コンバージョンを叩きだすYouTube動画はランディングページとしての価値がある

公開日: : 最終更新日:2018/01/09 ソーシャルメディア , ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


ランディングページ

YouTubeページはSEO的にも見つけられやすいし。

最近は、ブログを書く前、アプリを上げる前、投稿する前、先に動画を作るようにしています。すると、記事を書いてるそばから動画が再生されることも少なくありません。

関連動画で露出しやすいというのもあるでしょうし、感覚的にはSEOでも見つけられやすいように感じています。

そんな動画がコンバージョンをたたき出しています。
 

◆コンバージョンを叩きだすYouTube動画

動画を見たユーザーが、より詳細な情報を知りたくなり、コメント欄のURLをクリックする。これはとても自然な行為です。YouTubeのコメント欄のURLは自動的にリンクになります。

もちろん、nofollowですからリンクジュースをもらえるわけではありませんが、単純に誘導元として効果的な場合もあるわけです。サイテーション効果とも言うんですよね。
 

◆アシストではなく終点コンバージョンを叩きだす

YouTube

アシストコンバージョンの場合は、コンバージョンを生み出した訪問よりも前に来ていて・・・という指標ですが、終点コンバージョンの場合、直球です。ずばりその訪問自身がCVに直接絡んでいます。

見て下さい。YouTubeは終点コンバージョンのほうが、うちのサイトでは多いんですよね。

でも、これってTVショッピングを見た時に「ほしい!すぐ電話」の動きと似てると思いません?動画を見た、欲しい!クリック!とってもわかりやすい。

動画はコンバージョンの源泉としてランディングページやサイテーションを生み出すサテライトとして、もうウチのサイトではホント重要なコンテンツになってますね。
 

◆YouTubeからの流入を正しく計測するためのURLパラメーターの設定例

http://bookbery.jp/aaa.php?utm_source=youtube&utm_medium=social

例えばこんな感じです。これで、ちゃんとソーシャルって認識されて、上図のようにGoogleアナリティクスでソーシャル分析できるようになります。

よしんば上記パラメーターを辞書登録しておく、もしくはYouTubeの動画投稿のデフォルト設定でコメント欄に予めいれておくとベター。動画投稿の仕上げが楽になりますよ。

そういうわけで、大事なことなので、もう1回いいますね。YouTube動画はコンバージョンを生むランディングページとして価値があるぜ!
 

「短めの動画がおすすめ。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑