*

【SEO】コンバージョン経路のキーワードパスの使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


コンバージョン経路でキーワードパスを見てみよう。


標準レポート画面で、[コンバージョン]→[マルチチャネル]→[コンバージョン経路]の順にクリックします。そして、プライマリディメンションに[キーワードパス]を選びます。


例えば、チャネルグループをメールだけで絞り込み。すると、普段はメールからの流入が多いユーザーが、どんなキーワードで流入してくるのかがよく分かります。メルマガ読者がどんなキーワードで調べるのか察せられますね。


一方、IT系企業のサイトですと、Googleサービスをかなりの割合で使っているでしょうから、( not provided ) だらけになることも。TOP画像のように、なんとも残念な状況に・・・。


継続的なユーザーの訪問キーワードが、どのように移り変わるかが分かり便利ですね。
 

「キーワードパスの( not provided ) の失望感は半端無い。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑