*

METAタグKEYWORDS について今更だけど調べてみた

公開日: : 最終更新日:2016/06/25 データ , , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

metakeywords

かなり以前のSEOでは、METAタグキーワードの個数はいくつがいいの?など、その効果などいろいろな都市伝説が囁かれてましたよね。2016年の現在ではGoogleが認識しないメタタグとして公式情報として掲載されています。

こんにちは、SEO大好きカグア!です。

なんだか急にmetaタグキーワードが調べたくなったので、調べちゃいました。せっかくなので共有をします。

あと、Googleタグマネージャのコードも。

関連記事
>>2015年、SEO対策で気をつけているコンテンツ作りのポイントは更新
>>今日、検索順位上がってた
>>WordPressのAMPプラグインが更新!秒速でAMP化

META KEYWORDS とは

Meta and title tags in HTML code
Photo:license by 128629824@N06

HTML文書のヘッダ内で、METAタグとよばれる文書情報を定義するタグです。ページ上にはとくに表示はされず、メタ情報を記述する欄です。

METAタグKEYWORDSの書き方

<meta name=”keywords” content=”ブログ,集客,書き方”>

ヘッダ内に、たとえば上記のように記述して、このページには、ブログの書き方や集客の方法が書いてあるよー、と意味付けをする役目を担っていました。

ちかい使い方に、NAME=”description” という記述もあり、こちらは、content 欄に、ページ概要文を書く、という使い方が一般的です。

いずれも、文書のメタ情報という点では、HTMLが世の中に登場してきた頃から親しまれてきたタグです。

Googleのサービスには存在せず

Reese is Sad
Photo:license by donnieray

しかし、現在のホームページでは、META KYEWORDS そして、DESCRIPTIONまでないものが多い、というのが現状のようです。

>>Google
>>Google ニュース
>>Google ウェブマスター向け公式ブログ
>>Google マイビジネス

ヤフーはDESCRIPTIONはあり。
>>Yahoo! JAPAN

WIKIPEDIAも無し。トップページはデスクリプションも無し。
>>Wikipedia

Amazon、あった!<meta name=”keywords” content=”Amazon,アマゾン,通販,インターネットショッピング”/>
>>Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

WordPressは、DESCRIPTIONもなしですかー。
>>日本語 — WordPress

いやあ、META情報って、もはやOGPを入れてればOK、みたいな感じが多いんですかねえ。デスクリプションも無いところが結構あるとは。まあ、ほんとコンテンツですものね。

記述しなくなった背景

20120115-NodeXL-Twitter- Romney network graph
Photo:license by marc_smith

かつて、検索エンジンスパムとして、とにかく上位表示させたいキーワードを羅列しまくると手法が流行った、というのをどこかの記事で見ました。

現在では、公式にもGoogleやヤフーはMETAタグキーワードを見ていないとされています。Bingに至っては、こちらの記事によりますと、多く記述しているとスパム判定までするとのこと。
>>meta keywordsについての定型文 – Qiita

ですから、SEOを意識される方は、Googleが公式に認識しているメタタグを実装することが多いのかと思います。
>>Google がサポートしているメタタグ – Search Console ヘルプ

なぜそもそも気になったのか

An Enigma machine
Photo:license by londonmatt

いや、じつは、ページを解析上いろいろとグルーピングしたいなーと思った時に、今はCMSなどでタグ付けが多いですよね。

でも、そういや、もともとキーワード指定ってあったじゃん、今はどうなってるのかなと単純に思ったのがきっかけです。SEO上は無視されるとは聞いていたのですが、実際にはどうなのかなと。

かつて、タグをグルーピングに使えないかなと、試行錯誤してました。
>>WordPress記事のタグをGoogleアナリティクスで分析する方法
>>WordPress記事の複数タグをGoogleアナリティクスのeコマースで集計

結局、今も、コンテンツグループとURLによるグルーピングと、カテゴリーによるグルーピングくらいで、留まっています。で、今回もMETAタグキーワードは、ちょっと分析にも使えないなー、ということで、いったんここまでとします。

まあ今後も、コンテンツマーケティングの効果測定をうまく出来ないかな、といろいろと実験していこうと思います。

GTMでMETA情報を取得する変数

じつは、Googleタグマネージャの変数・カスタムJavaScriptを使って、METAタグKEYWORDSから、キーワードを取得するのには成功していました。

せっかくなのでコードを公開しますね。というか、ほぼこちらのコードをお借りしてます。ありがとうございます。
>>HTMLソースの meta keyword/description を表示 – jsdo.it – Share JavaScript, HTML5 and CSS

function(){
  var Meta = {
  _metas: null,
  _keywords: null,
  _description: null,
  init: function() {
    this._metas = eval(document.getElementsByTagName("meta"));
    for (var i=0; i < this._metas.length; i++) {
      if (this._metas[i].name.match(/keywords/i)) {
        this._keywords = this._metas[i].content;
      } else if (this._metas[i].name.match(/description/i)) {
        this._description = this._metas[i].content;
      }
    }
  },
  getKeywords: function() {
    return this._keywords;
  },
  getDescription: function() {
    return this._description;
  }
};  
Meta.init();
var c = Meta.getKeywords();  
return c;
}

でも、Googleタグマネージャは、ページ内のいろいろな情報を、ほんと簡単に習得できるので、トリガーやら変数やらにいろいろ使えて、ほんと便利ですね。

カスタムディメンション20個を、いろいろ試しすぎて使い切ってしまって、どうしようwという感じ。

WordPressでタグをDatalayerに出力するPHP

結局、スパム判定はいやだなー、Googleも実際にコードに書いてないしなー、ということで、Googleタグマネージャには、Dataleyerでキーワードを列挙して渡して、Googleアナリティクスのタグにキャッチさせました。

GTM側では、データレイヤー変数を「metakeywords」という名前にしてもらって、キャッチします。

<script>
dataLayer=[{
<?php if ( is_single() ) { ?>
'metakeywords': '<?php $posttags=get_the_tags();if($posttags){foreach($posttags as $tag){echo $tag->name.',';}} ?>'
<?php } else { ?>
'metakeywords': 'カグア!,Googleアナリティクス,アクセス解析,Webマーケティング,ビジネス戦略,仕事,'
<? } ?>
}];
</script>

ほとんど、こちらのコードの参考です。ありがとうございます。
>>テンプレートタグ/get the tags – WordPress Codex 日本語版

カンマが最後に1つついちゃうので、全然スマートじゃありませんね。ま、そこはご愛嬌ということで。

追記:CSSセレクタで取得できる

トップコントリビューターの山田さんが教えてくれました。

  • DOM要素
  • CSSセレクタ
  • meta[name="keywords"]
  • content

普通に上記のようなDOM要素の変数で取れました。こちらのほうが簡単ですね。ほんとCSSセレクタ、便利ですよね。山田さん、ありがとうございます!

関連情報リンク

廃止されてる、というわけではない。
>>HTML/jp/Elements/meta – W3C Wiki

スパムっていう苦い歴史がありましたねえ。
>>4.2 文書メタデータ — HTML5 日本語訳

情報を適切に整理する、という背景があるわけで。ちなみにwikiにはメタタグキーワードは入ってない。
>>情報検索 – Wikipedia

グーグル公式情報。「サイトにとって重要な場合は上記以外のメタタグも使用できます」とのこと。ふーむ。
>>Google がサポートしているメタタグ – Search Console ヘルプ

こちらもグーグル公式。あらためてデスクリプションが重要なんだなーと理解。
>>ページのタイトルとスニペットを検証する – Search Console ヘルプ

カスタムフィールドを使って、METAキーワード関連を入れる。
>>初心者でもプラグインを使わずにtitle,meta keyword,descriptionを投稿ごとに変える[WordPress使えそうなスニペットシリーズ] – マイペースクリエイターの覚え書き

たしかに、まったくの新出のキーワードだと、METAも含めて、いろいろな情報から理解しようとするのは理解できます。
>>SEO上メタキーワードは記述するべき?

フィードには <news:keywords> なんてのもあるのね。
>>Creating a Google News Sitemap – News Help

Yahoo!の形態素解析APIを使って、記事からキーワードを取り出す。
>>タグを自動でつけてくれるwordpress プラグイン

キーワードといえば、Googleトレンド。
>>Google トレンド

無料のテキストマイニングツール。
>>テキストマイニング 無料ツール by ユーザーローカル

正規表現はこちらでお世話になりました。
>>正規表現サンプル(半角文字を検索する)

RUBYやってみたくなった。
>>テキストマイニングの流れとその準備 – Qiita

まとめ

トラディションの技術も、こうやってたまに棚卸ししないと、ほんと置いてかれちゃいますね(照)。気をつけないと。

10年つかえるSEOの基本 : 土居 健太郎

10年つかえるSEOの基本 : 土居 健太郎 : 本 : Amazon
Amazonで詳しく見る

>>人気の「seo:本」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

でも、こういうのって、ほんと一人の力では限界があるので、自分も得意分野の情報発信しつつ、いろいろな人や機会を大事にして日々精進しないとなーと思いを強くしました。

みなさんは、日々どんな研鑽をされてますか?良い本や良い機会があったらぜひお教えください。

「メータタグ!メータタグ!」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人として出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑