APIで取り出した時刻情報は86400で割るとイイ

公開日: : 最終更新日:2015/03/09 API


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


RSS購読のURLが変わりました。
新しいFEED購読方法を見る

Google Analyticsの DATA Export Groupで時刻の表示形式についてやりとりがされていました。

>>Help me – GA Data Export API|Google Groups

metricsの “ga:timeOnSite”などの表示形式が合わない、とのこと。そこで、提案されているのが、エクセルでの集計。Excelで時刻表示を正しくする計算式が紹介されています。

>> Convert Seconds to HH:MM:SS ??? – MrExcel Message Board

この投稿では、86400で割るとイイよ、と書いてあります。1日の秒数なのですが、それで割った後”hh:mm:ss.”というフォーマットにすると良いと。

以前、当ブログでも紹介した、時間表示を見やすくするためのExcelの関数式を紹介していました。どの国でもExcel活用は重要なのですね。

=TEXT(K2/24/3600,”[h]:mm:ss”)

「時間の処理は基本。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile


Yoshihiko Yoshida
ブロガー兼ユーチューバー。個人事業主でネット業界のお仕事24年目です。40代で2児の父。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑