*

知っておくと便利なエラー値を調べるEXCEL関数

公開日: : tips


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る


 アクセス解析のデータをExcelで集計するときがあります。
 その際、どうしてもエラーが出てしまうことがあります。
 「#DIV/0!」「#VALUE!」「#N/A」等々。


 エラー表示しないように-ISERROR関数:Excel エクセルの使い方-関数/計算式-論理・情報


 こちらに詳しく書いてありましたので、防備録的に以下まとめ。


 #N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME? 、#NULL!
 #DIV/0!:ゼロで割ろうとした時 例:=A1/B1 ※このB1がゼロのとき
 記述例:=IF(ISERROR(A1/B1)=TRUE,”",A1/B1)


 #N/A以外のエラー
 記述例:=IF(ISERR(A1)=TRUE,”",B1)


 ちなみにこの#N/A、ノーアサインと読み、
 参照先のセルに値がないと困る関数VLOOKUPなどでよく見られるとか。

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑