Twitterで今後予定されている新機能からわかる負けられないたった1つの重要戦略とは

公開日: : 最終更新日:2021/07/26 Twitter , , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

Twitter戦略

Twitterの新機能の実装がめざましいですよね。昨今、報じられているTwitterの動きから、今後Twitterで実現する機能や戦略を考えてみます。

本記事の執筆は、SNS歴11年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2021年7月時点でのものです。ご注意ください。

最近のTwitterの動き

ECとの連携

TikTokやInstagramなど、最近のSNSではEC連携がトレンドになってきています。Twitterでも、その試みをしているとテッククランチが報じています。

>>Twitterがカードを利用した新しいオンライン通販機能をテスト中 | TechCrunch Japan

これは、eコマースにフォーカスしたツイートの実験と取材にこたえたとのことで、販売チャネルとしてのプラットフォーム強化を目指しているものと思われます。

>>安っ!アマゾンで半額以下になっている食品タイムセール

セール特設ページを見る

有料チケット

すでに申請は国内でもはじまっています。2021年に実装されました音声配信のTwitterスペース。その有料チケットを販売できる機能を実装予定とのこと。

>>Twitter、「チケット制スペース」など収益化機能の試用ユーザーを募集 – CNET Japan
サイトで詳しく見る

わたしもすでに申請していますが、10日以内に返信しますとあるものの、まだ返事はきていません。実際、タイムライン上でも来ない・・・という声がほとんど。

それでもこちらは近々くるのではと思われます。有名人の有料音声ライブがたくさん開かれそうです。

ちなみに、Twitterスペースは今後、PCブラウザからの発言参加も予定されているとのこと。楽しみですね。

サブスク

ローンチ時期はくわしく語られていないものの、お気に入りのクリエイターを月額530円ほどで、定額購読できるというもの。

>>Twitterが同社初となる有料クリエイターサブスク機能「スーパーフォロー」発表、サービスの構造が劇的に変わる可能性 | TechCrunch Japan

すでに、実装されているニュースレターなどと組み合わせたり、限定コンテンツを配信したりするなどして、コミュニティづくりへの期待が高まります。

Twitter新機能にみるその背景

世界的に激化するクリエイター囲い込み

大手プラットフォーム間による、クリエイターの囲い込み競争が激化しています。

>>スポティファイが100億円で「ポッドキャスト番組」と独占契約 | Forbes JAPAN

音声配信の巨大ネットワークとなっているポッドキャスト、そのポッドキャストではSpotifyが次々と独占配信契約を増やしています。

ペリスコープは終了したものの、世界的な流れであるライブへの志向は、Twitterスペースをfacebookなどよりも早くに実装したことから、動画ライブは諦めたものの、音声ライブへは未来を見ている、と考えてよいでしょう。

中国で先行しているライブコマース関連の動きが、米国でも高まっています。前述の、ECとの連携もその流れに合致しています。

>>Facebook、約1100億円を投じてクリエイターを支援するプログラム立ち上げへ – CNET Japan

TikTokも、facebookも、YouTubeも、クリエイター育成に基金を投資しています。育成においてもクリエイターを囲い込むことがトレンドになっています。

クリエイターを囲い込み、そこからの収益やライブコマースといった、クリエイターエコノミーの市場で勝ち抜く、そうした未来が見えてきます。

背景には好調な売上も影響

そして、現在のTwitterにはそれらを支える売上が、絶好調です。

>>ツイッター、第2四半期売上高が予想上回る 広告好調で株価上昇 | Reuters

こうした好況だからこそ、次への投資を加速しているとわかります。

日本でもクリエイターエコノミーへ乗り出そうとする動きははじまっています。

>>BASE、note、UUUMなど7社でクリエイターエコノミー協会を設立

Twitterの新機能の背景には、こうした世界的なクリエイターエコノミーで覇権をとる、という狙いが見え隠れします。

人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか? | 本田 直之, 松尾 大 |本 | 通販 | Amazon

人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか?
Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

・・・と、こんな感じに、ブログを日々更新しています。もし記事がすこしでもお役立ちしましたら、投げ銭していただけますとモチベーションの維持になりますので、ぜひよろしくお願いします。

このブログに100円投げ銭する

「Twitterも目指すクリエイター経済圏」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑