脱GAFAMしたい!代替サービスを探してたら予想外の結果にww

公開日: : 最終更新日:2020/01/15 SEO , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


IMG_6773
Photo:license by krossbow

スマホを使っていますと、Googleやアップルなど巨大IT企業=GAFAMを使わざるを得ません。しかし、リスク管理したくなり代替サービスを探したところ、Google検索だけが見つからず・・・!

本記事の執筆は、フリーランス歴24年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年1月4日時点でのものです。ご注意ください。

脱GAFAMとは

バイファムではない、ガーファムだ。Google、Apple、Facebook、Amazon、MicroSoftの頭文字をとって、もはや世界的支配的地位を得ている超巨大IT大手企業のことをさしている。

かつて、わたしもそれにまつわる書籍を読み、巨大さにリスクも感じた。

>>GAFAやFANGなど大手IT企業ビジネス書など9冊まとめ2019
サイトで詳しく見る

そんなことで、脱GAFAMできるのか?ということを試したくなって、いろいろと考えてみた。

代替ツール

  • Google → ??
  • Apple → Android(Googleだからアウト)、LINUXノートPCなど
  • Facebook → mixiやTwitter
  • Amazon → 楽天など
  • MicroSoft → Linux

GoogleはGoogleマップやG-Mailなどサービスが多岐にわたっているので、検索エンジンにしぼって考えてみる。だが、この検索エンジンだけがどうも代替サービスが見つからない。

もはやYahoo!JapanでさえGoogleの検索エンジンを使う時代だ。対抗馬のBingはMicroSoft社製だからアウト。

うーむ。

他の検索エンジン

Googleで「Bing」と検索すると、「他の人はこちらも検索」と表示される。そこで知らない検索エンジンが見つかり、調べてみることにした。
検索エンジン

  • AOL → Bing
  • yahoo.com → Bing
  • Yandex → 独自っぽい
  • Baidu → 独自っぽい
  • Ecosia → Bing
  • Lycos → Yahoo(Bingってこと?)

世界で見るとなにげにBing強い。ただ、それ以上にGoogleが圧倒的なのだとは想像に難くない。

エゴサーチ

カグア!をエゴサーチしてみた。

まずはヤンデックス。日本語に対応しているっぽいものの、橋本愛さんが出てくる状況。
ヤンデックス

次にバイドゥ。残念ながらまったくわからない。
バイドゥ

完全なる脱ガーファムはできないのか・・・。

しかし!光明がさしこむ

見つけてしまった、私は国産検索エンジンとおぼしきサイトを。

それがこちら!

フレッシュアイ

>>ウェブ検索 | フレッシュアイ
サイトで詳しく見る

  • スマホサイトしかない
  • PCサイトは検索エンジンがヤフーっぽい
  • GMOインサイトが運営とあるが、PC版のフレッシュアイをスマホブラウザで見ても、そのサイトにはならない

これは、いったい・・・。しかし、検索結果はそれっぽいものが出てくる。
フレッシュアイ

免責事項のリンクは、現在のサイトにリダイレクトされるので、なにかの手違いで残っているだけかもしれない。

上記のスマホ版フレッシュアイと、現状表示されるPC版のスマホブラウザでのフレッシュアイ(ややこしい)とで検索結果を比較してみた。すると、微妙に異なる。異なるクローラーを使っているのか、調べてみると・・・。

>>NAVERのウェブ検索エンジンをフレッシュアイに導入 | スカラコミュニケーションズ
サイトで詳しく見る

2010年にはNAVERのエンジンに変わった模様。たしかにデザインはNAVERっぽい。しかし、NAVER自体は2013年に検索事業を撤退している。

>>「NAVER検索」が2度目の日本市場撤退、LINEに経営資源集中 | 日経 xTECH(クロステック)
サイトで詳しく見る

たしかに現在のLINEサーチなどは、ウェブ検索だけが表示されない。韓国版NAVERで日本語検索すると、検索はできるがほとんど検索結果は参考にならない状態だった。

すると、このフレッシュアイのサイトの検索結果はいったい・・・。SNSで聞くとあっさりヤフーだよ、とか誰か教えてくれそうな気もしますが。

国産検索エンジンを開発しよう!というニュースもありましたが、政治主導のプロジェクトにありがちな結果に。

>>国産検索エンジン開発が頓挫した先にあるもの (1/3) – ITmedia エンタープライズ
サイトで詳しく見る

というわけでまとめます。

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 | スコット・ギャロウェイ

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 | スコット・ギャロウェイ
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

hontoで詳しく見る

ヨドバシで詳しく見る

まとめ

  • Google検索以外は脱GAFAMはできそう
  • 日本語で使えるGoogleやBing以外の検索サービスはなさそう
  • smpというサブドメインのフレッシュアイが検索で使えそうだが、検索エンジンは不明

という結果に。検索エンジンをおさえるって、ほんと凄いことなんですね。

帰ってきて!千里眼!

というわけで、どこか国産ウェブ検索サービスはじめないですかね。もしくは、クラファンとかで復活プロジェクト的なのでも嬉しい。

サイバーさんやDenaさんとかどうですかね。

「ガーファム」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー兼Googleマップトラベラー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。50代で2児の父。「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」などGoogleマップ案内人としてテレビ出演多数。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑