フォートナイトクリエイティブでマップにタグ付けできる113種類


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


フォートナイト クリエイティブ マップの島のタグ

フォートナイト クリエイティブでは、マップを公開するときにタグ付けをすることができます。

調べてみますと、公開時につける、というよりも、そもそも作成開始時に意識をしたほうが良いと思いました。マップづくりのヒントになると思います。

本記事の執筆は、フリーランス歴24年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は時点でのものです。ご注意ください。

クリエイティブのタグとは

2020年2月24日時点で、フォートナイト クリエイティブのマップ公開時にタグ付けできるタグは以下の113種類です。日本語訳はGoogle翻訳をつかいました。

マップに対してタグは4つまでつけられるそうです。マップ公開時の設定画面から選べます。
マップにタグ付け

さてたとえば、わたしのパニックホラーマップ「コンビニの魔獣」ではどうでしょうか。

  • Horror(ホラー)
  • Difficulty: Easy(難易度:簡単)
  • Story(ストーリーもの)
  • Boss Battle(ボスバトル)

あとは、宝探しとかコイン集め、といったタグがあれば良かったのですが、どうも無さそうですね。というか、どれか該当するのですかね。

このあたりは、海外と日本とでゲームに対する認識の違いなどが影響してそうですえね。

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

実際に公式でタグ活用している事例

フォートナイトにログインしたときのニュース画面です。おすすめマップを紹介する文章に、タグとおぼしき、4つの単語がありますね。
フォートナイト公式でタグを活用

  • デスラン
  • シングルプレイヤー
  • お遊び
  • カジュアル

たしかに、タグ付けされていますと、多言語化やローカライズなどの文章を考えるときに、むちゃくちゃ楽ですね。

マップにつけられるタグ113種類

1v1(1対1)
2v2(2対2)
3v3(3対3)
4v4(4対4)
5v5(5対5)
6v6(6対6)
7v7(7対7)
8v8(8対8)
Action(アクション)
Adventure(アドベンチャー)
Aim Course(エイム・コース)
Arcade(アーケード)
Arena(アリーナ)
Artistic(芸術的)
Attack(攻撃)
Base(ベース)
Battle(戦い)
Battle Royale(バトルロワイアル)
Board Game(ボードゲーム)
Boss Battle(ボスバトル)
Boxfight(ボックスファイト)
Building(建物)
Capture the Flag(旗を取れ)
Casual(カジュアル)
Classes(クラス)
Co-op(コープ)
Collection(コレクション)
Competitive(競争力のある)
Crafting(クラフト)
Creatures(クリーチャー)
Deathrun(デスラン)
Defend(守る)
Difficulty: Easy(難易度:簡単)
Difficulty: Hard(難易度:ハード)
Difficulty: Impossible(難易度:不可能)
Difficulty: Medium(難易度:中)
Difficulty: Ultra Hard(難易度:ウルトラハード)
Difficulty: Very Hard(難易度:非常に難しい)
Duo(デュオ)
Economy(経済)
Edit Course(コースを編集)
Educational(教育的)
Escape(逃れる)
Event(イベント)
Exploration(探検)
Explosives(爆発物)
Fashion(ファッション)
Free for All(すべての人に無料)
Friendly(やさしい)
Gun Fight(ガンファイト)
Gun Game(ガンゲーム)
Hardcore(ハードコア)
Heroes(ヒーローズ)
Hide & Seek(かくれんぼ)
Horror(ホラー)
Hub(ハブ)
Infection(感染)
Just for Fun(ただの楽しみのために)
King of the Hill(キングオブザヒル)
Minigame(ミニゲーム)
MOBA(モバ)
Moving(引越し)
Music(音楽)
Mystery(神秘)
Nonlinear(非線形)
Objective(目的)
One in the Chamber(チャンバー内の1つ)
One Life(ワンライフ)
Open World(オープンワールド)
Parkour(パルクール)
Party Game(パーティーゲーム)
Peaceful(平和な)
Pinball(ピンボール)
Point Capture(ポイントキャプチャ)
Practice(練習)
Prop(プロップ)
Prop Hunt(プロップハント)
Puzzle(パズル)
PVE(PVE)
PVP(PVP)
Quiz(クイズ)
Race(レース)
Respawn(復活)
Role Playing(ロール・プレイング)
Rounds(ラウンド)
Runner(ランナー)
Search & Destroy(検索と破壊)
Seasonal(季節性)
Secrets(秘密)
Series(シリーズ)
Shooter(シューター)
Shop(ショップ)
Show(ショー)
Simulator(シミュレーター)
Single Player(シングルプレーヤー)
Skills(スキル)
Sniper(スナイパー)
Solo(ソロ)
Sports(スポーツ)
Squad(スクワッド)
Stealth(ステルス)
Story(ストーリーもの)
Strategy(戦略)
Survival(サバイバル)
Team Deathmatch(チームデスマッチ)
Teams(チーム)
Timed(時限)
Training(トレーニング)
Trios(トリオ)
Tutorial(チュートリアル)
Tycoon(タイクーン・実力者)
Unbalanced Teams(不均衡なチーム)
Zone Wars(ゾーンウォーズ)

美しい廃墟—日本編— 耽美な世界観を表す日本の廃墟たち
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

まとめ

クリア不可能、なんてタグもあるのですね・・・。しかし、キングオブザヒルとかちょっと日本人に馴染みのないジャンルもあって、面白いですね。

このタグを眺めているだけでも、マップのアイデアが広がりそうですね。タグありきでマップづくりを始めるのもありだと思います。

お疲れ様でした!

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「フォートナイトクリエイティブ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑