YouTube歌ってみた動画の収益化を向上させる等BitStarが音楽事業強化へ

twitter URLコピー facebook LINE
B! pocket note 楽天


   

ネクストーンビットスター

大手ユーチューバー事務所のビットスターが、歌ってみた動画など、音楽事業を加速させる事業展開を発表しました。著作権管理団体のNexToneとの連携など、新機軸を打ち出しています。

>>BitStar、音楽事業を強化。オリジナル楽曲制作・著作権管理・「歌ってみた」などのカバー動画の収益化向上を推進。|株式会社BitStar
記事を詳しく見る

NexToneにおいて審査の上、NexToneからも収益

通常の歌ってみた動画は、YouTubeの包括提携の範囲で、アカペラや演奏などで収益化をすることが一般的でした。

今回のBitStarの施策では、まずは作ったカバー動画はNexToneに納品して審査通過後は、NexToneから収益分配されるとのこと。

YouTube Musicでも再生される可能性も増えるとのことで、歌ってみた系ユーチューバーには気になる施策ですね。

音楽事業を強化~音楽事務所を目指す動き

所属クリエイターのオリジナル楽曲(原盤)の制作、配信、育成を積極的に取り組んでいくとのこと。音楽事務所的な立ち位置にもなる、ということですね。

所属クリエイターの楽曲も、制作、リリース、そしてApple Music、Spotifyなどサブスクへの配信なども行うとのこと。実際、YouTube のコンテンツID登録などは面倒ですから、そうした権利処理を代行してくれるのは、助かるユーチューバーは多いと思います。

  • クリエイタープロダクション「BitStar」
  • コンテンツスタジオ「BitStar Studio」
  • インフルエンサーマーケティング「BitStar Ads」

BitStarは、すでに上記の事業を法人化していますので、今後、BitStar Music ができそうな気もしますね。

ライブコマースなどまだまだインフルエンサーマーケティングは成長しそうですから、まだまだ天井が見えそうにないBitStar。

今後も注目です。

ファンベースなひとたち ファンと共に歩んだ企業10の成功ストーリー | 佐藤尚之, 津田匡保, おぐら なおみ/漫画

ファンベースなひとたち ファンと共に歩んだ企業10の成功ストーリー
Amazonで詳しく見る

Amazonで口コミ レビューを見る

楽天で詳しく見る

Yahoo!ショッピングで詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑