【SEO】YouTube内の検索結果、スマホとPCとで違う感じ

公開日: : 最終更新日:2013/05/19 SEO , , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


サジェストがiPhone版アプリは効かないです。

ふと思い立ってYOUTUBEの検索結果を比較してみました。YouTubeアプリはスマートフォンには必ず入っていますので、物凄いリーチなんじゃないかと。

・・・印象としては、スマホとPCとで違う感じ。ただ、AndroidとiPhoneでは、そもそも入力するときにサジェストが効く(Android)、効かない(iPhone)があるので、そこで変わるかと思いました。あとはさすがGoogleだけあって、Androidではいろいろ出来ます、便利。そして、iPhoneでは、説明文のリンクが無効になります。視聴スタイルが端末でかなり変わりますねえ。

パソコン版YouTube内SEO(上図)

・広告動画が表示。
・フィルタによって並べ替えなど出来るが最低でも3クリック必要なので面倒。
・300万回再生されている5年前の動画が2位と3位。1位はよく分からない。
・とは言え、3位以下は再生回数、評価、アップロード日などバラバラ。
(何となく傾向もあるような感じはするが明確には分かり辛い)
・検索語のゆらぎにも対応(説明文で「猫」と「ねこ」がヒット)。
・説明文中のURLは自動リンクになる。
・検索欄ではサジェストが有効。

iPhone版YouTube内SEO

・広告は表示されず。(スマホをオフにしているかも)
・300万回の5年前の動画がやはり上位だが、他は微妙に違う。
・どうも評価が高い順に並んでいる感じもする。
・Androidと似ている感じ。
・サジェストは効かない。iPhoneの漢字変換でのサジェストになる。この場合は「面白い」が出てきた。
・説明文のURLはリンクに自動変換されない。改行も無いヒト続きの文章になる。
・ソーシャルへの投稿はツイート。

Android版YouTube内SEO

・広告は表示されず。(スマホをオフにしているかも)
・UIですぐに「全期間」から「今日」などいろいろ変更出来る。
・iPhoneと似ている感じ。
・YouTubeのサジェストが有効。「猫」と入力するとPCと同じように「猫 おもしろ」と提案される。
・説明文のURLはリンクに自動変換。
・ソーシャル系投稿はG+が一番目立つが、それでもツイッターなどアプリ次第で多数関連付けされる。

「スマホはスマホだけで集計してる!?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑