YouTube、動画ジャーナリストに包括的サポートを提供~日本人は3人選出

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

YouTube、動画ニュース制作者の支援に向けた取り組みを開始

YouTubeが、動画ニュース制作者の支援に向けた取り組みを開始しました。Googleニュースイニシアチブ においてYouTubeジャーナリストへ拡大したという印象です。

>>YouTube Sets Initiatives to Back Video News Creators

YouTube公式の独立ジャーナリストのためのクリエータープログラム

Googleニュース

ADWEEKによりますと、YouTubeが、動画ニュース制作者の支援に向けた取り組みを開始したと報じています。

これは、もともと、Googleニュースで報道機関やジャーナリスト向けにあったプログラムで、そこにYouTubeもインクルードしたように見られます(ヘルプがGoogleニュース配下にある)。

>>クリエイタープログラム-申し込み方法-Googleニュースイニシアチブ
サイトで詳しく見る

すでに選出されている3人の日本人

Googleニュースイニシアチブにおいて、多くの報道機関やジャーナリストが選ばれています。公式サイトに掲載されているのですが、そこに日本人も3名えらばれています。※2021年8月6日時点

構二葵 Fuki Kamaiさん

構二葵 Fuki Kamaiさん

現在、世界中の49のパートナーがYouTubeと緊密に協力しているとのこと。

>>構二葵 Fuki Kamaiさん (@fuki_kamai) / Twitter
Twitterで詳しく見る

社会人大学院生の構さん。元HBC北海道放送で記者とディレクターをされていた経歴をもち、現在もドキュメンタリー制作中だそうです。

たかまつなな/時事YouTuberさん

たかまつなな/時事YouTuberさん

>>たかまつなな/時事YouTuberさん (@nanatakamatsu) / Twitter
Twitterで詳しく見る

時事ユーチューバーであるたかまつさん。すでにYouTubeでも多くの動画を投稿し活躍されています。

村山祐介さん

村山祐介「エクソダス」講談社賞受賞・新潮賞ノミネートさん

>>村山祐介「エクソダス」講談社賞受賞・新潮賞ノミネートさん (@Yusuke_Murayama) / Twitter
Twitterで詳しく見る

元朝日新聞記者でワシントンやドバイに駐在、移民問題などを取材された経歴をもつジャーナリストです。

YouTube、ジャーナリストに包括的なサポート

この1年間のプログラムは、YouTubeでの存在感と視聴者を増やしたいと考えている独立したジャーナリストに包括的なサポートを提供します。

  • 居住国に応じて、20,000ドルから50,000ドルの助成金
  • YouTubeのさまざまなトピックをカバーするトレーニングを受けます。
  • YouTubeスペシャリストから1対1のコーチングとサポート

用意されているトレーニングとしては、ノースウエスタン大学の、メディアジャーナリズム、メディア論、統合マーケティングコミュニケーションなど、多彩なカリキュラムが開発予定だそうです。

目標としては、ジャーナリストがビデオ制作からコンテンツ戦略、および視聴者の構築を目指し、プログラムを完了させることだそうです。

そして、プログラムが終わった後には、そのジャーナリストはYouTubeと協力し、実践やプラクティスがまとめられるとのこと。これは楽しみですね。

背景にパブリック・ジャーナリスト(市民記者)という流れと囲い込み

>>市民ジャーナリズム – Wikipedia
サイトで詳しく見る

世界的にも、パブリック・ジャーナリスト(市民記者)という流れが高まっています。

SNSでさまざまな情報が発信できる現代、マスコミや政治への不信感は、多くの市民の自己防衛としての情報発信とも見なくもありません。

そうしたなか、世界中でパブリック・ジャーナリスト(市民記者)が登場し、日本のYouTubeでもにわかに注目を集め始めてきました。

ジャーナリズムとまではいかずとも、政治にものもうす的な動画で人気を博すユーチューバーも登場するなど、こうした流れはますます強まっていくでしょう。

その流れを、昨今のクリエイターエコノミーの潮流がYouTubeを動かしたとも言えなくもありません。ジャーナリストの分野でクリエイターの囲い込みに、YouTubeが先手をうった形です。

現在、YouTubeだけでなく、Instagram、TikTok、Spotifyなど、多くのプラットフォームが、クリエイターファンド、囲い込みのための独占契約、支援プログラムなどを立ち上げています。

>>Spotify、ポッドキャストクリエイター育成プログラム「Sound Up」開始 – CNET Japan
サイトで詳しく見る

今後も、YouTubeだけでなく、さまざまなプラットフォームで展開されていくことでしょう。

今後、このプログラムから生み出されるジャーナリズムに注目したいと思います。

映画監督が教える また観たい! と思わせる動画の法則 | スティーヴ・ストックマン, 平谷 早苗, 株式会社Bスプラウト

映画監督が教える また観たい! と思わせる動画の法則
Amazonで詳しく見る

Amazonでレビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑