ユーチューバーだから気づいた「TikTok売れ」が起こる本当の理由を教えます。TikTok売れには2種類あってTikTokだから売れるものと、TikTok以外のSNSでも同様に売れるものとがあります。

TikTok売れが起こるのは、Z世代という購買行動が旺盛な世代にささるメディアだからとか、いろいろな説がいろいろな記事で紹介されています。ただ、ユーチューバーのわたしは別な視点で、TikTok売れがおきる理由を解説します。TikTokは他のSNSとまったく異なるある特徴が影響するからです。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

TikTok売れが注目された2021年

2021年は、小説やグミなど、TikTokから爆発的に売れた商品が世間をさわがせましたね。

TikTok売れ、今年のTikTok流行語大賞にもノミネートされるほどの社会現象になりました。

  • 地球グミ
  • 書籍「残像に口紅を」

しかし、なぜこうしたTikTok売れは起こるのでしょうか?

インスタやツイッターではダメなのでしょうか。

その秘密をとく鍵は、TikTok売れには2種類あり、そして、YouTubeなど他のSNSでも起こりうる激売れと、本当の意味でのTikTok売れが、あるのです。

それらTikTok売れを解説します。

2パターンあるTikTok売れ

TikTok投稿者がネタとして欲しがるTikTok売れ

地球グミがその代表例です。見た目とその動き(食べ具合)のおもしろさから、いっきにバズりました。

そして、身近に買えるもので値段も手に取りやすいものだったことから、TikTokで投稿する人が爆発的に増えました。

これはかつて、YouTubeで、ハンドスピナーがバカ売れした事象と似ています。YouTubeでもとにかくあの当時は、同じネタを扱っても、関連動画に表示され、ある程度バズるという恩恵があったため、多くのユーチューバーがマネをして、そしてそれをみたリスナーが買い求める、というブームが起こりました。

ですから、投稿者のネタとしてバズる、というTikTok売れは、じつは他のSNSでもおこる事象なのです。

しかし、本当の意味で世間をさわがせたのはこちらのほうのTikTok売れです。

30年前の小説が大ヒットするTikTok売れ

前述のYouTubeでは、サムネイルをみた視聴者が、サムネイルをクリックしなければ、動画が再生されることはありません。

つまり、サムネイルでイメージできないものは、バズることはないのです。

これについては、バズレシピで有名な人もりゅうじさんも語っています。

サムネイルで美味しさがイメージできないものはバズりようがない、ということなのです。ですから、似たような食材になってしまう、と。

そういう点でいえば、前述のTikTok売れした小説は、30年前の小説で、新刊でもなく、新進気鋭の注目作家でもなく、サムネイルで見たとしても、そもそもバズる要素がないのです。

しかし、TikTokなら売れるのです。

それは、TikTokでは、画面に表示されればいやおうなしに、再生されるからです。

インプレッション=再生、というTikTok独自の仕組みが、そもそもバズりにくい情報でさえ、なんとなしに受け入れてしまうことにつながるのです。まったく興味なかったけれど、話を聴いてみたら、読みたくなったとなるわけです。

このTikTokのメカニズムに言及した記事は、ちょっと見つからなかったため、書きました。しかし、これは、ユーチューバーとして、ふだん、サムネイルをクリックしてもらうことが、いかに大変か、を知る者だからこそ気づいたTikTok売れの本当の理由だと思います。

検索などで見つけてもらうのではなく、なんとなしに見ている潜在層に働きかけられるTikTokだから売れたのです。

認知している層(クリックする)でなく、潜在層(知らなくても見てしまう)に働きかけることができ、他媒体よりも広く伝えることができるのです。

そして、いちどいいねをたくさんもらえたり、視聴時間が増えたりするなど、アルゴリズム的によいスコアを出していけば、TikTokのアルゴリズムはとても優秀で、バズっている動画は、さらに露出しバズるのです。件の動画も約68万ものいいねがつきました。

動画は、他のどのメディアよりもインパクトがあります。そして、TikTokの利用者にも買いやすい文庫というパッケージゆえ、消費意欲のつよい若い世代におおく刺さったともいえるでしょう。

TikTok売れの課題~じつは商品は限られている

TikTokユーザーは若年層が主体で、平均年齢は34歳。この数字は2019年以降、毎年上昇している。
TikTokユーザーは若年層が主体
https://bit.ly/3Grzici

TikTokがもともと購買意欲のたかい、若年層にかたよっていることは、TikTok売れには無縁ではないでしょう。ですから、TikTok売れでおこるほとんどは1000円未満で買いやすい、売り場も身近、というのが現実です。

「アニメやゲームなど個別のカテゴリーでの支出はTwitterが高いが、TikTokではそれらに加えて音楽やスポーツといったカテゴリーでの支出も見られ

ただそれでも上記のように、どの嗜好の層にも意欲的な購買行動がみられる稀有なSNSというベースがあっての、TikTok売れだということがわかります。

たしかに、Instagramで定番の節約ネタ、節約レシピ、ポイ活、お得情報などは、あまりバズっていない気がします。やはり、そもそものそういう下地があることで、他のSNSでも起こりうる、第1のTikTok売れのパターンでも、TikTokだからこそ、余計に機能したとはいえそうです。

今後は、1000円以上の商品で、比較的、検討期間の長い商品が、本当にTikTok売れするのかどうかに、注目が集まりそうです。