*

GoogleアナリティクスでYouTubeや動画再生の計測方法まとめ

公開日: : 最終更新日:2017/01/20 ニュース


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天



アマゾン春のタイムセール祭り 4/23 23:59まで
セールを詳しく見る

家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

動画プレイヤーの計測ができるとは

映画のキャンペーンサイトなど、動画再生がコンバージョンとして重要なケースってたくさんありますよね。ただ、動画再生はプレイヤーの挙動を検知できないといけませんでのなかなか難しかったところ。

こんにちは、カグア!です。今年になって動画再生の計測まわりのトピックが散見されたので、自分用にまとめてみました。

YouTubeAPIも時間があれば勉強したいなあ。

追記:2017年1月20日 GTMでVIDEOタグを計測する方法を追加。

関連記事
>>Yahoo!検索結果が歴史的変化を遂げた8月18日を忘れない
>>プログラミング学習サイトまとめ完全版リンク409本!新人開発者必読
>>データ公開:ソーシャル担当者向け集客とコンバージョン事例
>>データ分析の入門書にオススメな本11冊

動画再生のトラッキング

YouTube検知

動画再生は再生ボタンのクリックなど、プレイヤーの挙動をイベントトラッキングで計測します。

かつてFlashで動画を再生していた頃は、Flashのアクションスクリプト内に、Googleアナリティクスのトラッキングコードを仕込んでバーチャルページビューなどで計測していた頃もありました。なつかしい。

今は、YouTubeのiFrame API や、HTML5のVIDEOタグなどから、プレイヤーの挙動を検知できるとのことで、いくつかの手法が存在します。

jQueryで動画を貼り付けて計測

SEMテクノロジー

Googleアナリティクス公式ヘルプフォーラムでも有名な山田さんが解説されています。

>>埋め込みYoutubeプレイヤーの再生状況をGoogleアナリティクスで解析する方法 | SEM Technology

YouTubeの埋め込みタグではなく、動画IDからjQueryで動画をイベントトラッキングで計測する方法とソースコードを紹介しています。

動画を多用するサイトでは、「Youtube動画を最後までみたらコンバージョンとする」といった1つレベルの高いカスタマイズもできるようになります。

YouTube公式のiFrameAPI。
>>iframe 組み込みの YouTube Player API リファレンス  |  YouTube IFrame API  |  Google Developers

YouTube IFrame APIで計測

Web業界では有名なレインボーの井上さんがソースコードを公開してくれています。

>>YouTube IFrame APIで埋め込んだ動画をGoogleアナリティクスで計測する 株式会社レインボー・ジャパン

こちらもDIVでjQueryにアタッチした動画を計測するときに、YouTube IFrame APIを利用しています。井上さんは2012年にもYouTube計測のコードを公開してくれていて、上記リンクで2014年に新たにコードを紹介してくれています。

VIDEOタグ貼り付けならonplayで計測

Googleアナリティクスヘルプフォーラム

公式ヘルプフォーラムで山田さんが回答してくださったトピックが盛り上がりました。

>>videoタグを使用した動画再生のトラッキング設定 – Google プロダクト フォーラム

なんとVIDEOタグで貼り付けた動画であれば、onPlay といったvideoタグならではのイベントが使えるので、そこでイベントトラッキングすればOKという。

ただ、videoタグは挙動を確認する必要があり、上記トピックでもiOSについては議論されていました。また、スマホの場合、WebViewアプリというのがありますので、そこでも注意など。

>>[iOS]UIWebViewのVideoタグハンドリング | Developers.IO

onPlayの他のイベントハンドラについてはこちらに書かれていました。たくさんあるのですね。
>>HTM 5の<audio>および<video>要素の全イベントを監視してみる

YouTubeチャンネルのGoogleアナリティクス欄は別

YouTube解析

ちなみに、YouTubeチャンネルでもアクセス解析とおぼしき設定があります。

マイチャンネル>動画の管理>チャンネル>詳細設定 から、GoogleアナリティクスのプロパティIDを設定できます。Googleアナリティクスであらかじめ、YouTubeチャンネルページ計測用のタグを発行しておき設定します。すると、YouTubeチャンネルのアクセス状況が、そのGoogleアナリティクスで確認できます。ただ、再生時間などはわかりません。あくまでチャンネルページのみの解析となります。

マイチャンネル>動画の管理>アナリティクス はYouTube標準のアクセス解析です。こちらは、アップロードした動画で人気なものはどれか、平均再生時間は?など、投稿した動画全般を管理・解析できます。

チャンネルは上図にありますように、AdWordsとも連携できますので、どんどん活用したいですね。

GTMでVIDEOタグ計測

VIDEOタグですと、onplayなどのイベントハンドラが使えそうですけども、GTMを使ったときにはどうするのか。

>>解決済み: GTMを使ったvideoタグの動画再生回数トラッキングについて – Google 広告主コミュニティ

山田さんが神回答されています。これは動画再生を計測したいウェブ担当者は必読ですね。

まとめ

・YouTube iFrame API を使って動画貼り付けならば計測可能。
・VIDEOタグならばイベントハンドラが使えるので計測可能。
・ただし、VIDEOタグはデバイスやアプリで挙動確認が必須。

YouTubeやVIDEOタグでの動画プレイヤーは、Googleアナリティクスでえトラッキングが可能です。

キャンペーンサイトや動画によるブランディングなど、いろいろな場面で使えそうです。ご興味ある方は試してみてはいかがでしょうか。

HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる): エビスコム: 本
HTML5&CSS3デザインブック (ステップバイステップ形式でマスターできる): エビスコム: 本

「動画はほんと見られますよね。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑