*

YouTube VRに使える360度カメラ4Kおすすめ比較5機種

公開日: : 最終更新日:2018/07/30 家電・ホーム・デジカメ , , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

360度カメラ
YouTubeでVR動画をアップロードしたい!そういうときに便利なのが360度カメラです。360度を撮影できますのでそのままアップして、VRゴーグルなどで視聴できます。

こんにちは、VR大好きカグア!です。

本記事では、VR動画を投稿するのに便利な360度カメラをご紹介します。

>>人気の「360度カメラ」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

おすすめ一覧をすぐ見る

関連記事
>>2D動画から360度VR動画に変換する方法2018作例付き
>>動画編集ソフトのおすすめ3本を比較してみた2018 操作動画あり
>>バーチャルユーチューバー事務所14社プロダクション連絡先まとめ
>>Google Daydream VRが体験できるおすすめスマホ7機種

360度カメラとは

360度動画を撮影できるカメラ

360度カメラで撮影した動画は、このように指でスワイプして360度を見渡せます。このような映像を撮影できるのが360度カメラです。

YouTubeでは、多くの360度動画がアップロードされています。検索オプションで「360度」を指定しますと、多くの動画がヒットします。
>>ジェットコースター – YouTube

360度を撮影する2つの方式

360度動画を撮影するカメラには2つの方式があります。魚眼レンズを2つ装備し360度に合成されるものと、1つのレンズで360度撮影できるものとがあります。

2眼タイプは2つの画像を合成する

2眼タイプのものはこんな感じに背中合わせに360度をカバーします。まさに動物が360度を見て生存するフォルムにそっくりですね。
360度カメラ2眼タイプ

  • メリット:安価、360度カメラ下も撮れる
  • デメリット:2つの画像を合成するためつなぎ目がどうしても残る(スティッチ)

1眼タイプはスティッチレスで美しい

1眼タイプのものは1つのカメラで360度(厳密には底面が見えなくなりますが)をカバーします。車の天井などに付けますと、全方位が見られるといったイメージです。
DSC04783

  • メリット:1つの画像だけで良いのでスティッチがゼロ
  • デメリット:自分の下が撮れない

360度カメラの選び方

360度カメラは現在それほど選択肢が多いわけではありません。ですから、自分の気になる機能のあるなしで、ほぼ決まると思います。画質などは、YouTubeで比較動画がありますので、それらを見るのがおすすめです。

そのうえで、将来性も含め選び方のチェックポイントとして確認しておくと良い点をまとめます。

画質は良いほうが良い

当たり前のように聞こえますが、とても重要です。たとえば4K画質でも360度画像の場合、実際に視界に入るのはせいぜい1Kくらいです。4Kを前後左右に割り当てればそうなりますよね。ですから業務用では8Kが主流となっています。

Insta360 PRO 360度カメラ 8K解像度 CM137 【国内正規品】

Insta360 PRO 360度カメラ 8K解像度 CM137 【国内正規品】
Amazonで詳しく見る

防滴か防水か

サーフボードの上に取り付けて360度撮影するなど、ハードな環境での利用を考えている方は、そうした機種を選びましょう。

他はあまり気にしない

360度カメラは多くの処理を行いますので思った以上にバッテリーをくいます。しかしそれは360度カメラでもそれほど大きな違いはありません。

欲しい機能があってもおそらく多くの場合選択肢がほとんどないので、上記以外はそれほどこだわらなくても良いと思います。

それよりはレビューを見て、自分の想定する利用シーンで使えるかどうかを確認することが重要です。

それでは、おすすめの360度カメラをご紹介します。

おすすめ360度カメラ

GoPro Fusion

【国内正規品】GoPro Fusion CHDHZ-103-FW | ウェアラブルカメラ・アクションカム 通販

【国内正規品】GoPro Fusion CHDHZ-103-FW
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

GoProからも360度カメラを発売しています。5K解像度で2018年5月時点では、コンシューマーモデルとしてはとても綺麗に撮れる360度カメラです。

  • GoProならではの安心感と耐久性
  • 最大5K解像度
  • バッテリー交換可能
  • 豊富なアクセサリ
  • 防滴・防水(ハウジングなしで水深5m)
  • オーバーキャプチャ(5Kのなかから好きな映像を通常動画として切り出せる)
  • 立体集音マイク
  • 3Kなら60FPSも可能
  • ジンバル並みのスタビライゼーション

非常に高機能で魅力的なGoPro Fusionですが、要MicroSD2枚挿しと、水中撮影時の光の屈折率によるスティッチングズレは注意です。
>>GoProの360度カメラFusion、最大のウリ“オーバーキャプチャ”とは | Mogura VR – 国内外のVR/AR/MR最新情報

RICOH THETA V

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー

RICOH THETA V 360度カメラ 全天球 910725 メタリックグレー
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

いわゆる360度動画撮影に振り切った360度カメラです。4K画質や3Dマイクなどコンパクトながら安定した高画質動画や静止画が撮影できます。

  • 国内360度カメラのパイオニア
  • コンパクトなボディ
  • 4K画質
  • 360度音声記録やオプション3D外部マイク
  • 収差を考慮した水中ハウジングのオプション
  • Googleストリートビューブルーラインに対応

Googleストリートビューに360度画像を投稿するとき、シータVであれば青い線になって連続したストリートビュー画像を投稿できます。
>>Local Guides Connect – 新機能紹介:ストリートビュー・アプリ「動画モードで青線を作ろう!」

360fly 4K

360fly 4K VRアクションカメラ 4K対応 360°動画・静止画 64GB内蔵メモリー搭載 FL364KZ111

360fly 4K VRアクションカメラ 4K対応 360°動画・静止画 64GB内蔵メモリー搭載 FL364KZ111
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

1眼タイプの360カメラです。スティッチのない画像が撮影できます。カメラを床に置いたり、水槽に入れたりなど、底面不要な360度コンテンツであれば、ベストチョイスです。

  • 360度全天球カメラでスティッチレス
  • スティッチ処理がないので転送も早い
  • 連続撮影45分以上、4K画質
  • 10m防水、IP6Xの防塵、耐落下衝撃1.5m

Insta360 ONE

Insta360 ONE 360度アクションカメラ 24MP (7K) 写真 4Kビデオ iPhone 6/7/8/X シリーズ 【国内正規品】 ウェアラブルカメラ・アクションカム 通販

Insta360 ONE 360度アクションカメラ 24MP (7K) 写真 4Kビデオ iPhone 6/7/8/X シリーズ 【国内正規品】
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

映画マトリックスのような自分のまわり360度からの撮影を切り出せるバレットタイムに対応。また、自撮り棒を消せるため、長い自撮り棒を使ってドローン撮影のような映像も撮れます。

  • 自分のまわり360度からのバレットタイム撮影
  • 被写体を自動追尾するスマートトラック
  • 4K画質と自撮り棒消去
  • ジンバルなみのタビライゼーション

SAMSUNG Gear 4K

Galaxy 全天球カメラ Gear 360(2017)【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy / iPhone対応 ホワイト SM-R21010217JP

Galaxy 全天球カメラ Gear 360(2017)【Galaxy純正 国内正規品】Galaxy / iPhone対応 ホワイト SM-R21010217JP
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

  • 4K画質、コスパ重視
  • IP53防水防塵

ライブ配信機能もあるのですが、画質は残念ながら「配信できる」という程度にとどまります。こちらの記事が参考になります。
>>「Gear 360(2017)」でVRライブ配信をしてみた、画質とフレームレートが問題【レビュー】 | Jetstream BLOG

360度カメラを楽しもう

4K360度カメラ比較一覧表

360度カメラを比較してみました。4K画質ともなりますとほぼハイエンドモデルとも言え、あまり差が無いというのが印象です。違いがあるものを比較してみました。
360度カメラの比較

ちなみにシータVには、光の屈折率を考慮した水中ハウジングが発売されています。高い値段ですが、納得のスペックです。

RICOH TW-1 水中ハウジングケース 910753 | ハウジングケース 通販

RICOH TW-1 水中ハウジングケース 910753
Amazonで詳しく見る

ですからスペック的には、価格重視のサムスン以外であれば、ほぼ用途や欲しい機能で、ほぼおすすめの4K360度カメラが決まる、という状況です。

※注意 シータVではアプリでオーバーキャプチャに対応しているものもあり、上図は参考程度にご覧頂き、詳細は各360度カメラメーカー公式サイトをご覧下さい。

ブレッドタイム撮影

インスタ360のブレッドタイム撮影。映画マトリックスのような、自分の周り360度からの映像が撮影でき、一気にブレイクしました。

ただ、紐などでぐるんぐるん回しますと、さすがに本体自身が回転してしまいますので、ブレッドタイム自撮り棒を使うのがベストです。

Amazon | Insta360 ONE専用自撮り棒、1/4 ” -20ネジ山 | ウェアラブルカメラ用アクセサリ 通販

Insta360 ONE用 公式バレットタイム撮影キット、長さは調整可能、標準1/4インチ、自撮り棒、ハンドル、360度パノラマスポーツカメラ、ブラック【国内正規品】
Amazonで詳しく見る

専用の自撮り棒となりますので、自撮り棒の消去にも対応している点もおすすめです。見た人は本当に不思議に思うと思います。

オーバーキャプチャ

360度カメラはもう、VRゴーグルで見るような360度動画を撮るだけのものではありません。

こちらの動画を見ていただきますとよくわかります。常に360度を撮影し必要な部分を切り出す編集がトレンドとなっています。360度の空間すべてを撮影していますので、現地で取りこぼしがない安心感が魅力です。

  • 360度を動画素材として撮影
  • 必要な部分だけを切り出して通常のHDに編集
  • 360度を記録するので取りこぼしがない
  • パンがとても綺麗

とくに屋外撮影の多いユーチューバーには本当におすすめです。被写体がジャンプ!それを見ている撮影者の歓喜、それを360度カメラであれば1台だけで撮影可能です。

オーバーキャプチャは動画編集ソフトやアプリを使いますと、GoPro Fusion 以外でももちろん書き出し可能です。360度動画撮影は、もはやVRユーチューバーだけのものではありませんね。

YouTube VRでは自動認識

360度動画は、ユーチューブにアップロードするだけで自動認識されます。そのさい、全天球2画面の動画から、水平動画であることが必要です。ファイル形式はMP4など一般的な形式であれば問題ありません。
2画面から変換

例えば、シータVであれば上図のような変換を専用のアプリで、PCなどで行うことができます。正常にVR変換されていれば、ユーチューブで360度動画として認識されます。
>>アプリケーション | RICOH THETA
YouTubeVR

YouTube VR も動画形式さえおさえれば、簡単に投稿して公開できますね。

おすすめ360度カメラまとめ

それぞれの機種で個性があり用途や目的によって変わる、というのが現状の360度カメラかと思います。

  • フルスペックならGoPro Fusion
  • お手軽コンパクトならTHETA V
  • スティッチレスなら360fly
  • ブレッドタイムならInsta360 ONE
  • コスパならGEAR 360

そういう点では、おそらく買って損のないのはGoProかと思いますが、細かな機能の有無はぜひレビューや詳細を購入サイトでご確認下さい。価格も5~8万円前後でほぼ成熟しつつある、という状況のようですね。

お疲れ様です。

関連情報リンク

インスタ360の撮影事例。TPSのゲームみたい。
>>【VR】Insta 360 ONEで広大な田園風景を歩いてみた Walking in a vast rice field – YouTube

HD動画を切り出すオーバーキャプチャが最近のトレンド。
>>GoPro Fusion「オーバーキャプチャ」- 全天球カメラのブームが来るか!? | ハイボルテージ – 大人のためのホビーセレクトショップ

Kodakからも4K360度カメラが発売されています。
>>人気のVRカメラ「SP360 4K」と「360fly 4K」を徹底比較 | RentioPress

インスタ360 ONEの「六軸ジャイロスコープ」は強力です。
>>360度カメラ「insta360 ONE」レビュー&THETA V比較。バレットモードは一見の価値あり。

GoPro Fusionもアプリに動画を取り込んで、オーバーキャプチャ切り出しをします。
>>カメラ音痴にこそ使ってほしい 360度全天球カメラのGoPro「FUSION」レビュー – ITmedia Mobile

オーバーキャプチャがトレンドに。アプリはiPadなどハイスペックな端末が良さそう。
>>「360度カメラはVRのためのものではない」GoPro参入の理由をCEO語る―CES2018に見るトレンド第1回 | ニコニコニュース

鳩の視野は340度!まさに360度カメラですね。脳内でどう処理されているのでしょうか、すごいですね。
>>犬や鳥は人間と同じ見え方をしてるのかな? 〜その1「視野」〜 | カラーユニバーサルデザイン | イセトー ユ・ニ・バ

編集後記

VRカメラもいよいよ揃ってきて、買い時になってきましたよね。シータだけでなく、ニーズによっていろいろと選べそうです。

いっぽう、それぞれの機種に個性や特徴があるため、全部欲しくなるのが辛いですね・・・。あと、さらにはいずれ8Kも一般向けに出てきそうなので、早めに買って使い倒してます。

屋外ユーチューバーの皆さん、360度カメラほんとうにオススメですよ。

「VRカメラ」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑