【GWT】ウェブマスターツール登録の準備と流れ

公開日: : 最終更新日:2013/05/18 アクセスアップ ,


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


ウェブマスターツールの使い方(2)2012年夏

ウェブマスターツール登録の準備と流れ

ウェブマスターツールとGoogleアナリティクスのサイト確認

ウェブマスターツールを導入する前には、Googleアナリティクス(非同期トラッキングコード)を導入されることをオススメします。

ウェブマスターツールを使うためには、あなたがサイトの管理者であることを、Googleに対して証明できなければなりません。

例えば、FTPでアップロード出来たり、そのサイトのWebページを更新できたり、などを具体的に証明できればOKです。その上で、ウェブ担当者であるその人に、Googleは様々な情報を提示してくれるのです。

確認方法にはいくつかありますが、オススメなのがGoogleアナリティクスの設置です。
ウェブマスターツールでサイト認証にGoogleアナリティクスを使う

Googleアナリティクスとは、Googleが提供している高機能アクセス解析サービスです。それをサイトの全ページに組み込むことで、日々のアクセス状況が把握出来るようになります。まさにこちらも必須のツールですよね。

そして、そのGoogleアナリティクスで使われるアクセス計測のために、全ページに貼り付ける特殊なプログラムが、非同期トラッキングコードと呼ばれ、そのコードが、実装しようとしているGoogleアカウントと同じであれば、ウェブマスターツールは「確かにあなたが設置者ですね」と認証してくれることになります。

ウェブマスターツール導入の前に、ぜひGoogleアナリティクス(非同期コード)を実装しておきましょう。

前へ戻る<<< >>>次へ進む

 

「Googleアナリティクスも必須だね。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑