アフィリエイターがWordPressのSSL化に失敗するとどうなるのか?

WordPressを単にSSL化するだけであれば、ネット上の情報で十分だとは思いましたが、私は失敗しました。甘くないですね。結論としては売上が半減しました。もしくはこの機会にはてななどへ移行されることをおすすめします。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

WordPressのSSL化の事前情報

WordPressのSSL化については、すでに多くの情報が出回っていますので、おおむね問題ないかと思います。

わたしが参考にしたのは以下です。とてもよくわかり、つまづかずに進められました。ありがとうございました。

サーバーはkagoya

前にも使ったことのある安価なSSL、RapidSSL を今回もつかいました。申請手続きして、数日で設定反映されます。指示通りに進めればOK。

参考サイト>>【SSL化必須】Chrome「全HTTPサイトに警告表示」でどうなる?2018年7月開始 | カゴヤのサーバー研究室
サイトで詳しく見る

事前のSSL化は//で対応

鈴木さんのサイトがわたしにはとても役立ちました。事前に考えうる http:// を // に変更しました。置換にはプラグイン「Search Regex」を使用しました。

参考サイト>>ブログの完全HTTPS化を完了、HTTPからHTTPSへの移行プロセスを共有 | 海外SEO情報ブログ
サイトで詳しく見る

WordPressの設定

httpsになる前にできることは一通りチェックします。

  • テンプレート
  • プラグイン

私の場合で、とくに問題が多かったは、function.php 。もう何年の、自前のスクリプトをつぎ足しつぎ足しで、もうコードがめちゃくちゃでした。猛省。

htaccessの設定は、面倒そうでしたのでプラグインで行いました。テーマでおなじみにベクトルさんの記事がお役立ち!ありがとうございました。まったく問題なしでした。

参考サイト>>手動だと地味にハマるSSL化を、ワンクリックで簡単に設定してしまう「Really Simple SSL」プラグイン | 株式会社ベクトル
サイトで詳しく見る

もろもろアップデート

プラグインなど、もろもろ慎重にアップデートしていきます。30個弱入れていますが、とりあえず、目立ったコンフリクトは起こしませんでした。

サーバー側のhttps化が通れば、WordPressの一般設定など、URLを記載するところをすべてhttpsに変更します。

なんとか、PageInsight でも60点台に回復。

参考サイト>>PageSpeed Insights
サイトで詳しく見る

Search Console 登録

唯一つまづいたのがここでした。

XMLファイルの出力がおかしく認識されません。調べると、function.phpに空の改行があって、XMLファイルの冒頭が改行されてしまうというものでした。ただ、じつは前もつまづいていたみたいでした(苦笑)。

参考サイト>>WordPressのRSSフィードの最初の2行の空白を削除する方法
サイトで詳しく見る

XMLが通れば

・・・と、通常サイトであれば、もうWordPressのSSL化については、悩まず進められると思います。慣れれば1時間もあればできると思います。

しかし!

私のWordPressのSSL化の失敗

全部が同じhttp読み込みではなかった

わたしのサイトはアマゾンの商品紹介が多いのですが、その画像の中で、じつは書籍だけが外部読み込みをしていました。そこがhttpだったのです。

そして、それは、単純に http:// を、// に変えれば良いというものではありませんでした。こうすれば良いと完全にたかをくくっていました。

https化が終わると、書籍紹介記事などは、のきなみ白紙でした・・・。

今、手作業で優先順位をつけて修正しています。

サイト運営の指標を見てしまった

わたしが、Googleアナリティクスにおいてサイト運営の指標として、よく見るのが、ランディングページや、eコマースのCVRです。

ですので、手作業で修正をするページの優先順位を、これらの指標の上位から着手していきました。しかし、売上は戻りません・・・。

もしや?と気づきはじめたのは1週間後くらい。そうです。のです。

GAで、トランザクション数でソートしてみると・・・、あ゙あ゙あ゙ーーー!やはり。わたしが手作業で修正していたページとは違うランキングでした。そして、言われてみると、ポツポツながら定期的に売れている商品ページだったのです。

継続して売れている、ということは「継続的に他サイトよりも勝っていた」という大事な資産だったのですねよ。それを見落としていました・・・。

今は、それらのページの上位からひとつひとつ手作業での直しをしています。

売上は半減し、さらに4割減

さて、SSL化対応が以下のようなまったなしのなかで、わたしはWordPressのSSL化の対応を先送りにしてきました。

参考サイト>>Google Chromeが混在するコンテンツをデフォルトでブロック、バージョン79~81で段階をへて仕様変更 | 海外SEO情報ブログ
サイトで詳しく見る

SSL化の対応を伸ばし伸ばしにして、さらに記事更新の鮮度も放置しておいて、そして利益のすべてをユーチューブ事業にぶっこみ続けて、売上を半減させてきました。

そして、今回SSL化の失敗で、さらにその4減・・・事業としては、失敗、失策といわずしてなんといいましょう。

今後、ギックリ腰に注意しながら、改善にまいしんする所存です。

どうぞ、みなさまもお気をつけください。

Web制作・運用バイブル 2022 ~あらゆるネットビジネスの手順・手配方法の手引書 (マイナビムック) | Web Designing編集部

Web制作・運用バイブル 2022 ~あらゆるネットビジネスの手順・手配方法の手引書 (マイナビムック)
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

まとめ

  • SSL化は事前準備をすれば技術的にはハードルは下がっている
  • 非SSL対応の外部読み込みを丁寧に調べる
  • 売上に直結するページは、GAのトランザクション数で見る

Googleアナリティクスにeコマースを設定しておいてよかったです。ただ初動で見極めが甘かった点はくやまれますね。

これから挽回していきます。

[hitokoto face=”yubisasi”]優先順位[/hitokoto]