【SEO】コンバージョン経路のキーワードパスの使い方

コンバージョン経路でキーワードパスを見てみよう。

標準レポート画面で、[コンバージョン]→[マルチチャネル]→[コンバージョン経路]の順にクリックします。そして、プライマリディメンションに[キーワードパス]を選びます。

例えば、チャネルグループをメールだけで絞り込み。すると、普段はメールからの流入が多いユーザーが、どんなキーワードで流入してくるのかがよく分かります。メルマガ読者がどんなキーワードで調べるのか察せられますね。

一方、IT系企業のサイトですと、Googleサービスをかなりの割合で使っているでしょうから、( not provided ) だらけになることも。TOP画像のように、なんとも残念な状況に・・・。

継続的なユーザーの訪問キーワードが、どのように移り変わるかが分かり便利ですね。
 
[hitokoto face=”yubisasi”]キーワードパスの( not provided ) の失望感は半端無い。[/hitokoto]