最新フォートナイトのクリサポ振り込み設定のやり方2020年版

公開日: : 最終更新日:2020/05/04 フォートナイト , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


クリサポ収益 振り込み設定

フォートナイトのクリエイターサポートの振り込みが無事になされました。今回は、EPICが支払い方法を変更してきたので、戸惑っているみなさんも多いのではないでしょうか。

私も、実際いくつかのトラップを体験しましたので、振り込み方法を共有したいと思います。EPIC自体がペイメントシステムを構築してきたので、今後はまあ変わることはないとは思いますけども。

本記事の執筆は、フォートナイト歴3年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年4月28日時点でのものです。ご注意ください。

クリサポの振り込みがされると

2020年4月版のクリサポの振り込みを無事に確認できました。わたしは、支払先をペイパルにしていますので、いったんペイパルに入金。
ペイパルに振り込み

ペイパルの管理画面から、登録した銀行口座に自分で振り込みをして、無事に入金を確認しました。よかったー。
クリサポ振り込み

フォートナイトのクリエイターサポートは、管理画面に入りますと情報開示しちゃダメとか、自己登録はダメとか、比較的厳しめの規約なのですが、「やったー振り込まれた」くらいは良いと、サポートのかたに確認はとっていますので、ご安心ください。

それでは、フォートナイトのクリサポで、振り込まれるまでの流れを解説します。

クリサポ収益の申請方法

以下にわたしがクリサポ収益が振り込まれるまでの体験を記します。公式情報ではありませんので、あくまで自己責任でよろしくお願い致します。

ちなみに仮に収益振り込みの申請がとおっても、公式によりますと「支払いは月末から45日後を予定しています。例えば、2月の支払いは4月15日」とありますので、焦らず待ちましょう。

クリサポ収益の新振り込み方法

これまでは、たんにペイパルを設定すれば良かったのですが、これからは米国企業からの振り込みの一般的な方法になった印象です。

ネットには参考情報はさすがにまだありません。ただ、米国での納税者番号取得など、手続きが似ているのはアマゾンの電子書籍販売です。Googleで「Kindle W-8BEN」などと検索しますと、似たような手続き方法が出てきます。参考にすると良いでしょう。

Amazonの電子書籍、Kindle(キンドル)でも、米国からの支払いが発生するため、似たような手続きをふむからです。

さて、今回変更がありましたフォートナイトのクリサポの収益申請の主な流れは以下です。かなり手順が増えましたので、注意してください。

  1. W-8BENの申請(米国納税者番号)
  2. HyperWalletの設定(EPICペイメント)
  3. PeyPalでの設定(ペイパルの場合)

銀行振込にも対応してるっぽいのですが、わたしは失敗しました。ですので、その失敗の共有もしますが、基本的にはペイパルで説明していきます。

納税者番号 W-8BENを申請する

なお、こうした手続が不安な人は、動画キャプチャできるのであれば、キャプチャして控えとしておくと良いと思います。

W-8BENとはアメリカでの税金免除のための手続き

W-8BENというのは、アメリカで源泉徴収(働いた分の納める税金をあらかじめ引いて支払いを受けること)を免除してもらうことです。その申請がW-8BENです。
W-8BEN

>>米国からロイヤルティーを受け取る場合の源泉税課税 | 貿易・投資相談Q&A – 国・地域別に見る – ジェトロ
サイトで詳しく見る

かつては、米国納税者番号(ITIN/EIN)が別途必要になっていましたが、今回は必要ありません。EPICではなくKindleのときに私は米国納税者番号(ITIN/EIN)もとりましたが、これが結構たいへんなんですよね。米国の税務局と直接FAXでやりとりしました。クリサポで米国納税者番号(ITIN/EIN)は必要ありません。

ただし日本で納税する必要があることに注意

なお、未成年など親の扶養(経済的自立前)にはいっている人は、親の納税にもかかわってきます。クリサポでいくら稼いでいるかなど、かならず事前に相談してください。
親の扶養

社会人である場合は、クリサポの収益に所得税などがかかります。社会人は確定申告を自分で行うなど、手続きを自分ですることになります。米国で税金が免除されたというだけで、日本では納める義務が発生します。

EPICからのメールでW-8BENの手続きをはじめる

クリサポの振り込み準備がととのうと、EPICから以下のようなメールが来るはずです。
EPICからのクリサポメール

それにしたがって、クリサポの管理画面に進みます。すると、新しく税務プロフィールを作成せよ、と表示されますので、それにしたがって収益振り込みの申請をします。

まず次のような画面では、たいていは個人でしょうから一番上を選びます。※わたしは個人事業主として仕事で行っていますので、2番目です。
W-8BEN設定

つづいて規約を読み、個人情報を入力します。さらに、電子署名の手続きに同意します。このあたりは画面通り進めていけばOKです。
EPICの支払いクリサポ同意する

報酬受領や免責事項に同意します。そして、自分の名前と手続きしている今日の日付が表示されます。
ノースカロライナ州で免税

このとき、18歳以上か未満かを選ぶのですが、わたしはグレイアウトして選べませんでした。ただ、それでも先に進めました。

住所を入力します。とにかく基本は、米国籍でない、米国に住んでいない、米国で稼いでいないと表明するような選択肢を選ぶことです。
W-8BENの住所入力

米国法人ではありませんので、いいえを選びます。
米国法人ではない

属性を入力します。わたしは個人事業主なので「Individual」です。ここで、わたしは個人ですよ、アメリカの雇用者番号をもってないですよ、と表明することになります。
個人はインディビジュアルを選ぶ

アメリカにいるわけではないのであれば、国外を選べばOKです。
EPICフォートナイト クリサポ W-8BEN支払い申請

アメリカで商行為を行っているわけではありませんでしょうから、いいえですね。
EPICフォートナイト クリサポ W-8BEN支払い申請

最後に、W-8BENの免税申請の書面がデジタルで完成します。自分自身の情報が間違いなく記載されているか、しっかりと確認してください。
EPICフォートナイト クリサポ W-8BEN支払い申請

不安であればキャプチャをとっておくとよいでしょう。

これで完成すれば、米国での納税を免除してもらえる「申請ができた」となります。

納税者番号は空欄でかまわない

自分のEPICクリエイターサポートの管理画面で「税務プロフィール:認証済み税務情報」と緑色の文字で表示されていればOKです。ただ、最終的に免税の認可を出すのはアメリカの税務局ですので、振り込まれるまでは安心しないようにしたほうがよいと思います。
納税者番号

納税者番号が空欄になっているかと思いますが、ここは米国税務局がその番号を発行しなければ、うまることはないので、申請直後は空欄で正解です。もしくは、これで税金免除されれば、そもそも納税者番号は入らないかもしれません。

そのあたりは、わたしもよくわかりませんが、とりあえず、空欄のままの私も、2020年4月28日時点でしっかりクリサポ収益は振り込まれました。

かりに失敗したとしても30%ひかれるだけ

これらの手続きはEPICのものというよりは、米国の税務的な処理です。ですから、かりにこれが失敗したとしても、米国で30%徴収され、日本でも徴収される、というだけです。

フォートナイトのアカウントがBANされたり、クリサポ権利が剥奪、とまではいかないでしょうから、あまり不安に思うことはないと思います。

不安ならフォートナイトへ問い合わせる

とにかく、心配であれば、EPIC公式に問い合わせて、指示にしたがうようにしましょう。

>>Epic Games | Support Center サポート
サイトで詳しく見る

EPICへの公式の問い合わせフォームは、フォートナイトの公式ヘルプページにあります。画面右上の「お問い合わせ」から送信フォームに進みます。

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

クリサポ収益の申請の設定をする

ハイパーウォレットとはPayPal傘下の決済システム会社

W-8BENの申請が終わりましたら、つぎにHyperWalletの登録をします。ハイパーウォレットという、怪しげなドメイン名からメールがくるので、確実にフィッシング詐欺だろ!と思うかもしれませんが、これはPayPalが買収したれっきとした決済サイトです。

>>PayPal Completes Acquisition of Hyperwallet | Business Wire
サイトで詳しく見る

ただ、これに便乗して、怪しげなドメインからメールが来ても、絶対にひっかからないで下さい。不安なかたはとにかく、EPIC公式に問い合わせ、EPICからの公式発表を見てから判断、としてください。
ハイパーウォレット

あくまで自己責任です

いきなりメールが来て焦るのですが、本来であれば「今後は、PayPal傘下のHyperWallet経由にするよ。だから、そっちにも登録を済ませておいてね。で、日本のみんなは、米国での免税してほしいだろうから、W-8BENの申請もしておいてね!」と連絡がくるのがベターなのでしょうけども、まあそこは仕方ありませんね。

とりあえず、私はEPICからのそのメールにしたがって、進めたところ、問題なくクリサポ収益が振り込まれましたので、紹介します。

ハイパーウォレットに登録をする

メールにしたがって、ハイパーウォレットに個人情報を入力していきます。住所や振込先など、圧倒的デリケートなプライバシー情報ですので、不安な人はとにかく公式に問い合わせて下さい。
ハイパーウォレットに登録

電話番号は、日本の国番号である、+81 とあたまにつけて、さらに 090や080ではなく、あたまの0をとって、ゼロ以外の数字からはじめます。これいつも思うけどややこしいよね。
電話番号

あとは、個人情報をひたすらいれていけばOKです。これがフィッシングサイトだったらと思うと、ほんと怖いくらいの情報を入れます。

アカウントの認証ですが、確認方法には以下の3つが使えます。ただ、日本の場合、明確な国籍証明書というものはないと思われますので、免許証もパスポートも持っていない人は、例えばマイナンバーカードや戸籍謄本などで良いか、EPIC公式に問い合わせてから申請しましょう。

  • 国籍証明書
  • 運転免許証
  • パスポート

証明書の画像はデータサイズに注意する

わたしはここでつまづきました。予めスキャンしてあった運転免許証を送信したのですが、何度送ってもエラーになります。
免許失敗

400KB以上、4MB未満

のJPG、PNG、PDFのいずれかのファイルを送る必要があるのです。わたしは、高解像度のものを送ったつもりでしたが、400KBはなかったので、なんどもエラーになりました。

上限が設定されていることはよく見るのですが、下限と上限の両方のファイルサイズが指定されているケースははじめてでしたので、とまどいました。

送信後はとくに問題なくすすめることができました。

PayPalとフォートナイトのメールアドレス

ここまでしたのだから、わたしは最初、銀行口座への振り込みを指定しました。ただ、残念ながら数日後に、トランザクションの失敗、といったエラーメールが来てしまいました。
トランザクション失敗

結局、おとなしくPayPalに設定しなおしました。ただ、ここで問題が発生します。フォートナイトで登録しているメールアドレスと、ペイパルで登録してあるメールアドレスが異なるのです。

さらには、PayPalもフォートナイトも、どちらもメールアドレスをあとからは変更できないのです。

以下のようにハイパーウォレットのメールアドレスと、PayPalのアドレスとを同一のものにする必要があるのです。
フォートナイトクリサポ収益受け取り

私は、フォートナイトをはじめるかなり前からPayPalを使っていました。ですので、メールアドレスが違っていたのです。たぶん認証が蹴られる・・・。そう直感したわたしはいろいろと調べました。

結論としては、PayPalに追加のメールアドレスを設定することで、うまく通りました。

PayPalの管理画面から、アカウント設定のなかに、メールアドレスの追加という項目があり、そこでメールアドレスを追加できるのでした。登録したメールに認証のメールが来るなど、おやくそくの手順はふみますが、これで無事に共通化完了です。
PayPalのアカウント設定

数日後、無事にPayPalにクリサポ収益が振り込まれました。ざっと見たところ、30%はひかれていませんでした。また、そのときの為替レートで日本円で振り込まれていました。
PAYPALに支払われた

そのうえでペイパルの管理画面から、PayPalに登録してあった、日本の銀行口座に振り込み処理をして終了です。

トップ画像のように、わたしの銀行口座にぶじにフォートナイトのクリサポ収益が振り込まれていました。

面倒だったけど速い!

とにかく、ちょっとしたトラブルや面倒なところはありましたら、処理がとおってしまえば、ほぼ即日や翌日の処理で、とても高速でした。驚きました。

なお、PayPalから銀行口座への振込手数料(300円くらいだったかな)は、ひかれます。さすがにこれは仕方ないですね。

こうしたオンライン化が日本も、どんどん進めばいいなあと単純に思いました。日本のアフィリエイトもオンラインですべて処理が終わりますが、承認や振り込みは時間がかかります。

EPICさん、サポートさん、いろいろとありがとうございました!

そして、いつもクリサポで応援してくださるリスナーの皆様、本当にありがとうございます。

これからも動画投稿やマップづくりをがんばっていきます。

お疲れ様でした。

エラーメッセージなど

上記の証明文をレビューし、全てのチェックボックスをチェックしたことを確認してください

これは単純にチェックがもれていると思います。W-8BEN申請時のチェックは、たいてい「米国で稼いでいない」ことを証明するか、同意するか、だと思います。日本語訳をよくよみ、チェックをしましょう。

収入の受益者としての法的な名前を入力したことを確認してください

これは単純に入力漏れかと思います。ちなみに、名前や住所など、基本的にわたしはすべて英語や、世界標準でわかる表記で入力しました。

オンボーディング・プロセス中に入力したメールアドレスは、アカウントにリンクされたメールアドレスと一致していません

これは前述のとおりです。フォートナイトも、PayPalも登録時のメールアドレス変更はできないため、追加ができるPayPalのほうを合わせることになります。

タックス・インタビューを完了する必要があります

ブラウザの戻るボタンなどで、途中でページを戻ったりしますと、正しくページが表示されないことがあります。その際は、最初から行ったほうが無難かと思います。

データが受信され、さらなる検証を受ける可能性があります

これも同様に、途中でミスってしまった場合などに出ます。クリサポの管理画面などで、どこまで登録が進んだかを確認の上、再度申請をすればいいと思います。

「インタビュー退出」ボタンを選択し、タックス・インタビューを終了してください

これも同上かと思います。

入力したデータは保存されません。 有効な税務書類を完成させるには、税務面接セッションを再度開始する必要があります

Please note by selecting the Ok button below, any data entered will not be saved. In order to complete a valid tax document, you will be required to start the tax interview session again.

W-8BEN申請を終えて、最後に上記のようなメッセージが表示されます。Google翻訳で和訳してみますと「保存されません」と表示されますので、焦りますよね。

ただこれは、「ここまで入力した個人情報は、どこにも保存されず送信され、きれいさっぱりブラウザやサイト上には残りませんよ」という意味かと思います。とりあえず、私はこのメッセージが出ても、先に進めて問題ありませんでした。

この一冊で大丈夫!米国源泉所得税免除マニュアル(ss-4、w-8ben) Kindle版

この一冊で大丈夫!米国源泉所得税免除マニュアル(ss-4、w-8ben) Kindle版
Amazonで詳しく見る

まとめ

  • W-8BENを申請する
  • HyperWalletの設定をする
  • 迷ったらPayPalを設定すれば無難

といったところがポイントかと思います。それでも、コロナ状況下でありながら、設定が終われば支払い自体はとてもスピーディーでしたので、やはりEPICすごいなあという印象です。

日本ももっとペーパーレスになってくれればなあと思いました。

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「クリサポ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑