Excelでアンケート、複数選択の回答を集計する関数

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 tips


LINE facebook twitter URLコピー
B! pocket note 楽天


excel 関数

Excelで、複数回答の集計をするときに、私が使っている関数です。

状況:1つのセルに複数回答の回答がスペース区切りで入っている

例えばこんな感じです。
excel 関数 IF ISERROR FIND

複数回答のアンケートの集計というのは、誰が何個選択肢を選ぶかがわからない分けですから、セルに「A」「B」「C」・・・などとは入れられないですよね。

上図のように、選択肢を予め項目名として、作っておきチェックしたら「1」と集計するのがコツです。Excelの関数を組み立てるときは、以下のような考え方。

セルに選択肢が見つからなければ何もしない、そうでなければ「1」を入れる

=IF(ISERROR(FIND(回答セル,選択肢))=TRUE,"",1)

※もちろん、見つかれば「1」を入れる、といったように逆でもいいです。

if(条件式,処理1,処理2)
条件式が正しければ処理1を行い、そうでなければ処理2を行う。

find(検索語,対象セル)
対象セルに検索語が見つかれば文字位置(数値)を返す。

ISERROR(式)
計算結果がエラー(#N/A、#VALUE!など)になったらTRUEを返す。

ちなみに、Excelで何も値を入れない処理はダブルクォーテーションを2つ、です。

ISERRORはエラー全般で回避技として使えるので何かと便利。いい仕事します


Excelを使ったアンケートの調査・集計・分析がわかる本―2013/2010/2007対応: 早坂 清志: 本

「EXCEL、ほんと便利。」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑