。 | 株式会社LIG

まとめ

WordPressは、コミュニティもその魅力の1つだと思います。ここまで充実したコミュニティを持つ=愛されているプロダクトも貴重な存在だと思います。

いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第2版 WordPress 4.x対応 eBook: 石川栄和, 大串 肇, 星野 邦敏

いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第2版 WordPress 4.x対応 eBook: 石川栄和, 大串 肇, 星野 邦敏: 本
Amazonで詳しく見る

>>人気の「WordPress: 本」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

WordPressはGPLライセンスで誰もが気軽に使えるぶん、いろいろな使い方が存在します。全国各地で定期的に開催していますので、ポケモンGOでポケモンを探すように、WordPressの未知の使い方も探しに来ませんか。そして、あなたも登壇者になれて刺激をもらえます。ほんとおすすめですよ。

>>WordBench東京 | Doorkeeper
>>WordPressセミナー、勉強会、イベント情報 | Doorkeeper

「WordBench!」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑