iPhoneでASMRバイノーラル録音できるScenes Lifelikeマイクをレビュー


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


バイノーラル録音

ASMR録音をはじめるときに、必要なのがバイノーラル録音ができるマイクと、ステレオ録音に対応した機器。スマホでも接続の仕方によってモノラルになってしまうため注意が必要です。

ポッドキャストをはじめようと思い、iPhoneでASMR録音できるマイクとダミーヘッドを自腹で買いましたので、レビューします。

本記事の執筆は、ポッドキャスト歴1年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2019年12月27日時点でのものです。ご注意ください。

ASMRを録音できるマイク

ASMR動画を録音するときに使う、音声をステレオで録音できる(バイノーラル録音)iPhoneで使えるマイクです。
iPhoneでバイノーラル録音するマイク

こちらが今回購入しました、iPhoneで使えるライトニング端子変換アダプタ付きのバイノーラル録音用マイク。イヤホンのスピーカーの反対部分がマイクになっていて、左右ありステレオ録音ができます。

Scenes Lifelike イヤホン VRレコーディング バイノーラル録音 iphone専用 ASMR リモコン付き 通話非対応

Scenes Lifelike イヤホン VRレコーディング バイノーラル録音 iphone専用 ASMR リモコン付き 通話非対応 ブラック
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

おそらく2019年12月時点で、ライトニング端子に直接させてステレオ録音できるバイノーラル録音用マイクは唯一だと思います。ですので、残念ながら価格はかなり強気です。買う人は選ばれると思います。

ただいちおうアマゾンのページには、MFi認証機器(アップルの規格を通過)とは書かれています。

あとは、念のため、パソコンともつなげられるUSBオーディオアダプタ。

Scenes Lifelike PCアダプタ Windows Mac 使用 PCのバイノーラル録音 3.5mm端子2つ付き 普通のマイク接続可能| 外付サウンドカード

Scenes Lifelike PCアダプタ Windows Mac 使用 PCのバイノーラル録音 3.5mm端子2つ付き 普通のマイク接続可能
Amazonで詳しく見る

ダミーヘッド。じっさいの耳と同じ幅の間隔で、より立体感のあるバイノーラル録音ができます。

SCENES Lifelike イヤホンスタンド マイクホルダー バイノーラル録音 ダミーヘッド 台座 ストリーミング ライブ配信 ASMR (黒): 家電・カメラ

SCENES Lifelike イヤホンスタンド マイクホルダー バイノーラル録音 ダミーヘッド 台座 ストリーミング ライブ配信 ASMR (黒)
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

こちらは、じっさいに使うときにはさらに頭部になるようなものを挟んで使います。そうしませんと、逆の耳のマイクが音を拾ってしまい定位が安定しないのですよね。

競合としては、日本のメーカーであるローランドから出ています、CS-10EMです。ただ、こちらは通常のマイク端子とイヤホン端子の2本が出ているタイプですので、iPhoneでそのままは使うとステレオ録音はできません。

Roland ローランド バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM

Roland ローランド バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

ヨドバシで詳しく見る

今回は、Scenes Lifelikeマイクをレビューします。

なお、音質については、まったくの素人です。そのあたりはさしひいて、レビューはお読み下さい。

Scenes Lifelike レビュー

>>Amazonで50%OFF以上のタイムセール
セール特設ページを見る

>>楽天トラベル国内ツアーのバーゲン情報はこちら
楽天で詳しく見る

製品外観

こちらが、箱と本体です。本体と、ライトニング変換アダプタと、ケースと取説がつきます。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

前述のダミーヘッドにさしこむと、こんな感じです。同じメーカーだけあって、ピッタリとはまりまったくずれません。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

こちらはローランドCS-10EMをさしますと、こんな感じでピッタリとはハマりません。ひっかけているだけ、という感じです。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

もともとのケーブルは、マイクロUSB端子になっていますのでアダプタをつけて、ライトニング端子にさします。リモコン操作ボタンもつきます。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

ケーブル自体は短くて、だいたい60cmくらいです。通常のイヤホンのように外でつけてスマホをお知りのポケットに入れて、というのは難しそうです。

ダミーヘッドの耳はシリコンでできているのか、ぷにぷにして気持ちいいです。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイクのダミーヘッド

スマホと並べるとこんな感じです。単体でつかよりは頭の位置に何かをはさんで、左右の音漏れを防ぐといいと思います。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイクのダミーヘッド

取説はいちおう日本語表記もあります。ただ、性能や部位の説明にとどまります。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

アプリ不要とはありますが、iOS13.3で使った限りは、ドライバのアップデートは必要です。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

ドライバインストール

ライトニングケーブルをさしますと自動で認識して、すぐに使えます。ただし、ステレオ録音するためにはアップデートが必要です。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

専用ドライバアプリをインストールします。それを起動しますと、アップデートというボタンがありますので、(1)いったん再起動し、(2)アプリ起動後アップデート、(3)ふたたび再起動してください。

そうしますと、ステレオ録音が可能になります。ちなみに、専用アプリはiPhoneの設定を起動しますと、突然インストールがはじまります。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

ドライバアプリの画面にある、Firmware のOn Device Version の数字と、Lastest Version の数字が同じになれば、OKです。

バイノーラル録音する方法

iPhoneに付属のボイスメモを起動します。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

Scenes Lifelikeマイクに話しかけますと、しっかり左右を分離して録音してくれます。すばらしい。

Anchorアプリで使う方法

Anchorアプリでは注意が必要です。Anchorアプリ自体はステレオ録音に対応していません。

ですから、手順としては以下です。

  1. あらかじめボイスメモでバイノーラル録音
  2. Anchorアプリを起動
  3. Anchorアプリの録音モードにする
  4. ライブラリからインポート
  5. ボイスメモで録音したステレオ音声ファイルを取り込む

残念ながら、Anchorアプリ自体の録音機能をつかうと、音声がモノラルに強制的に変換されてしまうようです。ですから、あらかじめボイスメモでステレオ録音した音声をインポート、というかたちで番組を収録します。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

なお、ボイスメモで録音した音声ファイルは、ボイスメモのメニューから、スマホ本体にファイルとしてファイルに保存、としておきませんと、Anchorアプリで選択ができませんで、ご注意ください。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

ちなみに、ボイスメモのステレオ音声にBGMをつけることもできます。合成後iPhoneで聞きますとモノラルに聞こえます。しかし、パソコンのほうで聞きますとちゃんとステレオになっています。

おそらくはステレオのままだとは思いますが、ちょっとこのあたりの挙動はなんとも言えない感じです。

Androidはダメ iPhone専用

USB-C に変換し、Anchorへの接続をしてみましたが、モノラル録音のままでした。iPhone専用となります。

USBアダプタでPC録音

同じScenes Lifelikeから発売されていますUSBアダプタも使ってみました。Windows10のパソコンにさしてみましたが、とくにドライバなど無しで、すぐに認識しました。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

Audacityという波形編集ソフトで録音してみましたが、問題なくステレオ録音ができました。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

ローランドのCS-10EMでも試してみましたが、ちゃんとバイノーラル録音できていました。
iPhoneでASMR バイノーラル録音できるマイク

ただし、ウェブブラウザでAnchorに接続して、Anchorのウェブアプリとして録音をすると、モノラルになってしまいます。

やはり、時間がある人は、PCでバイノーラル録音をし、ソフトで編集をした音声ファイルを、あとはアップロードするだけ、としたほうが無難な印象です。

こちらは外付サウンドカードのUSBオーディオアダプタとして、ふつうに使える感じです。

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

まとめ

  • iPhoneでASMRのバイノーラル録音をするには専用の機材が必要
  • Scenes Lifelikeマイクだけなら、ボイスメモ録音で可能
  • Anchorアプリはそのまま使えないなど、アプリによって変わるので注意
  • 別売のUSBアダプタを使えば、Scenes LifelikeマイクやローランドCS-10EMでバイノーラル録音が可能
  • ダミーヘッドは自作もできそうだが、同じメーカーだけあって安定感は抜群
  • デメリットは、2019年12月27日時点では、競合商品がないため、価格が高めな点
  • 音質については普通に聞こえるが、心配な人はAmazonのレビューを参照
  • 海外メーカーのため、今後のファームウェアのアップデートは自己責任

価格が高い点が難点ですが、iPhoneだけで手軽にバイノーラル録音をできるのが魅力です。音質はアマゾンのレビューなどを参考にしてください。

ただアプリが対応していないと結局は、ボイスメモ経由になってしまうため、手間がかかります。そうしますと、ローランドのCS-10EMとバイノーラル録音に対応したボイスレコーダーとそんなに変わらないのでは、となってしまうところが、悩ましい点です。

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-05VER2-JJ | ポータブルレコーダー

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-05VER2-JJ
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

ヨドバシで詳しく見る

価格があと5000円安ければ、グッドな選択肢になりえるのでしょうけども、MFi認証というところも高価格になってしまう理由かもしれません。難しいところです。それでも 3Dioの立体音響録音で本気でバイノーラル録音となりますと、30万円~100万円以上となりますので、入門機としては十分かと思います(ほんと音の世界は奥深いです、沼ですね・・・)。

いずれにせよ、上記の方法で、これらのバージョンであれば、問題なくiPhoneでバイノーラル録音ができることはわかりましたので、あとはどれくらいリスクテイクするか、手間をかけるかどうか、という運用の面でのはなしになるかと思います。

ASMRという音質にこだわるジャンルですし、安くはない商品なので、ぜひ慎重にお決めください。その際の参考になれば幸いです。

今日からはじめる「技術Podcast」完全入門 (技術の泉シリーズ(NextPublishing)) | itopoid, kkosuge, r7kamura, soramugi, YATTEIKI Project

今日からはじめる「技術Podcast」完全入門
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

お疲れ様です。・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「iPhoneでASMR」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑