iPhoneにPodTrak P4 とVT-4を接続してボイチェン録音する方法

iPhoneにPodTrak P4をオーディオインターフェースとして接続して、PodTrak P4にVT-4をライン接続して、iPhoneにリアルタイムボイチェンを試みました。VT-4からPodTrak P4へはアナログになってはしまいましたが、なんとか出来ました。iPhoneでボイチェンをしたい人に役立てば幸いです。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

iPhoneでボイチェンする方法

結論からいいますと、iPhoneにオーディオインターフェースをつなぎ、そのオーディオインターフェースに、VT-4をアナログ接続しますと、iPhoneでボイチェン録音ができます。ですので、今回使いました機材はつぎです。

  • iPhone
  • ライトニングUSB変換
  • USB EYP-Cケーブル
  • PodTrak P4
  • PodTrak P4用の単三電池
  • VT-4
  • VT-4にXLR接続できるコンデンサーマイク
  • XLRケーブル
  • VT-4からのライン出力用ケーブル
  • VT-4用の単三電池

ポイントとしては、どちらの機器もUSB給電ができない、というところかもしれません。iPhoneにPodTrak P4がUSB接続対応していればよかったのですが、残念ながらそれはできないようです。

iPhoneでボイチェン

ネットで調べますと、TASCAMのiPhoneでつかえるオーディオインターフェースとVT-4とを接続して、iPhoneでボイチェンしているケースも見つかりました。

>>REALITYでボイチェンしてみた(2021/02/07追記,iOSオーディオをPC経由にする方法)|T.kameoka/ふぁるこ|note

わたしは、PodTrak P4とVT-4をバッテリー駆動させてテストしました。PodTrak P4は、iPhoneとUSB接続してしまうと、オーディオインターフェースとして認識していますため、PodTrak P4を先に起動しておきiPhoneに接続しないとご認識しますので、注意です。

PodTrak P4もVT-4も、同時給電はできますので、それらを用意しておくのがよいかと思います。

PodTrak P4のチャンネル設定

チャンネル3とチャンネル4を使います。スマホモードで接続する3ch、USBオーディオインターフェースとして使える4ch、という感じです。

iPhoneでボイチェン

4chがUSBオーディオインターフェース的に使えるかどうかは、アプリによります。たとえば、stand.fmでもアップデート前は、3chでしか対応できなかったともききました(THANKS:あっちゃん)。

iPhoneでボイチェンするときのケーブル

iPhoneとPodTrak P4

  • ライトニングとUSB-Cを変換するアダプタ
  • USB-CとUSB-Aのケーブル

VT-4とPodTrak P4

  • ライン出力ケーブル
  • XLRマイク用のケーブル

VT-4のモニター音声でちゃんとボイチェンがかかっていても、PodTrak P4のモニターイヤホンでちゃんとボイチェンかかっている音声が聴こえても、なぜかうまくいかないときもありました。

stand.fmの限定公開ライブや音声アプリなどで予めテストしてから、iPhoneでボイチェン配信にのぞみましょう。

あとは、どちらもUSB給電は別途できますので、それらも用意しておくとよいかもしれません。

できなかったこと・意外だったこと

勘違いというか、まさかこれができないとは、といった思い込みや意外だったことをまとめます。

PodTrak P4の4chのUSB入力は出力もある

PodTrak P4の、4チャンネル目は、USB入力にも対応しています。ですので、USB機器からBGMを流したり、効果音などを流せたりします。

ただこれ、なんと、USBオーディオインターフェース代わりになるのです。つまり、4チャンネルは入力だけでなく、出力もできるのです。

ここを、iPhoneとライトニング変換して、接続すればオーディオインターフェース代わりになるということなのです。

4極ケーブルでVT-4とPodTrak P4が接続はむずかしい

iPhoneとのアナログ接続で、そういえば、音声とマイクと一緒なのだから、4極ケーブルだよな、と思い、3極と4極の変換ケーブルを間に入れて、iPhoneとVT-4のライン接続してみました。

PodTrak P4 ボイチェン

結果はダメでした。音割れがすごく、はっきりいって明らかにダメなくらいノイジーで音割れしてて、間違いだとわかりました。

ライン入力だと反応しない

3極のライン入力を、ライトニング変換してiPhoneにつないでみましたが、このときも、なぜかボイチェン音声は入りませんでした。どうも、ボイチェンをスルーしたモニターオンが入っているような印象でした。

また、ボイチェンと地声となぜか混ざっているような感じでした。もちろん、マイクはVT-4のみにしかつないでませんので、iPhoneからも録音されてる?と思うような、ミックスぶりでした。

VT-4がXLRマイクでないとボイチェン出力されない

まさかと思いました。あっちゃんに指摘されるまで、信じて疑うこともしませんでした。なぜなら、VT-4のモニターからはボイチェンボイスがちゃんと流れてたからです。

ただ、アドバイス通り、XLRマイクをVT-4につなぎ、PodTrak P4 にライン接続して、iPhoneとPodTrak P4をオーディオインターフェースとしてつないでみると、ちゃんとボイチェンしてました。

ほんとうにわけがわかりませんでしたが、そういうことでした。

[teiban cat=”standfm”][/teiban]

謝辞

本ノウハウを解決に導いてくださいましたあっちゃんにお礼申し上げます。ありがとうございました。彼の配信も素敵な放送がたくさんですので、みなさまぜひ。