これはかんたん!VTuberをつかって字幕つきでYouTubeライブ配信をOBSでする方法と設定。準備するのはたった7つで大丈夫。

公開日: : 最終更新日:2021/09/14 YouTube , , , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

字幕付きVTuber

VTuberになって字幕付きで、OBSをつかってYouTubeライブ配信する方法を解説します。準備がととのってしまえば、とても簡単にVTuberとしてゲーム実況やトークライブができます。

字幕つきVTuberライブ配信アプリは無料で試せる

OBSで簡単VTuber

完成図としては上図のような感じです。字幕を自動的につけて、VTuberを自分の動きと連動させて、ゲーム画面とコメント画面を表示して、とにかく画面がつねににぎやかになるようにしています。

たったこれだけで、腕もうごかせるVTuberになって、ゲーム実況をライブ配信できます。もしくは、最低限であれば、ウェブカメラとPCとOBSとVTuberアプリだけで大丈夫です。※ウェブカメラにマイクが内蔵されている機種の場合

PCはいちおうゲーミングPCとよばれる、グラフィックボードを積んだPCがよいでしょう。ウェブカメラやマイクは安いものでも大丈夫です。

こんなかんじに、字幕を自動でつけて、VTuberになってゲーム実況をYouTubeでライブ配信することができます。個人やお試しであれば、アプリは無料で使えるものばかりです。

USBフットペダルを使いますと、コントローラーをもったまま、VTuberの表情を変えるなどできます(下図の左へ移動した動きはフットペダルで操作しました)。※3teneの場合

VTuberの表情をフットペダルで変える

OBSでは、字幕ウィンドウと、VTuberアプリの画面、ゲームキャプチャ画面を重ねて配置すればOKです。TikTokの縦長画面に配信するには、たとえば以下のような配置に合成してTikTok公式の配信設定でOBSを操作すればOKです。

OBSの画面

もう少し拡大したほうがいいかなぁと思ったのですが、ライフゲージなど、小さくとも画面のすべてを見たいという人がけっこういて、この配置に落ちつきました。

他のTikTokライブ配信では、縦長でゲーム実況してて、VTuberのいる画面はないので、差別化はできるかなぁと思います。

1時間配信しただけでもこれだけ集客できる

やはりライブ配信のいいところは、フォロワーさん以外に、すぐにリーチできること。

TikTokライブ

なんの予告もなしに立ち上げたライブですが、79%もの人がフォロワー以外です。1時間のリーチで455で、同時接続8人という反応です。

ファンがいるわけでもなく、定期的に配信しているわけでもなく、さくっと立ち上げただけですけど、こうして見てもらえるのは、やっぱりTikTokライブすごい、と言わざるを得ませんね。

ライブは、セクション別動画視聴数(トラフィック元)が表示されないのでわからないのですが、おすすめやライブのスクロールに出た時、いきなりVTuberがいたらちょっとひと目をひけているのかと思います。

ただ、新規のフォロワーが増えるかどうかは、チャンネルとの相性や内容がニーズにあっているか、というところが影響します。わたしの場合は、普段クリエイティブをやっているところ、ライブ配信はバトルでしたので、登録者は1人しか増えませんでした。

フォロワー獲得のためにVTuberをつかってライブをするときには、アプリとはまた別なところで工夫をしましょう。

VTuberアプリはいくつもあってこだわれる

今回わたしがつかったアプリは最初は、3teneというアプリです。VTuber制作アプリのVRoidと連携ができ、無料から使えますので、とても気軽につかえます。

たとえば、こちらはLuppetというアプリです。LEAPMOTIONでの手の動きに定評があり、こちらもとても人気です。体験版でためしたら、有料版を買うというのが一般的なながれです。

Luppet

ほかには、Live2DやFaceRigなど、2Dアバター(2Dモデルから3D表現にする)を操作できるアプリもあり、さまざまな種類があります。

Live2Dの教科書 静止画イラストからつくる本格アニメーション | 株式会社サイドランチ, Crico株式会社 癸のずみ, 株式会社Live2D

Live2Dの教科書 静止画イラストからつくる本格アニメーション
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

いずれのVTuber操作アプリも、前述のようにグリーンバックの前で動かし、OBSでクロマキー(背景抜き)をして、合成してライブ配信する、という流れになります。

VTuberの流れ

ですから、基本的には上図のような流れになっていれば、それぞれの工程でどのアプリや環境を用意するかは、いろいろな選択肢がある、ということですね。

VTuberの可能性や市場はこれからも広がっていく

>>VTuber ランキング – ユーザーローカル

ランキングVTuber

ユーザーローカルという企業が、VTuberランキングを公開しています。ここでいろいろなVTuberを見ることができます。

そして、それぞれのライブや動画配信を見ていますと、ほんとうにいろいろな表現があることに気付かされます。

ほとんど動かないもの、髪の毛の動きなどとてもリアルなもの、人間以外のものなど、アバターもさまざまです。また、コメント欄を併記するか、ゲーム画面を最大まで拡大するかしないか、など画面構成もほんとうにいろいろです。

前述のように、システムや技術は成熟してきており、おおくの配信技術が混在します。しかし、最終的にはクリエイターエコノミーとしてどこにこだわるのかを忘れないようにしませんと、リスナーと乖離していしまいます。

いっぽうで、顔出しをしなくてよく、合成音声での利用など技術的進化も多いといった特性など、メリットも多く存在します。じっさい、VTuberでニュース検索してみますと、多くのニュースがヒットするくらいにビジネスに浸透してきています。

VTuber市場は今後も成長が見込まれ注目度もあがることでしょう。

ぜひ、みなさんもVTuberでライブ配信をしてみてはいかがでしょうか。

バーチャルYouTuberはじめてみる | スタジオ・ハードデラックス

バーチャルYouTuberはじめてみる
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑