Kindleペーパーバック本、買ってみました。本としての体裁は問題なし、選択肢としては十分ありなクォリティです。そして、情報でなく「体験」を販売したい人におすすめです。

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

Kindleペーパーバック出版

Kindle出版にペーパーバックの選択肢がそろいました。さっそく、Kindleでペーパーバック出版されたというかたのブログを見つけましたので、さっそく買ってみました。結論をいうと、電子書籍で情報をつたえるのではなく、読書「体験」を売りたい人に、超絶おすすめでした。

冷たくて乾いた | 笹帽子

冷たくて乾いた
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

ブログ記事は、原稿登録、販売開始、本が到着と、3記事にわたった詳細に書かれていますので、ぜひKindleペーパーバック出版をしたい人は必読です。

>>Kindle Direct Publishing (KDP)がペーパーバックに対応したので早速出版してみた(登録編) | 笹帽子の樹

>>Kindle Direct Publishing (KDP)がペーパーバックに対応したので早速出版してみた(販売開始編) | 笹帽子の樹

>>Kindle Direct Publishing (KDP)がペーパーバックに対応したので早速出版してみた(商品到着編) | 笹帽子の樹

体裁・紙質・つくり、まったく問題なし

まず最初に驚くのが、ほんとうに翌日届くということです。こんな感じによくじつ、しっかりポストに届いていました。

Kindle ペーパーバック 出版

他のPOD出版も注文したことはありますが、翌日というのはさすがAmazonに組み込まれているだけあるな、とうなります。

手にとってみたところ、いい感じ。ふつーに「本」です。

Kindle ペーパーバック 出版

背表紙には、話題のAmazon限定ISBNがしっかり印字されています。

Kindle ペーパーバック 出版

背表紙や製本なども、しっかりとしたつくりで安心感があります。

電子書籍と違い、こうしたいわゆる「レイアウト」も自在です。また本書では横書きページも混在するなど、さまざまなレイアウトが展開し、まさに書籍という満足感が得られます。

Kindle ペーパーバック 出版

作り方の概要はこちらにもレポートしましたが、単純に利益どうこうよりも、こうした自分の本が、翌日には(プライム翌日エリアなら)、読者のもとにリアルの本として、届くという体験がなにより凄いと思いました。

これはやはりAmazonのすごいところですね。

Kindleの電子書籍出版をされているかたにも、おすすめです。利益よりも「体験を届けられる」貴重なツールだと思います。

冷たくて乾いた | 笹帽子

冷たくて乾いた
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑