*

Google Analytics は4つのチームで共有しよう

公開日: : 最終更新日:2009/06/22 コラム


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket Evernote 楽天


家電&カメラ タイムセール/バーゲン会場/クーポン配布はこちら。
Amazonでクーポンをもらう

【Amazonファッション】メンズ80%オフ商品を見る!
セール商品を見る

タグまだったんかい!Google Analytics の漫画です


 Google Analytics は、高機能がゆえにとっつき辛い印象があります。
 「とりあえずGoogle Analytics 入れているけれど、見てるのはPVとキーワードくらい」
 という方も、多いようです。


 ただ、新規セッションを増やすための施策と、
 リピーターを定着させるための施策って違うはずですよね。
 そういう点で、いろいろな部署の人が見て、それぞれの視点で考え運営していく、
 そんなサイト運営ってありかと。


 今回は、部署ごとに使い道を考えました。以下、提案です。


 ・マーケティング部
 キーワードなどを見て、新商品やサービスなどニーズを吟味し、開発に役立てよう


 ・営業部
 施策が適切だったかどうかの吟味などを行い、サイト運営に役立てよう。
 また、営業エリア内にリーチしているか、など営業戦略に活用しよう。


 ・経営戦略部
 Google Analytics を徹底的に分析し、成功パターンを見つけノウハウ化しよう。


 ・ネット事業部
 Google Analytics を活用し、サイトの弱点を見つける。業務改善にも役立てよう。


 Google Analytics はホント高機能なので、それぞれ専門の人が吟味して
 サイト運営の施策を考えたほうが、いいと思うんですよね。


 そういう点では、Google Analytics はアクセス解析ツールというか、サイト運営業務の改善ツールだとも。
 数週間後に迫ったバージョンアップでは、更なる解析が可能になります。
 ぜひともみんなで活用したいですね。


◆正確な滞在時間を計るため、
宜しければこちらをクリックして下さい。→→→読んだよ!


 【サイト内関連記事】
 アドバンス セグメントの使い方~特定ドメインで絞込む
 ブログの多くはホットエントリーを活用できていない
 ブログ開設1ヶ月をログ解析とPDCAサイクルで振り返る
 Excelで時間帯別セッション数を集計しブログの更新時間を検討する

関連するほかの記事を見てみよう!
このサイトのトップページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Profile



Yoshihiko Yoshida
メディア運営業界23年目。Googleアナリティクス公式コミュニティ・アンサリスト最高ランク「レジェンド」国内初獲得。「マツコの知らない世界」Googleマップ案内人TV出演。Googleストリートビュー認定フォトグラファー。教育システム情報学会会員。元立教大学非常勤講師。主な著書「Googleアナリティクス基礎講座」(技術評論社)。趣味はデジカメとゲームとパン作り。>>もっと読む

Instagram

◆代表者略歴 ◆受賞歴
◆おもな著書 ◆TV出演歴
◆新聞掲載歴 ◆雑誌/連載歴
 <<お問い合わせはこちら>>

Facebook

このブログをRSS購読しよう!(無料)

follow us in feedly

よろしければ「いいね」して下さい!

 
PAGE TOP ↑