スポティファイのポッドキャスト連携する方法


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


スポティファイ

ポッドキャストをAnchorで配信しますと、SpotifyやApple Podcast、Google Podcastsにも配信できます。さらにSpotifyでは、RSS連携を手動で行いますと、Spotify上での再生状況のアナリティクスがわかります。

思った以上に簡単でしたが、連携できることをもし知らない人がいるかと思い、記事化しました。

>>人気の「ポッドキャスト: 本」最新一覧はこちら。
Amazonで詳しく見る

本記事の執筆は、ポッドキャスト歴1年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2020年1月21日時点でのものです。ご注意ください。

Spotify連携とは

Podcastはその技術から、配信サイト以外でも連携して、音声コンテンツを配信することができます。そして、Spotifyでは、管理画面で手動で連携すれば、さらにSpotifyでの再生状況がわかるオーディエンスという機能が使えるようになります。

このような、リスナーの統計情報がわかるようになります。番組企画に役立ちそうです。
スポティファイスタット

それでは、Spotifyでオーディエンスを見る方法をご紹介します。

あらかじめSpotifyのアカウントを作っておきましょう。

Spotifyでオーディエンスを知る方法

ポッドキャスター向けSpotifyを開く

まずは、配信者(ポッドキャスター)向けの管理サイトへブラウザからアクセスします。

>>Spotify for Podcasters
サイトで詳しく見る

スポティファイダッシュボード

「Your Dashboard」をクリックしますと、ログインが要求されますので、SpotifyのIDなどを入力し進めます。
Add your podcast to see stats

規約を読み記名をして「同意する」をクリックします。
同意する

RSSフィードを登録する

するとPodcastのRSSフィードを登録する画面が出ますので、AnchorのマイページからRSSのURLをコピーします。
アンカーのrss

Spotifyの画面に貼り付け。
rssだめ

さらに、Anchor画面の右上から「Distribution(配信)」を選び、RSS配信のe-mailの表示をオンにします。
アンカー

青い文字で「Already」と表示されればRSS登録成功です。
RSS成功

Spotifyで表示されるマイページが表示されますので、問題なければ「Next」を押して先に進めます。
RSS登録

Spotifyでのカテゴリーを登録する

前の画面でFEEDに含めたメールアドレスが表示されます。そこに認証コードが届くよ!と表示されますので、「Send」をクリックしメールを確認します。
認証

カテゴリー選びます。カテゴリーがわからないというかたは、以下のページで全部のカテゴリーを一覧していますので、参考にしてください。サブカテゴリーは3つまで選べますので露出機会を増やすためにも3つ選んでおきます。
カテゴリー

>>Spotifyにポッドキャストを登録するときの全134カテゴリー一覧
サイトで詳しく見る

自分が参考にしたいポッドキャストがあれば、あらかじめSpotifyアプリでカテゴリーを確認しておき、その登録状況を参考にすると良いでしょう。

最後に確認画面が出ますので、これで確定すればOKです。お疲れ様でした。
決定

今後は、以下のURLで自分のポッドキャストの配信状況が確認できるようになります。リスナーさんが聴いた音楽などもわかりますので、Anchorで番組作成時にその音楽をサンプル配信すると面白いかもしれません。

https://podcasters.spotify.com/podcast/<ユーザーごとのID>/overview

以下のようにオーディエンスデータが見られるようになります。ありがたいですね。
スポティファイスタット

ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略 “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス | 山口 哲一, 松本 拓也, 殿木 達郎, 高野 修平

ソーシャル時代に音楽を“売る"7つの戦略 “音楽人"が切り拓く新世紀音楽ビジネス
Amazonで詳しく見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

まとめ

  • Spotifyではオーディエンスデータが見られる
  • AnchorのRSSから簡単に連携できる
  • あらかじめSpotifyのアカウントを作っておく
  • どのカテゴリーに登録したいか考えておく

Spotify連携は、あらかじめSpotifyのアカウントさえ作っておけばとても簡単に連携できます。メールアドレスをRSSに含める、というところで戸惑うかたがいるかもしれませんが、連携のときだけオンにすれば大丈夫のはずですので、ぜひお試しください。

AnchorはSpotifyの傘下なので、AnchorでSpotify楽曲のサンプル再生ができたり、今回のようなオーディエンス機能が使えたり、恩恵をばっちり享受できますね。

お疲れ様でした。

・・・と、こんな感じの父親目線で、SNS、ドライブ、ゲーム、生活防衛ネタが多めでブログ記事を2009年から書いています。よろしければLINE@をフォローしていただけると更新情報を受け取れますのでおすすめです。記事を気に入ったというかたはぜひ。

LINE@で無料の更新情報を受け取る

「Spotify」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

PAGE TOP ↑