【Googleアナリティクス】ビジターセグメントでAdWordsリマーケのリスト作成


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


AdWordsとGoogleアナリティクスの連携がより深まるそうです。

特定サイトの広告をよく見ませんか?

例えば、Aというサイトを見たとします。すると、それ以降、いろいろなサイトでAのバナー広告を見ること、ありません?

特定サイトの広告が、そのユーザーに対して継続的に表示される、それがAdWordsのリマーケティング機能(以下リマーケ)です。

リマーケの仕組み、リストを元に広告を切替え

リマーケは、リストを元にユーザーごとに広告を切替、再訪を促進するという仕組みです。

広告を出しているサイトに、埋め込まれた特殊なプログラムによってリストが作られ、そのリストを元に、広告を切り替えます。

Inside AdWords-Japan: リマーケティング機能がより使いやすくなりました
リマーケティング リストを作成、編集する – AdWords ヘルプ
リスト作成時の入力例 – AdWords ヘルプ

ビジターセグメントでリスト作りのお手伝い



そのリスト作りをGoogleアナリティクスでも作れるようになる、とのことです。ただし、条件としては以下が必須となります。

・GoogleアナリティクスとAdWordsがリンクしている。
・Googleアナリティクスのトラッキングコードをリマーケ用のものにする。
・広告ポリシーなどに同意する

ビジターセグメントならこんなリスト作成も

しかも、「Aのページを見た後にBのページを見た」など、ページ遷移によるリストも可能になるそうです。凄いですね。

【速報】「リマーケティングwith Googleアナリティクス」—GAの指標でリマーケティングが可能に|コラム アユダンテ株式会社

ビジターセグメントの設定方法



その設定をするのが、ビジターセグメントです。

・直近7日に訪問したユーザーを対象に
・アドバンスセグメントの要領で条件を設定
・「アナリティクス設定」内のWebプロパティに紐付く

詳しくはアユダンテさんのページを御覧ください。今回の記事作成についても、多くの箇所を引用させて頂きました、ありがとうございました。

【速報】「リマーケティングwith Googleアナリティクス」—GAの指標でリマーケティングが可能に|コラム アユダンテ株式会社
 

「これは楽しみですね!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑