YouTubeの限定公開の動画をパスワード付きにはできない

公開日: : YouTube , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

YouTube 限定公開 パスワード

YouTubeで動画を限定公開して、それにパスワードをかけたページに埋め込むという方法をとれば、パスワード付き限定公開YouTube動画を公開することができます。その方法と別サイトを使い動画にパスワードをかける方法を紹介します。

メルマガ登録者に限定でパスワード公開など、ビジネス利用でいろいろと使えるかと思います。

限定公開の動画を掲載するページにパスワード

ワードプレスというブログシステムには、記事ページにパスワードをかけて公開することができます。

ワードプレスというブログページに、限定公開のYouTube動画を埋め込んだページを作れば、実質、パスワード制限のかかった動画として公開することができます。ただ、YouTubeそれだけでは、パスワード制限つきの動画公開をする機能はありません。

WordPressのパスワード公開

このページに、YouTubeの埋め込みコード(WordPressの場合であれば、YouTubeのURLを貼り付ければそのまま埋め込み動画になります)を、貼り付ければ、パスワード付きのページとして限定公開の動画を見せることができます。

そもそも、限定公開でYouTubeで公開していれば、チャンネルなどで表示されることはなく、URLを知っている人しか視聴できない動画になります。

こうして、WordPressなど、なんらかのパスワード制限の機能をもつブログやシステムを介在して、YouTubeの限定公開の動画をそこに掲載するという一手間は必要になります。

パスワード付きにしても見られるリスク

残念ながら、YouTubeの標準機能として、限定公開の動画にパスワードをかけることはできません。

特定の人物(招待したユーザー)のみと共有するという公開方法は存在します。

>>動画のプライバシー設定を変更する – YouTube ヘルプ
サイトで詳しく見る

動画を非公開で共有するを選びますと、共有できるユーザーを指定して限定的に視聴させることはできます。

ただ、この機能をもってしても、パスワードを発行して、限定公開の動画を、パスワードを知る人のみに見せる、という機能とはなりません。さすがに、YouTube側でパスワード管理などをしますと負担が大きいからでしょう。ですので、おそらくは今後も実装されることはないかと思います。

そして、さらに注意点があります。

パスワードを知る人が前述の方法で見たWordPressのページで動画を視聴したとします。

しかし、埋め込まれた限定公開の動画は、URLがその人にはバレてしまいます。その動画右下のYouTubeマークをクリックしますと、YouTube画面に遷移し、そこでURLがバレてしまうのです。

そのURLを、SNSなどで拡散されたり、他の人に教えられたりすれば、パスワードを知らずとも、限定公開の動画であって、誰でも見ることができてしまいます。

完全なパスワード管理化での動画ではないからです。

残念ながら、これはYouTubeの仕様ですので、仕方ありません。

メンバーのみに見せる動画として、じつは限定公開の動画だった、ということがかつて炎上したことがあります。

>>YouTubeメンバーシップ、限定動画を誰でも見られることが判明し炎上 | YouTubeニュース | ユーチュラ
サイトで詳しく見る

ようは、URLがわかってしまえば、誰でも見られるからです。

YouTubeのメンバーシップによる会員だけしか見られれない動画については、いちおう2021年8月時点では「メンバーのみ公開動画」という項目があらたに追加され、メンバーシップでないと見られないようにはなっているようです。

vimeoではパスワード付きで動画共有ができるが有料

YouTubeではない動画共有サイトのvimeoでは、パスワードつきで動画を共有できるようです。

>>動画にパスワードをかけて共有できる「Vimeo」を使ってみよう!プライベート動画共有にお勧め : ビジネスとIT活用に役立つ情報
サイトで詳しく見る

詳しくはこちらの記事で確認してみてください。なお、2021年8月時点で、vimeoは最低でも月額700円からの利用になります。

いずれにせよ、他者のプラットフォームをつかい、パスワード制限をかけた投稿者自身が使いやすいシステムを希望するという場合、やはり自分でそうした動画掲載システム自体を用意するほうが健全でしょう。

前述のWordPressというブログシステムでは、動画を掲載する機能はあります。

ただ、それでも、動画自体のURLを知られてしまえば、基本的には誰でも動画を視聴できてしまうことにはなります。

別途そうしたシステム構築をするか、前述のvimeoを使うことが必要となります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑