*

Google Analytics の参照元(direct)とは

公開日: : 最終更新日:2015/08/14 Google Analytics 使い方


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


【自宅でできる人間ドック】

ダイレクトって何?

どこから来たユーザーかわからない!そんなときは・・・。

関連記事
>>Googleアナリティクス基礎:流入元とは~参照元とメディア
>>Googleアナリティクス基礎:キーワードを調べる分析方法
>>Googleアナリティクス基礎:トラッキングコードの設置
>>Googleアナリティクス基礎:セッションとは
>>Googleアナリティクスで完全なリファラ(リンク元)を調べる方法

1.(direct)アクセスとは

Google Analytics で「どこから来たのか?」を調べようとすると、上図のように(direct)という表現をよく見ると思います。

トラフィック>ノーリファラー、でも同様ですが、どこから来たのかわかりません。(direct)・・・直接?!

(direct)やノーリファラーは、「リファラ=参照元=リンク元」が無い(ノー)ということですから、直前にWebページを見ていない訪問なのです。ですから原則「わからない」のですが、少し調べてみましょう。


統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 (ブルーバックス): ダレル・ハフ, 高木 秀玄: 本

2.(direct)アクセスだけに絞り込んでみる

アドバンス セグメントという機能を使うと、特定ページへの訪問、(direct)訪問だけに絞り込むことが出来ます。

(画面左下)アドバンス セグメント>カスタムセグメントを新規作成します。そして条件としては以下を調べましょう。

・ページ 「含む」 /sumire/003.html
・参照元 「完全一致」 (direct)

これで、「/sumire/003.html」にアクセスした(direct)訪問のみに絞り込み、分析が可能になります。

3.ユーザー像を推測する

ユーザー>PC環境>オペレーティングシステム、としますと訪問者のOSがわかります。

どうでしょう、ほとんどが、iPhone、iPad、Android、という携帯端末であることがわかります。

つまり仮説としては、こう考えられます。Twitterをアプリで見ていて、そのURLをクリックし訪問・・・。実はこの例では実際当日、URLを含むツイートを多く確認しています。

(direct)訪問というのは、WEBブラウザでない場合が多いので、後はメール内URLや、RSSリーダーソフトでのクリックが考えられます。

KPI(ビジネスの目標達成上重要な指標)などに、アプリダウンロード数やRSS登録数なども入れるといいかもしれませんね。

おすすめ書籍:できる逆引き Googleアナリティクス

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応: 木田 和廣, できるシリーズ編集部: 本
<Amazon> <楽天>

「directは調べようがないのよね。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑