ZOOMセミナーをするとき隠したい個人情報はデベロッパーツールで隠せます。オンラインでレッスンをしたり画面共有したりするときには便利なテクニックです。適切に隠してトラブルになることを避けたいですね。

クリエイターがオンラインレッスンをしたり、ライブ配信者が自分のPC画面を映したりと、オンラインで画面共有する機会は増えています。そんなとき、メールアドレスなど自分の個人情報をさらしたくない、という場合におすすめのテクニックがあります。Chromeブラウザではデベロッパーツールというモードがあり、それをつかうと便利に隠せます。

ニュースレターは365日毎日配信↓↓↓

無料ニュースレターを購読する

画面に表示される個人情報を消したい

ZOOMなどで画面共有するとき、はじなどによく個人情報がでちゃうときありますよね。個人で使う分には親切なのですが、とくに不特定多数にみせるときには、なるべくなら消したいですよね。

そんなとき、便利な機能がデベロッパーツールです。

Chromeブラウザなど最近のモダンブラウザには実装している機能です。開発者向けに、ウェブページのデザイン表現やプログラム実行をモニタリングなどできます。

デベロッパーツールを使いますと、見せたくない部分を「一時的に」消すことができることがあります。

デベロッパーツールでの個人情報の消し方

ChromeでZOOMで映したいページにいきます。消したい情報の上で、右クリックします。

Chrome

「検証」をクリックします。

消したい情報を表していると思われるプログラム部分をクリックします。

Chrome デベロッパーツール

display:none と入力します。

Chrome デベロッパーツール

確定しますと、このように消したい部分がしっかり隠れます。

Chrome デベロッパーツール

デベロッパーツールを使うときの注意

デベロッパーツールをつかって画面上の見た目を変更するテクニックは、サーバーからブラウザに送信された情報を、ブラウザの中だけで改変しているにすぎません。

ですので、リロードしてしまえば元に戻ります。

ZOOMなどのオンラインレッスンなどで映すときは、どんな操作をするかわかりませんので、キャプチャをとるときくらいにとどめたほうが無難です。

常に消したいときはChrome拡張

ZOOMのオンラインレッスンをするたびにデベロッパーツールで消す、というのは面倒。そう思われる人は、Chromeの拡張プログラムである、Stylerをつかうとよいでしょう。

Stylerは、GoogleのChrome Web Storeで公開されている無料の追加プログラムです。そのウェブサイトに行くと、Stylerに登録しているCSS(見た目のデザインを調整するプログラム)に、毎回適用してくれるのです。

Styler – Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/styler/bogdgcfoocbajfkjjolkmcdcnnellpkb?hl=ja

Stylerを使えば、毎回YouTubeのサムネイルを消す、ということも可能です。興味がある人は、CSSまわりのデザイン技術をしらべるとよいと思います。

Webブラウザセキュリティ Webアプリケーションの安全性を支える仕組みを整理する | 米内貴志

Webセキュリティ
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る