パソコンでハンコンを使うのにHORI NSW-228 がコスパ最強

公開日: : 最終更新日:2020/01/07 ゲーミングデバイス ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


【任天堂ライセンス商品】マリオカートレーシングホイールDX for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】 | HORI NSW-228

任天堂スイッチでもつかえるHORI NSW-228が、Windows10でも普通に使えますのでレビューします。

ハンコンは高いものですと、5万円近くするものもあるので気軽に買えないことも多いですが、HORI NSW-228はある程度の機能を有し、PCでも問題なく使えるハンドルコントローラーです。

本記事の執筆は、フリーランス歴24年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2019年11月29日時点でのものです。ご注意ください。

コスパ最強ハンコンとは

発売日に速攻で買ってきました。ゲーミングデバイス販売で国内で多く実績をもつHORIから、ステアリングホイールが発売されました。
【任天堂ライセンス商品】マリオカートレーシングホイールDX for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】 | HORI NSW-228

【任天堂ライセンス商品】マリオカートレーシングホイールDX for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】 | HORI NSW-228

スイッチハンコン HORI NSW-228

楽天で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

ヨドバシで詳しく見る

店頭価格・税込みで約1.6万円という価格です。ロジクールなどPS4向けのハンコンですと、2万円を超えるものばかりですので、その安い値段は衝撃的です。

おそらくスイッチの絶対数がなせる技だと思うのですが、デザインさえ許せればありだと思うのですよね。

HORI NSW-228 でFORZA

さっそくForzaホライゾン4をプレイしてみます。デモ版ですが、まったく問題なくデフォルトで普通にいけました。超楽しい。
【任天堂ライセンス商品】マリオカートレーシングホイールDX for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】 | HORI NSW-228

もともとがスイッチ用なので100%完全一致はしませんが、ボタン類はXBOXゲームコントローラーのボタン類をほぼ網羅します。
【任天堂ライセンス商品】マリオカートレーシングホイールDX for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】 | HORI NSW-228

ギアこそないですが、フットペダルもあり、キーアサインも変更可能です。また、ハンドルの回転角やカーブの曲がりやすさなども調整でき、わずかな回転でスムーズにコーナーを曲がるようにも設定できます。

パドルはさすがに金属ではありませんが、安っぽい感じはしません。国産メーカーで、任天堂の公式ライセンス品だけあって、そこはしっかりしていると思いました。

Windows10であれば、ドライバも不要です。USBにさせばすぐに認識します。
ホリ レーシングホイール

キーアサインもあるので、自分好みの配置にすることもできますので、おすすめです。

100均シールで吸盤固定

残念なところは、設置がゴムかクランプなのですが、クランプが机の端から5cm程度までしかすりこめないので、激しく動かすとちょっとぐらつく、という点です。
【任天堂ライセンス商品】マリオカートレーシングホイールDX for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】 | HORI NSW-228

後日、100均のキャンドゥーで吸盤台座が売っていましたので、それをテーブルに貼りました。そうしますと、まあ固定はされます。
100均のキャンドゥーで吸盤台座

ただ、あらっぽく扱うと横にするする~っと滑ったり、100均のですとシールが3枚しかないので5つの吸盤に対応させるためには、2つ買ってこないといけない、という点が気になるところではありました。まあ、それでもクランプよりは手軽になりました。
ハンコンをテーブルに固定する・5つの吸盤に対応させるためには、2つ買ってこないといけない

しかもクランプはプラスチック製なのでこわれると別売してくれるかは未知数です。まあそこはコスパとのバランスなのでしょうね。あとさすがに振動(FFB)はありません。

それでも、ハンドル操作でさっそうとドライブゲームができる爽快感は何ものにも代えがたいですね。

ハンコン台座もいずれ自作してみようかな。DIYでいけるような気はするんだよな。

唯一の死角は振動がない

この快適ドライブに慣れてきますと、だんだんと振動が欲しくなってきます。ただ、残念ながらHORI NSW-228は振動は非対応です。

まあさすがにこの値段で振動対応は無理かと思います。振動対応(FFB=フォースフィードバック)は、PS4でも3万円以上します。

湾曲モニターも3万円台

31インチの湾曲モニターも、ついに3万円台まで価格が下がってきました。しかも以下のモデルはリフレッシュレートも144Hzです。

AOC ゲーミング モニター C32G1/11 (31.5インチ/144Hz/1ms/VA 曲面パネル/HDMI×2 DP×1) | AOC | ディスプレイ 通販

AOC C32G1/11 31.5インチ

楽天で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

ヨドバシで詳しく見る

湾曲といいますと21:9のウルトラワイドも気になりますが、ゲームによっては対応していない場合もありますので、通常サイズのほうが無難かとは思います。

それでもほんと、安くなりましたよね。年末に、ハンコンと湾曲モニターを買って、2020年はゲーミングドライブの年にしてみるのいいかもしれません。

まとめ

  • NSW-228はスイッチ用だがPCで使える
  • FORZAなど問題なく使える
  • 湾曲モニターも安くなってきている

レースゲーム好きには嬉しい環境になってきましたね。2020年にはWRCもついに日本開催ですから、モータースポーツが盛り上がりそうですね。

ドライブゲーム好きにおすすめのハンコンです。

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「ハンコン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑