Chromeが重い!原因調べてサックサクに軽くした、Firefoxもいいよ

公開日: : 最終更新日:2017/02/11 chrome


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


クロム解決

こんにちは。Chrome拡張を作っちゃうほどクローム大好きなカグア!です。

今日は重たくなったChromeの動作を軽くした、というトラブル解決です。結論としては、Chromeが重くなる原因を調べて、それに対策したら、サックサクに軽くなった、という話です。

Firefoxに変えたら、それはそれで軽くなったのですが、やっぱり使い慣れたChromeちゃんが可愛いので。解決方法をご紹介します。

追記:2017年2月11日 以下でメモリが少ない場合の方法について書かれていました。
>>絶対速くなる?!メモリの少ないPCでChromeを高速化する方法 – スネップ仙人が毒吐くよ

追記:2016年10月17日 DNSキャッシュクリアを追加。

関連情報
>>FTJ152AというAndroidでMTPが認識しないトラブルの解決方法
>>Windows10の音声支援コルタナが答えてくれる質問63本
>>「IMEが無効です」と丸いバツマークで日本語入力できない、の直し方

chromeが重い原因

クローム重い

タブ1つしか開いてなくて、190MBですよ!

Chromeはタブを開くごとにメモリを食います。タブがひとつのアプリケーションっぽくなってるのですね。

Windowsの方は、[shift]+[esc]としてみてください。Chromeが現在実行しているプログラムの使用メモリが表示されます。1タブしか開いていなくて、これだけメモリを食います。

なんでそんなにメモリ食いなの?

メモリを大量に消費することは、Googleのカルチャーだからです・・・とは言い過ぎですが、しかし設計思想としては、当たらずしも遠からずと思っています。

もともとGoogleは、ヤフーや他の検索エンジンが台頭するなか、データベースのほとんどを圧倒的な容量のメモリ内に格納し、激速の検索スピードを私たちに提供してくれました。その高速性に魅せられ、ユーザーはまたたくまに増え、現在に至るほどです。高速化を目指す姿勢はGoogleのDNAといっても過言ではないと思います(SEO対策でもそうですよね)。

快適性を求めるときに、メモリを使うのは自然な選択肢ということです。現状の仕様である以上、メモリがあればさらに激速で動く、それがChromeというブラウザだと思います。

メモリがあれば重くならない

そのとおりです。しかし、私のPCは、Windows7で、なんとメモリが4GBしかありませんでした。ですので、4GBを超えるとどうなるか。ページングファイルといって、ハードディスクをメモリ代わりに使うということで、仮想のメモリを増やすのですね。

つまり、Chromeを立ち上げるたびに、ハードディスクのランプがチカチカして、もう遅くて泣きたいほどでした。Chromeが重い、というのはその利用メモリが足りないと起こるわけです。そりゃメモリよりハードディスクのアクセスのほうがはるかに遅いですからね。

Chrome拡張のせいでは?

よく、Chrome拡張入れ過ぎると重くなるといった記事もありますよね。でも、上図のように、Chrome拡張の利用メモリを調べると、1つのタブの利用メモリと比べれば、まあそんなに大きくないのです。

CPUパワーが低いパソコンだとたしかに、キツイかもしれません。つまり、CPU性能が低くてメモリが4GB程度だと、かなり重くなると言えそうです。

まして、FLASHや動画などCPUパワーを必要とするもののは、かなりカクカクになるはずです。

Chromeの再インストールでも効果はない

Chromeの再インストール、それと、Chromeの開発版であるCanaryも入れてみましたが、重い状態は軽くはなりませんでした。

まあ、原因がメモリ不足なので、そうですよね。

対策1:FireFoxを使う

ファイヤーフォックス

いきなり見もふたもない対策ですが、Chromeがそういう仕様である以上、また、パソコンのメモリやCPUのパワーアップを図れない状況では仕方ないかもしれません。

>>Firefox のダウンロードとインストールの手順 (Mac) | Firefox ヘルプ
>>Firefox のダウンロードとインストールの手順 (Windows) | Firefox ヘルプ

FirefoxはChromeとは異なる設計思想で作られていますので、タブを3つ開いた状態でも、上図のようにメモリ消費量は比較的少ないです。3枚タブを開いた状態でも、TOP画像のChromeのタブ1枚よりもメモリ消費量少ないんですよ。

私もパソコンを変えずに、単純にFirefoxに切り替えましたら、ハードディスクのアクセスが止まりました。超快適でした。

とりあえず、PCを変えられない、という人は試してみてはいかがでしょうか。

対策2:キャッシュをクリアしてみる

キャッシュクリア

Chromeなど最近のブラウザは、履歴など多くのキャッシュファイルを生成します。それらがありますと、やはりハードディスクへのアクセスが増えることになりますので、削除してみます。パスワードなど利便性を損なうものは除外して削除できますので、安心してください。

設定>詳細設定を表示>閲覧履歴データの消去 を選びますとキャッシュをクリアできます。

ただ、メモリが少ないなどの原因の場合、わたしの場合は、改善はされませんでした。まあ当たり前ですね。

「キャッシュを待機しています」の解決方法

Chromeのウィンドウ下の部分にページアクセスのたびに「キャッシュを待機しています」と表示され、遅くなるときがあります。そんなときは、DNSキャッシュをリセットしてみると、早くなることがあります。これもChromeのキャッシュの1つです。

ブラウザのURL部分に以下のように入力し、[ENTER]を押します。

chrome://net-internals/#dns

すると、設定画面がでますので「Clear host cache」をクリックしてキャッシュをクリアしてみましょう。これで改善される方もいるかと思います。

対策3:メモリを増設する

物理メモリ

これが結果としては一番Chromeがサックサクに軽くなりました(上図)。メモリもカーネルメモリ(ハードディスクキャッシュ)が劇的に減りました。ハードディスクのアクセスランプもほとんどつかなくなりました。

Windowsのタスクマネージャーを出します。[CTRL]+[ALT]+[DELETE]で表示できます。「パフォーマンス」タブを見ますと、カーネルメモリとあり、それがディスクを仮想的にメモリとして使っている容量です。これが多ければ多いほど、ハードディスクにアクセスい、カリカリと音を立てることになります。

わたしはこれが多かったのです。物理メモリ4GBでは足りなかったのですね。Chromeをたちあげるといつもハードディスクランプがチカチカして、重くて使い物になりませんでした。

物理メモリを増やす

メモリはパソコンにあったものをご購入ください。私のWindows7では、<デスクトップ用 DDR3 1333MHz Long-DIMM CL9>という規格でした。買うさいはくれぐれもご注意ください。

>>デスクトップ用メモリの一覧
<Amazon>で探す


【Amazon.co.jp限定】シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-4G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】: パソコン・周辺機器

Windowsでメモリ換装をしてみた

まずパソコン本体を開けます。デスクトップPCでタワー型の場合、背面に開けるためのネジがありますので、そこをオープン。
PCを開ける

メモリを用意しておきます。なお、メモリを触る前には、静電気が帯電していないように、どこか鉄のところに触って放電してからにしましょう。
メモリ

パソコン基板にささっているメモリを外し、換装します。凹みに注意して正しい向きにさし、しっかりロックするよう押し込みます。
メモリを換装する

これで完成です。メモリ換装はとくにドライバがいらないので、楽ですよ。換装後はTOP画像のように、物理メモリ(メモリ本体)で使用できる容量が増えた分、そちらでまかなえるようになったため、ディスクキャッシュの仕様メモリが劇的に減りました。そして、予想通り重いChromeがサックサクの軽っ軽になりました。わーい。

なお、パソコンの中を開けるのが怖い、壊れるのが怖い、という方は最寄りのPCショップに持ち込みましょう。メモリ拡張のサービスがあり安心してまかせられるでしょう。

>>お助けメニュー | 修理総合サポート | パソコンの無料診断・スピード修理はPC DEPOT

Chromeを軽くした!~まとめ

Chromeはその仕様上メモリをとても多く必要とするアプリです。

>>『Google Chrome』のRAM消費を抑える方法 | ライフハッカー[日本版]

メモリ消費をおさえることもできます。また、キャッシュをSSDやRAMディスクにするなども効果的です。

>>Google Chrome のキャッシュの場所を移動する

いろいろなChrome拡張やTIPSもありますので、メモリを買う予算がない、という方もいろいろと試されてみると良いかと思います。

>>Google Chromeの使用メモリをサクッと解放する超簡単な方法 | フリーソフト,Windows PC活用情報局
>>快適すぎる!Chromeのメモリを解放してくれるタブ拡張機能5個まとめ

Chromeに限らずメモリ拡張はパソコンのパワーアップの昔からの基本です。PCのパワー不足にお悩みの方は、試してみてはいかがでしょうか。

ご参考になれば幸いです。


仕事で使える!Chromeアプリ徹底活用 シナリオ別厳選アプリ一挙解説 (仕事で使える!シリーズ(NextPublishing)) 電子書籍: 深川 岳志, 佐藤 芳樹: 本

「Firefox何気に軽かった。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
40代で2児の父。ブロガー兼ユーチューバー。ネット業界24年目。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑