YouTubeの不快な広告をブロックできるのはユーチューバー

公開日: : 最終更新日:2021/04/18 YouTube , , ,

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

YouTube 広告 ブロック

YouTubeチャンネルを運営するとき、リスナーさんに安全に動画を見てもらう、ということはとても重要です。チャンネル運用担当者は、不適切な広告が自分の動画に表示されていないか、定期的にチェックして、不適切広告はブロックしなければいけません。

この記事に500円投げ銭する

本記事の執筆は、ゲーム実況歴4年目のカグア!(@kagua_biz)によるものです。なお、情報は2021年4月14日時点でのものです。ご注意ください。

YouTubeの広告は配信者がブロックできる

YouTubeは、AdSenseというGoogleの広告システムで広告配信されています。その管理画面では、ドメインを指定して、不適切な広告をブロックすることができます。

  1. AdSenseにログイン
  2. ブロックのコントロール
  3. YouTube HOST
  4. ブロックした広告のドメインを入力

このように、表示させたくない広告のドメインを入力すれば、今後その広告はYouTubeでブロックされます。

動画広告をブロックする

上図のように、広告にはかならずドメインが表示されますので、それをブロックすればOKです。もしくは、リスナーさんに「不快な広告のドメインを教えてくださいね」とアナウンスしましょう。

なぜユーチューバーが広告をブロックすべきか

ユーチューバーは、自分のチャンネルのブランド価値を上げたいと思っているはずです。そのとき、自分のチャンネルでは、不快な広告をブロックしてみなさんの安全に配慮してますよ、とアピールできます。

YouTube広告をブロック

上図のように、ユーチューブを見る人の多くは広告を不快に思っています。少なくとも、広告なしで動画が見られるならばそれにこしたことはないと思っている人は多いはずです。

しかし、ユーチューバーとしては広告収益は重要。しかし、目先の収益のためにリスナーさんを不快にし、チャンネルのブランド価値を下げることは、長期的に見てメリットがあるとは言えないでしょう。

>>安っ!アマゾンで半額以下になっている食品タイムセール

セール特設ページを見る

残念ながらYouTube広告の審査は甘い

そして、残念なことに、YouTubeの動画広告の審査はとても甘いです。こうした詐欺まがいの広告がふつうに表示されます。

フォートナイトかいわいでは、V-BUCKSというゲーム内通貨を無料でゲットできるといった、詐欺まがいの広告が頻出しています。上記のように、トップユーチューバーも注意喚起動画を多数だすほどです。

これはGoogleにかぎったことではないですが、広告プラットフォームはどうしても広告審査が甘くなりがちです。そのほうが売上が上がるからです。ですから、構造上これからも減る可能性は低いと思います。

自分の動画のファンを不快な広告から守れるのは、ユーチューバーだけなのです。

 

まとめ

  • YouTube広告はユーチューバーがブロックできる
  • 不快な広告にリスナーさんはさらされているし、何もしなければ続く
  • リスナーさんを守れるのはユーチューバーだけ

ユーチューバーが広告をブロックできることは、もっと認知されてよいと思います。また、リスナーさんもどんどん不快なドメインをユーチューバーに申告していいと思います。

そうしてユーチューブがもっと居心地のよい場所になれば、みんながもっとハッピーになると思います。

・・・と、こんな感じに、ブログを日々更新しています。もし記事がすこしでもお役立ちしましたら、投げ銭していただけますとモチベーションの維持になりますので、ぜひよろしくお願いします。

このブログに100円投げ銭する

「YouTube広告ブロック」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑