*

宝幢寺(志木市)の梅が見頃でメジロがかわいい画像23枚

公開日: : 志木という街 , ,


LINE facebook twitter g+
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】在庫一掃セール開催中!
メンズ・レディースを見る

宝幢寺の梅
埼玉県志木市の宝幢寺の梅が見頃になってきました。メジロがたくさん花の蜜を吸いに来ていましたので、デジカメを持って撮影してきました。

こんにちは、デジカメ大好きカグア!です。

これから梅まつりや、枝垂れ桜など見頃のシーズンになります。徳川家光も立ち寄ったという宝幢寺に、お近くの方はぜひいらしてみてはいかがでしょうか。

関連記事
>>志木市の観光:旧村山快哉堂の内部の360度パノラマ画像
>>樹齢400年のチョウショウインハタザクラを志木で娘と見た
>>ジオパーク秩父ようばけ等1日コースを車で廻った&駐車場

宝幢寺(ほうどうじ)とは

宝幢寺

埼玉県・志木市にある宝幢寺

埼玉県南部の志木市にありますお寺です。建立された年代は不明らしいのですが、1300年代には創建されていたとも伝えられています。その後、三代将軍家光から寺領10石の御朱印状を拝領されたとのことで、志木の観光名所にもなっています。

寶幢寺と書く書き方もありますが、多くは宝幢寺で表記されています。
>>宝幢寺の地蔵さんとカッパの話 – 志木市ホームページ

その見ごたえのある佇まいは多くの写真ファンを魅了しています。志木の民間のフォトクラブで顧問を務める写真家の近藤修一郎先生のフォトアルバムに素敵な風景がつづられています。必見です。
>>宝幢寺フォトアルバム

宝幢寺ふれあい梅まつりを今年も開催

2017年は、2月26日に宝幢寺ふれあい梅まつりが行われます。時間は、10~16時。

  • 落語会(桂文ぶんさん(落語)、三遊亭美るくさん(落語)、きんじさん(腹話術))
    ※整理券は当日長屋門にて10時半より配布、先着100名(1組2名まで)
  • 梅酒法楽(文殊堂)
  • 写経(本堂)
  • 襖絵観覧(客殿)
  • 模擬店(境内)※お団子・豚汁・野菜販売・物品販売

ちらしはこちらで確認できます。詳細な時間を確認しておきましょう。
>>宝幢寺 ふれあい梅まつり | まいぷれ[朝霞・志木・新座・和光]

志木市の宝幢寺への交通アクセス

宝幢寺 志木

東上線志木駅東口からタクシーでワンメーターです。また、路線バスですと、国際興業バス柳瀬川駅行きに乗って「法務局志木出張所」で下車し徒歩5~6分です。法務局の向かいの道を奥に入っていきますとあります。
>>Googleマップ(宝幢寺)

行きはタクシーで行って帰りは駅まで歩く、もしくは市場坂上バス停近くの、村山快哉堂や富士下橋などの観光名所を散策しても良いと思います。川辺にも水鳥がたくさんいます。

なお、駐車場はありますが、東雲閣などお墓参りの方向けのものですので、観光でこられる方はバスか徒歩をおすすめします。

宝幢寺の桜や梅などの見どころ

しだれ桜は一見の価値あり

こちらは池田さんという方がGoogleマップに投稿した360度パノラマ画像。ライトアップされたしだれ桜が見事です。

2017年は2月2週には梅が見頃になっていました。
宝幢寺の梅

小鳥たちも梅の匂いに誘われてやってきています。
宝幢寺の梅

歴史のある境内とともに、なんとも絵になる庭園です。
宝幢寺の梅

しだれ桜の頃にはまた多くの花を咲かせ、わたしたちを魅了してくれるはずです。
宝幢寺の梅、しだれ桜、ヒマラヤスギ

メジロやキビタキがかわいい

梅が見頃になりますと、どこからともなくメジロが訪れます。梅の蜜を美味しそうに食べてます。
宝幢寺のメジロ

しかも、それも何羽もやってきて、小鳥好きな人はキュンキュンくること間違い無しです。さえずりにも癒やされます。
宝幢寺のメジロ

ヒヨドリは蕾の頃からやってきてます。
宝幢寺のヒヨドリ

キビタキらしき小鳥も春を謳歌しにやってきています。お地蔵様のうえで一休み。
宝幢寺のキビタキ

大きなインコも見つけました。何羽か来てました。
宝幢寺のワカケホンセイインコ

やさしいお寺の住民。おだやかでゆるやかな時間が流れています。
宝幢寺の猫

すみません、お邪魔します。うむ、よきにはからえ。
宝幢寺の猫

志木の宝幢寺では、ゆるやかで温かい時間が流れています。

癒やしの大木はパワースポット

宝幢寺のイチョウ、ヒマラヤスギ、ケヤキ

志木市では大木を保存樹木として登録しています。なかでも宝幢寺のヒマラヤスギやイチョウはダントツに幹が太く樹齢も長い名木です。パワースポットとしても訪れる人もいるほど。
>>緑地保全 – 志木市ホームページ

けやきとヒマラヤスギとイチョウがとにかく太く大きいです!パワースポットのオーラを出しまくりです。
宝幢寺の保存樹木

イチョウは鐘のわきにありますが、とにかく大きい。そして、根になるべく枝から下に向かって生える「乳」が見事です。ここまで見事な乳は鎌倉の八幡宮など、あまり見ないのではないでしょうか。
宝幢寺のイチョウの乳

こうして空中からも根を増やして長生きするのですね。生命力の神秘を感じずにはいられません。
宝幢寺のイチョウ

ヒマラヤスギとイチョウは本当に見事です。ヒマラヤスギの葉っぱをよぎる風切音がとても涼やかなのが大好きです。

梅や桜のシーズン以外にも、ぜひ大木のパワーを受けに来てみてください。古代のロマンを感じられて、日々の小さな悩みなんて吹っ飛んじゃいますよ。

昔ながらのパン屋さんで舌鼓

宝幢寺から法務局のほうへ進んでいきますと、地元の商店が散在しています。なかでも、長楽製パン店さんは、昔ながらの製法でシンプルで味わいのあるパンを売られています。
長楽製パン店

値段も昔ながらの安心価格。まさに町のパン屋さんといった感じ。
長楽製パン店

チーズバーガーを買いました。ごろんと入ったしっかりした味のハンバーグとチーズとレタスがはいって、これで150円です。素晴らしい。
長楽製パン店

小腹を満たしつつ、志木の町並みを散策してみてはいかがでしょうか。

>>長楽製パン店 – 志木/パン・サンドイッチ(その他)[食べログ]

関連情報リンク

志木以外にもある宝幢寺

埼玉県以外にも、京都、山形、七尾、加須、生駒、幕張、福岡にもあるそうです。

京都府京都市。
>>宝幢寺,Hodo-ji Temple,Kyotofukoh

奈良県生駒市。
>>宝幢寺〔ほうどうじ〕

福岡県飯塚市。
>>宝幢寺[浄土宗][福岡県飯塚市相田438]-お寺めぐりの友

山形県山形市。
>>山形市観光協会

千葉県の幕張。
>>宝幢寺|千葉市花見川区幕張町にある真言宗豊山派寺院

石川県七尾市。
>>宝幢寺

埼玉県加須市。
>>加須市 – 宝幢寺遊園地

宝幢寺や自然について

直径を測るのですね。
>>谷保の城山ふれあいボランティア 調査

志木の宝幢寺はお寺ですので、いわゆるセレモニーなども行われています。
>>宝幢寺/東雲閣

看板や歴史なども掲載されている細かな探訪日記です。
>>寶幢寺(宝幢寺 ほうどうじ) @埼玉県志木市 – ゆる~い日記

しだれ桜の画像検索。見事です。
>>宝幢寺 しだれ桜 – Google 検索

ゆく年くる年も名物。
>>ゆく年くる年 志木市の宝幢寺 | すまいるエフエム 周波数FM76.7MHz

整理券ゲットで鐘をつくこともできるそう。
>>除夜の鐘を突きました – 志木市、宝幢寺の写真 – トリップアドバイザー

梅まつりのときには貴重な本堂内を公開してくれます。
>>平成28年 宝幢寺ふれあい梅まつり参加記~ ( 宗教 ) – オリオンイエローのブログ – Yahoo!ブログ

細かく動き回るメジロは、連射とC-AFで撮影が吉。
>>寒桜とメジロ| ウーマンエキサイト みんなの投稿

インコが増殖中とのこと。
>>★捕獲禁止!野生化したインコが都内で繁殖中~ – NAVER まとめ

大河ドラマ「利家とまつ」、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」などにも出演されていた志木市出身の女優さん。ふれあい梅まつりにも来られたこともあるそうです。
>>小野まりえ – Wikipedia

まとめ

メジロがこんなにもたくさん間近で見られるとは思っていませんでした。週末には今度は子どもたちを連れて来ようと思います。

メジロの眼―行動・生態・進化のしくみ | 橘川 次郎

メジロの眼―行動・生態・進化のしくみ | 橘川 次郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで詳しく見る

次女は鳥が大好きなので、きっとキュン死にすること間違い無しですw。自然と歴史のエネルギーを人間も感じられるお寺だと思いました。

おすすめですよ。

「メジロ。」

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
フリーのマーケター。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。アクセス解析を中心としたコンサルティングや設定、メディア運営に従事。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑