*

好きだからやる、Googleアナリティクスってそういう感じ

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 マーケティング全般 ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

Web解析

Googleアナリティクスは無料のツールです。

Googleアナリティクスという無料のツールは凄いけれど、あくまで無料で、Googleが好意で提供してくれているものです。本気ならば、やっぱりGoogleアナリティクスプレミアムを使うくらいの覚悟は必要、と最近思います。

Googleアナリティクスを使った効果はあるかどうかわからないけれど、「好きだからやる」と最近は思います。
 

個人情報は取得してはいけません

>>

公式サイトに詳しく書いてあります。

個人を特定するデータ(氏名、Eメールアドレス、請求関係の情報等の個人情報)又はGoogleが当該情報に合理的に関連付けることが可能なその他のデータの追跡、収集又は格納をしないものとします

合理的に紐づけられるものはアウトです。ですから、会員IDなどもグレイかと。

ですからよく、Googleアナリティクスでユーザー導線を追いたい、LTVを追いたい、という意見も聞きますが、かなりグレイです。

これらは最悪アカウント削除がされますので、これらは絶対にカスタム変数に入れたり、イベントやcookieに記録したりしてはいけません。

つまり、よりユーザー単位での解析をしようと思っても、基本NGということです。それらをマーケティングデータとして活用したいとしてもそもそもが使っちゃだめ、ですのでそんなツールですから、そういうのを取りたいと思ってる人も「好きだから使ってる」です。
 

ユニバーサルなら唯一のIDでは?

たしかにそのとおりです。Googleが目指していると言われているユニバーサルアナリティクスは、UIDと呼ばれる統合的なIDにより、PC、スマホなど、マルチなデバイスのトラッキングを可能にする、としています。

しかし、タグはすべて書き換えです。

つまり、今までGoogleアナリティクスで積み重ねてきたカスタム変数のノウハウや、自社仕込みのトラッキングコードなどすべて書き換えです。移行ツールを開発中、とのコメントが出ています。ですから、書き換えは不可避なのでしょう。

つまり、UIDを利用したい場合には全書き換えのコストが発生します。そして、それらが正しく動作するのかの検証費用もかかるでしょう。

その費用対効果をどうやって、上司やチームに説得できるでしょうか、難しいと思います。ですから「好きだからやる」です。
 

仮説検証のサイクルって重要では?

えっと、これも、ある程度ノウハウは成熟してきています。もちろん、あなたのサイトのユーザーに当てはまるか、という検証はまああってもいいとは思いますし、多くのユーザーに認められている正攻法も、条件が違えばというのはあるかとは思います。

A/B・多変量テストのネタを集めるサイトまとめ | VOYAGE GROUP UIO戦略室ブログ

VOYAGEグループのUIO戦略室さんがまとめてくれていますが、しかし、多くのA/Bテストは事例がシェアされています。また、それらの結果を踏まえて、成功しているサイトでは、すでにそれらの施策を行いその結果、成長を続けています。

サイトがまだ未成熟なころは、そういった成功事例をベンチマークするほうが効率的ではないでしょうか。車輪の再発明 – Wikipediaは、初動時にはコストパフォーマンスが良いとは思えません。ですから、「好きだからやる」で良いのではないでしょうか。

本気ならば、効果測定や他のトラッキングツールやユーザーテスト、お金をかけるだけのパフォーマンスを提供してくれるツールはたくさんあります。多くのサイトではそれらもGoogleアナリティクスと併用していることが多いのではないでしょうか。ツールに限らずコンサルさんの活用もそうだと思います。
 

じゃあカグア!はどうなの?

ですから、私のブログに書いてあるノウハウやTIPSはかなりマニアックだと思います。多くのツイートでも、「細かい・・・」「ここまでやるかどうかは」といったコメントが付くことも多数です。

私は、Googleアナリティクスの魅力は「カスタムできる」ことだと思っています。そして、私はそれ以外を知らない、というのもあります。とは言え「好きだから」いろいろやっています。

「こんなデータとれるかな」「取れたけど、結局行動には役立たなかった、使い切れなかった」というのもたくさんあります。でも、やってみて初めてわかります。一方、やってみないとわかりません。私はあまりクレバーではないので、そのデータの必要性はやってみて目にして初めて実感できることが多いです。考えるより先に行動してみて判断する、といったスタイルが染みついてしまっています。

ですから、よく「このデータは何に役立つのですか?」と聞かれることもあります。ただ、ですから、それは私が決めることではなく、サイト運営者様の行動次第で変わってくるかと思います。

・・・ただ、少なくともマストだとは思いますよ。

PVも訪問数もコンバージョンも取れていない中でサイト運営をする、というのは、メーターの無い車に乗っているようなものだと思いますので。ただ、メーターは勿論デフォルトで、社運をかけるならば、それプラス工夫は必要なのでは?ということかと思います。デフォならば、みんな同じで差は付かない、ってことですから。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応: 木田 和廣, できるシリーズ編集部: 本
できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応: 木田 和廣, できるシリーズ編集部: 本

「他に選択肢がない、というのもあるかもしれないけど。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑